2008年12月30日

大納会

★激動の2008年の相場も、今日でついに終わりました。大納会まで、餅つきぺったん、餅代相場でした。。とりあえず、年明けご祝儀分はげ落ちるのは例年のことですが、その後の動きに注目ですね。年末はあらゆる事で非常に多忙です。このブログも、半分は自分の投資活動の備忘録的意味合いがありますし、きちんと整理したいのですが、如何せん、時間がない。。
そのうちにやりたいと思います。

★激動の2008年の高値は、大発会の日の、15,156円でした。そうか、今年も年明けから下げ続けたのですね。来年はそうならないよう祈ります。さて、安値は、まだ記憶も生々しい10月28日の6,994円。下落率42%は、戦後最悪だと新聞に載っていました。個人的にきつかったのは、安値をつけるより、ちょっと前、10月10日、8,115円をつけた時でした。9月26日の12,026円から、11日間、株価はつるべ落としを続けたのです。この時は、さすがに悲観的となってしまい、一時は、このブログをやめようか、株もやめようか、と思いました。が、その後は、いいのか、悪いのか、なんというか、下落慣れしてしまいました。肝が据わった、というか。。もうどうにでもなれ、という心境です。そして、株価はとりあえず、底を打ちました。

★過激に信用買いをしていれば、強制退場になっていたところです。株の信用買いは、レバレッジ3倍と、FXや先物に比べると低いですが、それでも十分危険であることを、あらためて認識しました。

★来年は予断を許しませんが、個人的には結構、楽観視しています。節分天井、彼岸底、といいますが、もし、年明け下げ続けることがなければ、例年ですと、節分あたりに向けて、ゆるやかに上昇します。この場合の天井がどのあたりになるのか、が気になります。3月の悲惨な決算に向けて、一度は下げる時がくると思うので、十分のりしろを作った上で、下げて欲しいです。

★まずは、年明け、願わくば、売り気配でないことを祈ります。初詣で、そのあたりも、お願いしてきます。今年は、福岡のすぐれたパワースポットのひとつと言われている、密かに有名で霊験あらたかな神社に行く予定です。それでは。。
posted by est at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

株価がもぞもぞ

★週末、ざっとチャートをチェックしていましたが、チャートが、なんかピクピク、もぞもぞしている銘柄が多いような気がします。年明けドスン、かと思っていたのですが。。。

★持ち株では、じりじり型が、JALUX、石光商事、ひらまつ、ソフト99、パー24、東急コミュニティ、

★ぴくぴく型が、ローランドDG,ココカラファイン、アルファCo、アグレックス、セントラルスポーツ、オーナンバ、

★えっと、めんどくさい。数が多いので、ここまで。うごめいている銘柄が多いです。えっ、薄商いで、売りがないところに年金が買っているだけで、要するに、年末に向けてのお化粧買いで、年明け、ドスンでしょうって?うーん、多分そう、と思ってはいるのですが、チャートのうごめきが続けば、おもしろいのかも知れません。とりあえず、年内は、明日、明後日まで、相場はあるんですよね。気持ちよく、正月休みに入りたいです。願わくば、1月5日、売り気配で始まらないことを祈って。。。

★2009年、野村證券が、日経平均5000円台の可能性あり、との説を唱えているそうな。ほう、そうきますか。。。皆のコンセンサスにとにかく従わないのが相場。。皆が悪い、悪いと言う方が良かったりして。。。どうなることやら。

★来年は、初詣に行くことにします。きっと、思うほど悪い年にはならないでしょう。それでは、今年最後の週、頑張りましょう。
posted by est at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

配当金の受け取りについて

★もうまもなく、すべての株券が電子化されますが、それに伴って、配当金の受け取り方法が選択出来るようになるそうで。。

★証券会社に簡単な手続きをするだけで、配当金を、証券会社の口座に振り込めたり、あるいは、すべての銘柄の配当金を、ある特定の銀行口座に振り込めたりすることが出来るそうです。あー、今までこつこつと振り込み口座を登録してきた労力は、いったい何だったんだろう。。。

★私は、証券会社の口座に振り込めるようにするつもりです。複利運用がやりやすくなりますもんね。あー、なんか、とっても悔しい気分。。。

★年末じりじり上げ相場が続いていますが、年明けどすんが怖い気もします。たまたまかも知れませんが、年明け相場で喜んだ記憶がないもので。。

★ここ数年で仕込んで、インカムゲインを得ながら、将来の上げ相場で売り払う、という基本的なスタンスはかわりません。しかし、少々キャピタル狙いに手を出した以上、ヘッジ売りについても考えた方が良いのかなあ、とか、今いろいろ考えています。

