2010年07月28日

夏の夜の夢

★僕は夢を見た。。

★大学生の僕は、パチンコを覚えた。ビックシューター、レッドライオンなどの飛行機台が全盛期だった。タバコのにおいにまみれながら、毎日のようにホール通った。ギンギラパラダイス、という権利もの、と呼ばれる機種が大人気となった。やがてこれが、大ヒット機種”海物語”へとつながっていく。パチンコで勝つことがものすごく快感だった。この感触を決して忘れることは出来なくなってしまった。

★社会人になった僕は、株を覚えていく。買いは素人、玄人は売りさ、と格好をつけ、空売りにのめり込んでいった。日経平均が暴落し、一日で数十万単位で儲けるようになった。この時の”快”、これが、日々の生活の刺激となり、ハリとなり、潤滑油となっていく。勤務業で得られる達成感とは別の、なくてはならない刺激だった。

★それなりに恋愛もした。やきもきすることも多かった。この時の刺激、メリハリ、これも生きる糧であった。

★子供が生まれた。感動だった。本当に嬉しかった。

★人間は、”快”を求めて生きていくものだと思った。イキイキとした刺激。達成感。やがて、不動産経営、優待配当重視の株式投資に没頭した。これも楽しかった。所有欲、事業欲が満たされ、うまくいったときは、充実感を覚えた。しかし、不動産経営は、その裏側に隠された大きなリスクが見えるようになった。配当重視の株式投資は、結局株式投資はキャピタルゲイン狙いでやるべきことを、再認識させる結果となった。

★ここで僕は、”快”を得る術を失った。路に迷った子羊となった。

★ところで、30歳台後半になると、周囲の女性の反応がこれまでと違う、と思うようになった。これまでは、20-30歳台の女性は、僕を同じ世代の人間、と見なしていた。ところが、僕が30歳台後半以降になると、20歳台の女性は、こちらを”おじさん世代”と見なしていることに気がついた。いわゆるジェネレーションギャップ、なのだろうか?ただ、そのごく一部は、少しばかりこちらを大人の男性、と見なしていることに気がついた。一種のファザコン?違う世代だからこそ感じる感覚なのだろう。

★それなりに、社会経験も積むと、それなりのお店に食事に行く機会も増える。”じゃあ、今度、その店に一緒に食事に行こうか?”と誘ってみると、案外まんざらでもない。そうして、美味しい店巡りが始まった。これも、”快”の体験である。ただ、これは、あまりのめり込むべき事ではないな、と考えていると。。。

★僕は目が覚めた。夏の夜の夢だった。(すべてフィクションです)。
posted by est at 22:33| Comment(0) | 日々の出来事 | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

夏場の巡回

★先日、子供と一緒にハートキャッチプリキュアを見ていて、ついに3人目のプリキュアが誕生!をを、これが3人目!!と一緒に喜んでしまったことはさておいて、で、早速変身アイテムのおもちゃのコマーシャルが流れ、30日からは、マクドナルドで、ハッピーセットにプリキュアのおもちゃが付くのは?すでに3人目のプリキュアが印刷されていて。。。子供からは、何でもうハンバーグやさん(=MAC)知っとうと?と聞かれて、ムム。。商売上手ですね。。見習わなくては。。

★福岡1号には、多くのプランターを、管財物件には、本格的な花壇を設置しました。もちろん、1-3月を中心に花で満開にして、入居促進、及び、入居者の方に気持ちよく住んでいただくための対策もあるのですが、実は、一番は、税金対策です。毎日、某青色専従者が、水やりして、掃除もしてます、ので、専従者給与の金額に妥当性を与えるのが実は最大の目的だったりします。

★もちろん、税務署の方も読んでいるかも知れないので、専従者は毎日、勤務しておりますが、ごく希に、いけない日もアルといけないから、水やり対策グッズを購入致しました。ペットボトルに水を入れ、キャップをかぶせます。そして、プランターにキャップをブスリと突き刺します。すると、じわじわと水がしみ出すグッズです。。2,3日持ちます。お中元で貰った500mlポカリスウェット詰め合わせセットの空きボトルが、大活躍をしております。本当に、福岡では2日連続して水やりをサボると、プランターは干上がってしまいますので。。