★株の失敗の典型例は、最初はおそるおそる、慎重に売買するが、次第に大胆となり、手を広げて信用枠を使いはじめ、熱狂して一杯一杯になったところで、暴落してお終い、というパターンだ、と聞きます。ごちゃごちゃ手を出さない方が無難なんでしょうけどね。。ここは慎重に考えないと。。。
posted by est at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

9030 アートコーポレーション

art.jpg

基本データ
2008年8月26日、1,162円で100株購入
2009年8月27日、1,610円で100株売却
BPS
1,530円 (2008.3)
1,510円 (2008.9)
EPS
63円35銭 (2008.9)
146円27銭 (2009.9予想)
決算
9月
配当金
4,500円 (9月)
株主優待(長期保有優遇)
選ぶうまいもの便 カタログギフト券3,500円コース
1年以上保有で5,500円コース
利回り
6.88%
インカムゲイン
8,000円
キャピタルゲイン
44,800円
総合収支
+52,800円

コメント
★未記載分を記載しました。2011年2月、MBO発表。1,800円だったようです。(2012.1.9)

★配当金4,500円をいただきました。株価はもみ合いに入っていますが、昨今の経済事情から考慮すれば、まずまず妥当な水準でしょうか?長期的にはまだ割安と思いますが。原油が下がって、運送業界は追い風だと思いますが、景気低迷で、需要は減るかも知れず、痛し痒しです。(2008.12.27, 1,319円)

★今期期末決算の発表です。配当は今期4,500円。満額回答です。良かった。来期も同額の予定。有利子負債は多いとはいえ、これだけの配当、優待を実施する企業が、この株価で、10月末には一時550円まで売られてしまうって、やっぱり、今の環境は変、だと思います。(2008.11.14, 853円)

★株主優待が送ってきました。グループ子会社が展開するカタログギフトです。ちゃっかり、有料別メニューの宣伝も同封されていました。保有して1年未満なので、3,500円の選ぶうまいもの便"旨"です。ベークドチーズケーキ、リンゴ、ミカン、メロン、スイーツ各種、から、うどん、そば、パスタ、お肉まで豊富に選べて大満足です。今後の優待が継続されることを切に願います。(2008.11.13, 890円)

★引っ越し専業首位の会社です。有利子負債が多いのが懸念材料で、このあたりを株価は織り込んでいるのでしょうか?大株主を上位4位まで、創業家が占めています。空売りが結構入っています。配当、優待とも大盤振る舞い、まあ、配当性向が著しく高いわけではありませんけど。なんとなく怪しい香りもしますが、乗ってみました。(2008.8.31, 1,173円)

日本最大の引越見積りネットワーク
posted by est at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 上場廃止 | 更新情報をチェックする

パシフィックのストップ高

★リーマンショック後、連続ストップ安を続けていたパシフィックホールディングスが、今度は、ストップ高を続けています。本日の日経の報道では、中国企業が正式に資本参加することが決まったようです。ここは比較的規模の大きい不動産ファンドで、リート二つのスポンサーでもあり、その帰趨が注目されていました。

★470億円を調達しますが、優先株が普通株に転換されると、中国企業がパシフィックの議決権の9割超を握ります。実質的には、パシフィックは中国企業に支配されることになりました。

★アメリカ発の金融危機が世界を席巻していますが、その解決の為の最大のポイントは、”いつアメリカの不動産価格が下げ止まるか”だと言われています。不動産市場は、極めて額が大きいですから、それが下げ続けることは、それだけ多額の冨が消えていっているのと同じ事です。下げ止まりの兆候が見られ初め、反転上昇に転ずれば、やがて株価も本格反転していくと思います。

★これは日本にも言えることです。ただ、日本は今後人口が減り、不動産の需要も減っていくことになる。。。このあたりをどう考えるか、ですが、多分都会に人間が集中し、都市の不動産価格は、比較的保たれる一方、地方は廃れる一方になるのでしょう。今後、地方の中核都市以外では、不動産価格は惨いことになると思いますが、人口減だから移民を受け入れるなどしない限り、仕方ないと思います。安くなった地方の土地は、広大な農地として、農作物の大規模生産に踏み切れば、地方の衰退もある程度食い止められ、食料の自給率は改善するのではないか、と勝手に考えています。

★一方、価格の変動はある程度仕方ないにしろ、都市の不動産価格を保たなければ、日本の国富は失われる一方になります。日本国内に支える余裕がなければ、今回のように他国からの資本を受け入れるべきでしょう。あ、これまでも、欧米の資本も決行はいっていたけど、今回の危機でさっさと逃げ出してしまったのでしたね。。それでかわりに中国か。。やはり今後はアジアの時代なのでしょうか。

★ちなみに、福岡でのアパート経営は極めて厳しい、と書きました。実際その通りなのですが、福岡は将来有望な都市ですよ。それに目をつけた建築業社が狂ったようにマンション、アパートを立てすぎたのです。同じような1K物件の供給過剰なのですね。福岡都心部で、例えば戸建て立てたい、商売をしたいけど、土地がない、と言う話しは結構聞きます。都心部に土地を手に入れ、型どおりではない、ニーズのある活用をすると良いのではないか、と思っています。私のような、個人の素人には、荷が重そうですけど。。
posted by est at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

7296 エフシーシー

基本データ
2008年12月12日、750円で100株購入
2009年01月26日、787円で100株売却
BPS
1,434円 (2008.9)
EPS
138円68銭 (2009.3予想)
決算
3月
配当金
3,200円 (3月、9月折半)
株主優待
2,500円相当地元特産品 3月新茶、9月みかん (3月、9月)
利回り
10.93%
インカムゲイン
0円
キャピタルゲイン
3,700円
総合収支
3,700円



株価一覧表示のブログパーツ

コメント
★1月26日に、売却してしまいました。もっと持っておけばよかったかなあ。。(2009.3.17, 1,026円)

★優待品が、新茶とみかん、という、ユニークな会社です。クラッチ専業で、二輪は世界一、そう、自動車関連企業で、筆頭株主はホンダです。今後、業績は厳しいでしょうし、株価の値下がりもあるでしょうが、利回り的にはもう十分、と思い、購入しました。有利子負債も少ないし、不動産関連企業のように、減配、優待中止の嵐にはならない、と踏んだのですが、さて、どうなるでしょう?(2008.12.26, 740円)
posted by est at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 既売却株7000 | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

多忙につきバテバテ

★忘年会だ、クリスマス会だ、とバテバテ。体力も落ち気味。そして、勤務業は多忙です。へとへとですが、世の中の厳しさを見れば、まだ恵まれていると思わざるを得ません。

★トヨタが、なんと赤字転落。その発表を受けての今日の相場でした。トヨタは輸出立国にっぽんの象徴的銘柄。だからこそ、先日、ここで、拙い分析をしてみたのです。赤字転落については、すでにある程度織り込まれていたようです。今後焦点は、12月8日安値2,585円を守れるかどうか。今日の相場は、年末だからか、買いの手が一斉に引いてしまって、ど閑散相場でした。明日以降、そして、本格的には、年が明けて、機関投資家などが戻ってきてからの値動きに注意を払うべきでしょう。トヨタは700万台でも利益がでる体質に転換する、と言っています。このあたりを、織り込めば、下げ止まれるか??一方、安値を割り込むと、厳しいか!

★私的には、むしろ、自動車関連優待銘柄の方に目が行きます。先日購入した、エフシーシーや日本プラストは、既に含み損。しかし、まだまだ美味しそうな関連銘柄がたくさんあります。3月に向けて、ゆっくりねらっていきたいと思います。

posted by est at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2008年のアパート経営

★1号物件は、2008年、14室中、3室空き(内1戸は1月12日入居決定済み)で新年を迎えました。順調に入居が決まり、3月1日に満室。以後、幸いにも退去がなく、満室のまま年が越せそうです。3号物件は、2007年6月に入居された方が、そのまま入居中です。



★2号物件は、2008年、10室中、2室空きの状態で、新年を迎えました。今年は出入りが多く、試練の年でした。5室退去があり、7室、新規入居の方をお迎えしました。入居に向けての、様々な工夫と試みが、随分と経験になりました。特に室内リフォームについてのノウハウが溜まりました。また、管理会社を変更しましたが、これが、今年最大のヒット!!だったと思っています。2号物件は、旧来の入居者が概ね入れ替わり、随分と入居者の質が上がったように思います。こちらも、満室で年を越せます。ありがたいことです。



★しかし、1号物件のある市の、アパート経営は、前にも書きましたが、厳しさを増しています。現在の賃貸状況、すなわち、家賃のスパイラル的低下と、空室率のすさまじい上昇の中では、好立地の物件を低価格で手に入れるか、それこそ現金買いをしないと、多額の借金を背負ってするには危険すぎる、と思います。



★築古木造1Kは、もはや家賃3万円では”高い”です。2万円台がスタンダード、家賃1万円台のアパートも増えてきています。物件供給が多すぎ、もはやビジネスモデルが崩壊しているのです。にもかかわらず、多くの業者が、新築利回り7%台の物件を乱立し続けています。そして、これらをフルローンに近い状態で購入する人々がいるのです。しかも新築プレミアム、今後はもはやあり得ない家賃計算で。。。ああ、なんてことだ、5年後、10年後にどういう状況に追い込まれるか、わかっているのだろうか、などと考えますが、これらもすべて、最終的には自己責任です。