★さて、専従者は毎日勤務しているわけですが、ほんとですよ、税務署さん、でも、たまに私が替わりに水やりに行くこともあります。水をやっていると、時にご近所さんに出くわします。福岡1号の真迎えの地主さんとは、敷地内にファミリーアパートもお持ちですので、いろいろ情報交換をしたり、駐車場を1台借りたりしております。最近は、管財物件の隣の方とも、お会いします。水やり、私がやっておきますよー、なんて言っていただいて、ありがたい限りです。その方も、福岡の中心地のRC3階建て1棟もののオーナーでもあります。やっぱり家賃の下落を嘆いておられました。こんなに下がって、今でも出る度に家賃下げている、と。。長年大家やってるけど、こんなの初めてよ、と。。○○でもそうなんですか?と聞くと、もう、10階建て、20階建ての大きな賃貸ビルがドンドン建ったでしょ、あれで、やられたわぁ。。と。まあ、、そうでしょうね。こちらも初老の方。。売っちゃおうか、と思ってます、とのことでした。

★築古RCには、私全く興味がないので、食いつきませんでしたけど、やっぱり皆さん、困っていらっしゃるようです。。
posted by est at 23:14| Comment(0) | アパート経営 | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

今後の方針その2ー為替

★為替、、、これは難しいです。数年前、円のキャリートレード華やかなりし頃、為替で数億円稼いだ人が続出しました。これはこれで、素晴らしい才能でしょうね。。すごいなあ。何しろ、レバレッジ100倍あり、の世界ですし。。また、スワップ金利で、手堅く?稼ぐ手法も流行りました。オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの通貨が流行りましたっけ。

★その後、日本のプレゼンスが下がり、株価は下がりました。しかし、円は、急騰しているんです。株価はわかり易いけど、通貨は、いろんな思惑が絡んで、不自然に上下するし、時には、国家の為替介入まであったりして、中期的に予想するのが、非常に困難、だと思います。

★数年前、長期的に資産分散、とユーロやドルに資産を分散していると、今は大損していることになります。。なにもせず、円のまま資産を持ち続けた人が、結果的に一番良かった、と。。円=日本強し??日本のプレゼンスは明らかに低下しているのに。。。なんなんでしょうね??

★問題は、特にヨーロッパの信用収縮。。バブル後の日本が、忘れると思い出したように不良債権が蒸し返された事を考えると、ヨーロッパで同じようなことが蒸し返される可能性があります。。そのたび、ユーロが安くなる??ユーロ買っても、やっちょられん、ですね。。

★ただ、資産のグローバル分散、を考えると、結局為替が一番手っ取り早く、シンプルですので、この方向で考えたい、とは思います。レバレッジは、ほとんどかけない、と思います。

★もう少し、勉強して、参入のタイミングをはかる、方針です。
posted by est at 17:13| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

今後の方針その1ー不動産

★アパート経営については、とりあえず、新規物件取得を最低3年間、凍結したいと思います。財務内容の改善をはかり、借入金を圧縮したいと考えています。来年、順次、物件の5年間の固定金利期間が終了するのに合わせ、1物件のみ、変動金利に変更し、繰り上げ返済を積極的に行っていきたいと思います。これは、法人化、もしくは、家族名義への建物部分の名義変更を見据えた措置です。給与所得、不動産所得、借入金のバランスをもっと良くしないと、金利の急騰、賃貸環境のさらなる劇的な悪化、があったときに、極めて危険である、と考えるからです。また、3年後は、福岡1号物件の減価償却が終了する時期でもあります。

★ただし、物件を購入したい、というのは、不動産投資家の性です。自分なりに考える、安全な立ち位置であれば、新規購入、という選択肢を残しておきたい、と考えました。おそらく、2,3年後は、魅力的な物件も多く市場に流れているはずです。その時点の家賃で、稼働率の前提を、引き下げることで、回りそうな物件なら、そして、その時点でも、購入したい、という願望が残っているのなら、頭金をそこそこ入れて、購入したいと思います。

★それまでに、物件運営のノウハウを高めておきたい、と思います。
posted by est at 12:37| Comment(0) | アパート経営 | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

事業と投資の方針考慮

★ぼちぼち勘が鈍らない程度に、福岡市や、周辺地域の不動産売り物件をチェックしておりますが、築10年未満の売り物件が増えているなあ、と思います。売りに出す事情も何となく理解できますが、価格が、やっぱ、ちょっと高い!もっとも投資家も最近は眼が肥えておりますから、おそらく、そこそこの指し値で約定しているのではないか、とは思いますが。。あ、安ければ欲しいなあ、と思う物件もちらほらと。。

★さて、これまでブイブイ頑張ってきたアパート投資、株式投資ですが、現在、ちょっと曲がり角に来ています。まず、アパート経営については、規模の拡大に疑念を覚えています。特に、よく言われる、”不動産投資は、借金をし、出来るだけ借入期間を長くして、月々のキャッシュフローを安定させる、頭金を貯め、それを元手に物件を買い足していき、どんどん規模を拡大することが成功の路である”という事に、どうにも不安を覚えます。月々のキャッシュフローで、頭金がすぐ貯まるから、と、どんどん規模拡大していけば、当初は確かに良いでしょう。しかし、10年後、20年後、あまり借金が減っていない中で、本当に回るのか、本当に債務超過に陥らないのか?、、極めて疑問です。