★ただ、この2年超の期間で、ある程度の物件力があれば、満室か、満室に近い状態で稼働させるノウハウは、手に入れられた、と思っています。もちろん、ただではなく、資金を投入するので、あんまり儲からない。でも、空室が続き、次第に真綿で首を絞められるように資金繰りが厳しくなっていく状態とは、雲泥の違いです。



★おそらく、このような現状が、今後全国に広がっていくでしょう。残念ながら、賃貸アパート経営が美味しい時代は終わっています。よっぽど好立地か、格安か、で勝算がたつの場合のみ、購入を考えたいです。概ねどの程度で購入すれば採算が合うか、は、わかりますので。。。



★5年後、10年後、やっぱり美味しいのは、株、だと思います。今は、株、に、経営資源を集中します。売り時を間違えないようにしないといけないですけどね。
posted by est at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アパート経営 | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

織り込み済み?

★今日は日銀が金利を0.3%から0.1%に下げることを発表、CPを買い受けたり、国債購入の増額を発表したりしましたが、株価の反応は限定的でした。指数より個別株の下落が大きく、資金の流入がストップした印象でした。現在夜中の0時過ぎですが、GMとクライスラーに救済のための公的資金の決定されました。今のところ、ニューヨークダウは84ドル高と、ヤキモキさせた反応としては限定的です。所謂織り込み済み、なのでしょうか?
ダウの方は最後まで見てみないとまだなんとも言えませんが。。

★週末で、これらの材料を消化し、週明けの日経がどう動くのか、正直わかりません。チャートが煮詰まっていますので、上か、下か、大きく動きそうな気もするのですが。。。もう今年もあとわずかです。年末は皆高く終わりたいでしょうから、数日頑張って、大発会以降、ズトン、だったりして。。良くあるパターン。

★ま、考えても仕方ありません。長期投資をして、インカムゲインを得ることを目的としている以上、安い所をこつこつと仕込んでいく、これに尽きます。そして、いつの日か、今の株価の数倍になる銘柄が続出した時、つまり、売却することで、数十年分のインカムゲインを一度に得ることが出来る時に、スパッと全株売却し、株式投資から引退する。。。これが目標です。

★言うはやすく、行うはかたし。。。全株売ったあと、どんどん株価が上昇したら平静でいられるのか、まだ上がる、まだ上がる、とずるずる持ち続けるのではないか、、でも、決断する時は、しよう、と思っています。それまでまだまだ何年も時間がかかると思いますが、のんびりと株集めをやっていきたいと思います。1月はまた幾つか購入したいと思っています。
posted by est at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

明日日銀はどう動く?

★年末はいろいろと多忙です。ふう。

★そういえば、というか、明日、今年最後の、日本の政策金利が決まります。それで株価が煮詰まっていたのか。。金利引き下げ以外にも、量的緩和に関する日銀介入の政策が発表されるかもしれず、内容次第では、為替はもちろん、株価も大きく動き出す可能性があります。市場に好感されれば上、失望されれば下、でしょう。以前速見総裁が再度0金利に戻した時は、暴騰しましたが、さて。。

★金融相場絡み、ということは、メガバンクかな?今日はピクリときていましたけど。。

★年末で何かと忙しい時期、体調に気をつけて頑張りましょう。。
posted by est at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

日米の政策金利の逆転

★まず、相場について。ついに上離れか、という期待もむなしく、日経平均は、朝高からムギューッと頭を押さえつけられて、後場には陰転。持ち株も結構売られましたが、14時30分頃から、今度はブワァーっと持ち上げられて大引けでは5日線を回復しました。

★結局頭を抑えられ、お尻を持ち上げられてのブチャムクレ相場。トレンド発生ならず、でした。残念です。強弱感が対立しているんでしょうね。ニュースを見ると、大手自動車メーカーや電機メーカーの業績下方修正、派遣切りといった悲観的な話題が多い。円高は更に進展、88円前半をつけました。アメリカの財政赤字はみるみる膨らみますから、いつ、怒濤のドル安になってもおかしくない。これは輸出産業には決定的に効いてきます。確かに、これから輸出産業を中心に、景気は更に悪くなっていくのでしょう。

★一方、多くの企業が解散価値を割り込む株価をつけている。明らかに売られすぎ。スイスが先鞭をつけ、そして、あのアメリカでさえ実質0金利。今後追随する国も出てくるでしょう。市中にお金じゃぶじゃぶ。有利な投資先を探しまくっても、巨額の資金を引きうけることが出来るのは、やはり、各国の不動産と株式しかない、と思うのです。金融相場の下地は醸成されていきます。