★私の場合は、速やかに本当に安全と思えるレベルまで、借入金を圧縮していた方が良いかな、と考えております。キャッシュフローが貯まれば、物件を買い足すのではなく、既存の借入金を減らす、、あるいは預金する、ということです。何を想定してか?まあ、何となくです。。こういう何となく、という感覚は結構鋭敏だったりするので、大切にしてます。。

★次に株式投資。。株主優待銘柄への投資は、本当に必要な優待、本当に率の良い優待、に絞ることにします。そして、株式投資は、数銘柄への少数精鋭分散投資、としようか、と思います。ただ、今は買いません。国内要因としては、力のある本格政権が出来てから。海外要因は、欧米次第です。サブプライムローンが囁かれ出してから、リーマンショックまで1年以上かかりました。アメリカの景気、欧州のソブリンリスク。本当に蓋を出来たのか否か、確認したいと思います。

★次にグローバル投資について。。まず、グローバル投資の中身は、通貨そのもののみ、としたいです。まもなく人民元も広く開放されるようです。ドル、ユーロ、人民元、あるいはその他の通貨。株やら不動産やら、グローバルで考えると、訳が分からなくなる。さらには、結局通貨リスクにさらされます。それなら、通貨そのものでいいや、ということ。

★ただし、タイミングはほんと、難しい。。何度も書きますが、日本は破綻しません。最近、IMFがついに、消費税増税に言及してきましたが、結局日本が立ちゆかなくなったら、IMF(実質はアメリカなど)が日本を管理するはずです。日本は、まだ財政削減と、増税の余地があります。いざとなれば、すなわち、国民皆保険を停止し、年金を消滅させ、消費税の大増税をすることで、日本国の破綻を回避させることは出来ます。日本国民の多大な犠牲の下に、国際経済の秩序は保たれるのです。裏を返せば、そういう劇薬が残されているから、日本国債は値を保っているのだと思います。

★そうなると、円は暴落するでしょう。その兆しが見え隠れし始めるとき、が、外貨投資の開始時期かも知れません。。今は、まだ早いような気がしますが。。。一方で、本格政権が出来て、IMFに管理されるようなシナリオを否定する施策が実行されると、、、為替は、円安にはあまりならないかも。。。その時は、株の買い、でしょうね。。。

★もう一点、グローバル化を考えるなら、生活拠点を海外に1つ持ちたいなあ、と思います。いろんな意味で。。。やっぱ、英語は必要かなあ。。
posted by est at 21:19| Comment(0) | アパート経営 | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

グローバル化

★日本のプレゼンスは下がり続けています。今回の円高、そして、電気自動車の普及は、日本の輸出産業にとどめの一撃を与えるのではないでしょうか。。日本の強みであった、物作り。。しかし、手先の器用な人の多い、アジアを中心とした新興国が、安い労働力を背景に物作りを学び、追い上げてきた。。もはや、”日本でなくてはならない”産業は、なくなりつつあります。前にも書きましたが、日本の輸出産業の力ががた落ちしたとき、、そこが急速な円安への地獄のスタートライン、かも知れません。。さらば、かつて先進国と呼ばれた、日本、となるのか?

★おそらく1990年前後のバブルの時期が、日本の頂点だったのでしょう。ある意味、我々の世代、およびそれより少し上の世代は、良い思いをしたのかも知れませんね。。ところが、バブルの崩壊で、不動産価格は暴落、多くの資産家が没落しました。金持ちがいないと、金を使う人がいなくなる。。。日本経済は負のスパイラルを描き続けました。内需は縮小し続け、地方はシャッター通りばかりとなり、百貨店が成り立たなくなり、若者で高給を取る人はいなくなり。。

★国は借金をし続けて、景気と雇用を維持し、社会保障を維持してきましたが、もはや借金は限界に達しつつある。増税が必要なのは明白です。しかし、増税すれば、確実に景気は悪くなります。。更に日本は沈むのです。沈みゆく船、日本丸。。。

★国としてはそうでも、個人としての自分は、それで良いのか?沈み行く船に身を任せるのか?個人として、グローバル化を目指すべきではないか。。そう思うようになってきました。では、どうするか??

★海外の株、海外の不動産、そして、海外の通貨。。それらを絡めた海外の事業。。こうなるのではないか?日本が沈むのなら、ドルやユーロや元(無理なら香港