★今は、企業の急速な収益の悪化という負の要因と、各国の巨額の財政出動と、それによる景気の回復、そしてあらたなバブルの発生という正の要因とが綱引きをやっているのではないでしょうか?今日の状況をみると、まだまだ底練りというか、綱引きが続きそうですが、見方を変えれば、まだまだ仕込むチャンスが続いている、のかも知れません。

★ところで政策金利の逆転、ということは、FXでのドル買い、すなわち、円ドルスワップ金利投資が成り立たなくなる、ということでしょうか?一つの時代が終わったのでしょうか?
posted by est at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

日経平均25日線復帰

★これでもか、あと悪い経済指標が連続する中、本日は日経平均、TOPIX共に25日線上に復帰。株価が急落しはじめた9月以降、だましの陽線は多かったのですが、今のところ昨日の陰線がだまし、の様相。明日力強く陽線がたてば、とりあえず短期的には上昇トレンドとなりそうですが。。さて、どうなるでしょうか?

★これだけ業績悪なのに?これだけ円高なのに??株は所詮人気投票。経済状況に比例して上下するわけではなく、売りたい人が売ってしまえば、買う人しかいなくなり、値上がりするわけで。。金融相場ってこともありますからね。いえ、金融相場がもう始まった、とは申しませんけど。。

★ただ、12月に入ってからは、所有する優待銘柄も幅広く買われています。12月に入り、含み損が急減しています。足を引っ張りまくっていた、REITのお祭りがいまだに続いているのも大きいのかも知れませんが。。。が、指数は高いけど、持ち株上がらず、と言った、先物でのマニュピレーション相場とはちょっと違ってきたことは確かです。日本株に資金が入っている。。。??

★とりあえず、年末に向かって一相場あるのかな?やっぱり持ち株が上がると、売るつもりはないとはいえ嬉しいものです。希望としては、株価の居所がかわり、9,000円台くらいで足場を固めて欲しいです。3月末にかけて、また売りたい人が出てきそうな気もするのですが、願わくば、今の水準まではまた下げて欲しくはないですね。。
posted by est at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

トヨタのチャート

★世界同時不況の影響を受ける象徴的銘柄であるトヨタ。月足チャートでは1998年10月に、2,530円安値をつけます。その後、中規模の相場が一つあって、2003年4月に2,455円安値をつけ、底を入れます。そこから一相場あって、定石通りの3段上げ。2007年2月に8,350円で天井を打ちます。

★ここで一相場終わり。サブプライムが表面化する前のこの時期に天井を打つなんて、株の先見性の不思議さ、ですね。その後、株価はつるべ落とし。2008年12月8日に、2,585円の年初来安値をつけています。

★今後、98年の2,530円、2003年の2,455円を守れるか、ですが、来年度の業績がもしかして赤字?とも言われる状況では、厳しいように思います。目先は、これらの節を意識しつつ、神経質な展開かも知れません。四季報チャートでは、1997年までのチャートしか見れないので、それ以下の節がわかりません。チャートでの下値予測は難しい。。

★BPSは、3,804円あります。最近は、PBR 0.5、なんていう銘柄が優良銘柄の中にもごろごろしているので、そうすると、1,902円か。。。ホントにここまで下がるかな??と思う一方、あり得ない話しではない、という気も。。

★今年3月の配当は、100株で14,000円。現在の株価2,760円で計算すると、配当利回りは、5.07%!。配当優待利回り5%超の株を買う、という私の独自基準でも買える水準ですが、おそらく減配は必至。利回りは低下するでしょう。うーん。

★インカム派の立場からトヨタ株をみると、たとえば2003年はEPS 211円あって、36円の配当。配当性向17%。2008年はEPS 540円で、140円配、配当性向26%か。。配当性向が高くなっているのは、世界基準に合わせているのかな。で、来年は、2003年のEPSすら大きく割り込むEPS 175円の予想だから、配当性向26%でいっても、45円配。むしろ、これより業績が大きく落ち込む、という話しですから、もっと配当は減るかも知れない。。いや、世界のトヨタ、敢えて頑張って配当するかも??いや、愛知県人は渋い、ともいうから。。結局配当の予想なんて、できっこないですね。

★こういうことをグタグタ書いたのも、インカム派として、世界の優良企業たるトヨタを買いたくなったから。。でも、結論としては、減配幅が大きくなりそうだし予測が出来ない、やっぱ、継続して安定したインカムゲインが得られないと、手が出しづらいなあ、というものでした。


★キャピタルを狙うんであれば、良いかもしれませんね。しかし、これもチャートが先の節2点を割り込んでしまうと、どこまで行くかわからない。まあ、5年以上持つつもりなら、良いのでしょうが。。

★まとまりを欠く文章になりましたが、来週も頑張りましょう。

posted by est at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

優待品のオークション売却

★9月決算の配当金や優待品が続々と届き、整理するのに天手古舞いです。こんなに大変だとは思わなかった。地道にやっていくしかないですね。

★特にオークションでの売却は、間違えたり忘れたりすると大変。悪い評価がつくと、今後の売却にも差し支えますので、最新の注意を払っています。。この調子だと、3月決算銘柄の優待品が届く来年6月はいったい。。。

★さて、本日の日経は、GM支援話しがポシャった、と言うことで、急落です。ただ、その割には意外と堅調な銘柄も多く、10月の急落とは明らかに様相を異にしています。麻生さんも、追い込まれたのか、次々と凄い対策を打ち出しており、これらは決して無視出来ません。2年間不動産譲渡税に非課税枠をもうけるなんて、マジで出てくるとは。。金融関連強化法案も国会を通過し、再び銀行に公的資金を注入出来るようになりました。危ない地銀や信金、特に信金は、やばいのが多いのは周知の事実、これで貸し渋りも少し和らぐでしょう。

★来年はおそらく、景況感は相当厳しいでしょうが、各国がここまでの対策をとるのは、凄いことです。スイスはついにゼロ金利突入です。世界中がお札でじゃぶじゃぶ水浸し。。そのうち金融相場が始まるでしょう。

★12月はもう買わない、と言っていましたが、今日の日経急落を知って、狙っていた自動車関連優待銘柄を少々購入してしまいました。長く持つ気なら、いいか、と思って。ボーナスも出たし。

★さて、寝るかぁ。今のところ、アメリカはそこまで急落していませんね。GM破綻も織り込みつつあるのかなあ?破綻後の波及効果は結構なものがあると思うのですが。。。100年に一度の危機は、100年に1度のチャンス。今集めている銘柄群は、数年後には宝物になると信じています。
posted by est at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

日経平均3連騰

★日経平均は3連騰をし、25日線を上抜いてきました。一方、トピックスは、25日線が頭を抑えている形。個別のチャートも改善している物が多く、久しぶりに資金が流入している印象です。

★ただ、経験的にメジャーSQ前の水曜日は高く、木曜日が安い、というのが多かったです。また、ここ数ヶ月、25日線を上抜いて、それを維持出来た試しもないんですよね。。そういう意味でも明日は正念場。もちろん、下がる可能性も、上がる可能性もあります。前にも書きましたが、世界中から戻ってきた円資金が、日本株に向かうとおもしろいのですが。。え?不景気なのに、上がるわけないって?株が上がれば、景気も上向いてきますよ、多分。。。以上、相当願望が入っております。

★さて、REIT祭りは今日も続き、何と、持っているREITがすべてストップ高!昨日、おーい、と呼びかけた日綜地所は、何と、東証1部値上がり率トップ!とはいえ、悲惨なまでに売り込まれていたので、値幅もたいしたことないんですよね。ほどほどの水準までもどしてくれれば、嬉しいのですが。。

★まあ、相場については、今はのんびりと眺めておくことにします。


posted by est at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

循環物色

★勤務業が忙しく、配当や優待も続々到着。ちょっと忙しくて時間が足りません。年末はそれでなくともいろいろと、用があるのに。。

★今日は相場の流れが少し変わった印象。順調に値を上げてきた、内需関連株に、一斉に利喰いが入りました。手持ちでは、アートコーポレーションが昨日までの11連騰、仕上げの上昇に対する、強烈なかぶせ足。ライトオンも、興銀リースも、ポイントも、本日は陰線。気がつかなかったけど、マクドナルドも、気がつかなかったけど、なんと2,000円超までもどしていたのね。。今日は陰線。何れも、上昇トレンドは壊れていませんが、一休み。

★さて、今日は、証券、不動産、海運に資金が流れ込んだ模様です。輸出関連も値を上げていますね??手持ちでは、REITがお祭りでした。クリード、MID,ジョイントは、ストップ高。その他も大幅高。基本は、ショートカバーだと思いますが、うまく循環物色されている気もしますね。。ようやく普通の相場に戻ってきた、ような気がします。ただ、今週はメジャーSQ.波乱があるかもしれません。

★不動産については、次のような記事が出ていました。(NHKニュースより)

★独立行政法人の「住宅金融支援機構」がマンションなどの建設資金を貸し出す仕組みを新たに作り、融資には政府保証をつけることを検討しています。また、マンションやオフィスビルを運用している「Jリート」と呼ばれる不動産投資信託の資金繰りを支援するため、政府系金融機関が金融危機などの際に融資できる制度を初めて活用し、「日本政策投資銀行」を通じて資金を貸し出します。

★クリードオフィス投資法人については、クリード・リート・アドバイザーズの全株式を、いちごアセットトラストが取得する。いちごアセットトラストは、日本株投資に特化した独立系投資顧問会社であるいちごアセットマネジメントが運用する投資信託。スポンサーはクリードからいちごアセットグループへ変更となり、運用会社名もジャパン・オフィス・アドバイザーズへ変更する、とのことです。ビライフの時と同じ様な気が。。。金融庁もいよいよ本気でREITを支えようと、動き出した気が、、しないでもないです。

★不動産関連、さすがに、いろいろ、動きが出てきましたね。手持ち株最大の懸案事項の一つ、REITが安定してくれると、本当に助かります。しかし、おーい、やすらぎ君、日綜地所君、大和システム君、反応してくれー。

posted by est at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

相場の胎動は始まっている

★今日は日曜日。激務の勤務業から解放されて、一日子供と遊んだり、家族サービス。時々、オークションに出品したり、持ち株の整理をしたり。そうそう、近所のアパートが売りに出ていたので、ちょっと見に行きました。なかなか割安でいいけど、場所がちょっと。。。バス停から6分とはいえ、実際は10分近くかかりそう。これでは駄目。もっともお金もないから、本気で買う気ではないのですが。。

★さて、ビッグスリーがどたばたやっていますが、日本株の内需関連の一部に動きが出てきています。持ち株の中では、以前から取り上げている、ライトオン。ついに高値を取ってきました。ポイント、も上値をうかがいつつあります。プレナスも、リーマンショック以前の水準まであと一歩。不思議なのは、アートコーポレーション。こんな陽線の連続は、久々見ました。10月安値から、軽く2倍を超えています。興銀リースももぞもぞ。

★手持ち株でないものでは、ワタミが新高値。ホール周辺機器大手のマースエンジニアリングも、新高値を取ってきました。安値更新のトヨタに目を奪われていると、見落としそうですが、ようやく日本株の一部に資金が流入しているような気が、しないでもないです。。

★駄目駄目は、不動産関連。そこそこ持っているから、厳しいとこ。やすらぎは、ついに70円をつけました。うーん、社名と株価がミスマッチ。それとも○仏したいのでせうか?(不謹慎ですみません)

★ITバブルの頃は、IT関連株の暴騰、重厚長大産業株の暴落、の2極相場でした。今回は、内需円高歓迎関連と、輸出及び不動産関連の2極相場なのでしょうか?あ、不動産関連は、不動産取得税を期間限定無税にする、といううわさがあります。これやると、もしかして??(希望的観測)。

★麻生さんの支持率低下で、政治からも目が離せませんね。来週も頑張りましょう。
posted by est at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

がんばれインパチェンス

★福岡市のアパートは、通勤途中にあるので、勤務業の帰りに立ち寄って、プランターや鉢に植えた花の世話や、水やりをしています。本日、福岡地方は雪、でした。

★植物には好む気候、というのがあります。今を旬、と咲き誇っているのが、シャコバサボテンと、パンジー、ビオラ、プリムラ、です。現在、アパートのエントランスにおいています。エントランスには、旬の植物を置くことにしているんです。寒い気候も、雪もなんのその、寒い季節を彩る貴重な植物です。寒空の下、綺麗な花を見ると、なんか、元気が出てきます。

★役割を終えて、葉が枯れていっているのが、観葉植物でもあるギボウシ。これは宿根草なので、葉は枯れても、根は生きています。来春、また美しい葉が芽吹いてくるでしょう。それまで一休み。

★夏の盛りにすさまじく咲き誇ったポーチュラカは、本来は多年草ですが、寒さに弱く、日本では、1年草扱いとされています。これは、、元気ないですね。しおれてしまっています。それと同様、シェードガーデン(日陰)でも美しい花を咲かせるインパチェンスを、結構植えているのですが、これも本来多年草で、日本では1年草扱い。12月の今でも、福岡では結構美しい花を咲かせています。気温が平均8度以上保てれば、冬越し出来るとのことですが、霜に当たると1晩で溶けるように枯れてしまうこともある、とのこと。ここ数日、やきもきしています。何とか、冬を越して欲しいなあ。同様の扱いのサルビアが、昨年の冬を越してくれて、今年2回目の冬を越しつつあるので、それにならって欲しいのですが。

★ヒヤシンスが芽吹いてきまして、クリスマスローズも気温が下がってから、急速に大きくなり始めました。どんな花が咲くのか、楽しみです。
posted by est at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

自動車関連株

★アメリカビッグスリー問題が大詰めです。破綻が現実味を帯びてきているようですが、破綻と同時に政府救済を受ける?GMとクライスラー?などと報道されていました。破綻させて合併させて、雇用は確保ってこと?

★しかし、新聞やらビジネス雑誌やらを読むと、ビッグスリーの破綻すると、例のCDSの問題があること、医療保険や年金の問題があること、これらが問題のようです。CDSは、破綻保険のようなもので、保険料を受け取るかわりに、例えばGMが破綻したら、債権を全部保証しますよ、というもの。ビッグスリーが破綻すると、この保険を売った売り手が窮地に陥るのだそうです。確か、CDSの世界最大の売り手がAIGですよね。。これがまた、どこにどれだけあるのかがよくわからない。リーマン破綻の時のような爆弾が破裂するようなものだ、とのこと。。

★それにしては、株式市場が落ち着いているような気もしますが。。。当然このあたりへの対応も議論されているのでしょうけどね。

★さて、日本の自動車メーカー。本日、トヨタが2,695円の年初来最安値をつけました。他のメーカーも似たり寄ったり。実は、自動車関連企業は、素敵な優待銘柄が多く、私も買いたいなあ、と思っています。テイエステック、というメーカーは、嫁銘柄で持っていますが、他にも欲しいのがいっぱいあります。

★どこかで買いたいなあ、とは思うものの、頭によぎるのは、やはり、魅力的な優待銘柄が多かった、不動産関連銘柄の惨状。様々な業種の中で最初に暴落したのはこのセクタ。優待の廃止、改悪が横行し、それどころか、会社がなくなることも相次ぎました。。。とほほです。

★ただ、不動産関連セクタは、過大な借金を負って、資産が劣化して、貸し渋りにあい、キャッシュフローがまわらなくなっての倒産。自動車関連企業は、収益は大きく落ち込むでしょうが、過大な借金がなく、資産、キャッシュが豊富な企業なら大丈夫、だとみます。ただ、あまりに株価が落ち込んだり、巨額な営業赤字を計上すれば、優待廃止、改悪の可能性はあるでしょう。

★ビッグスリーに動きがあった時に、そして、その後、どう株価が推移するか?注意してみようと思っています。円高も更に進んでいますし、業績も長期的にはともかく、短中期的には相当厳しいでしょうから、あまりあわてる必要はない、と考えていますけど。。
posted by est at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

師走入り

★はやいもので、2008年も師走となりました。9月優待、配当金が着々と届いていますが、忙しくて更新もままならず。ふう。

★アメリカのビッグスリーは、いよいよ大詰めですが、日経新聞にも”破綻の選択肢排除せず”なんて書かれてしまっていることからして、また、テレビのニュースですら、アメリカ国民の57%が救済に反対、なんて言っていることからして、当然、市場参加者のほぼすべてが、”破綻の可能性”を、考えに入れているでしょう。

★それでも、昨日のアメリカは上昇しています。それに連れて、本日は日経も、アジア株も上昇。GMがもしかしたら週末にも破綻?なんて状況なら、普通は怖くて様子見を決め込むでしょう??これが株のわかんないところ。アメリカの現場では、大まかな方向性が既に出ていて、既にそれを織り込んでいるのかも知れませんね。ただ、実際に破綻してしまえば、あらためてそれを材料にして売り直されることもあるので、要注意。

★さて、株価の本格上昇は、おそらく来年後半以降。それまでは、適度に上がったり下がったり、もみ合い状態と思います。もっとも不景気の株高、やら金融相場、という言葉もあるように、妙な相場があるかもしれませんけど。

★とりあえず様子見が無難だと思いますが、本日約1ヶ月ぶりに新規購入をしました。もっともわけわかんないところで、何故買うか、ですが、わけわかんないから良いのかな、と。多分、今月の買いはこれで終わりです、はい。

★それと、円高が進んでいますね。原油相場は更に崩壊が進んでいます。商品相場も崩壊。輸出関連企業以外では、ほくほくの所も多いと思うのです。。ニュースで、不景気ばかり報道していますが、事実、極めて厳しい業種も多いことも認めますが、そればかり報道するのもどうか、と。

★マインドが明るくならないと、景気も良くなりません。もっと明るいことも報道して、皆さんの財布のひもが緩むようにして欲しいものです。円高が進む、というのは、世界規模で見て、円を持っている人の資産がどんどん増えている、ということですよ。
posted by est at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする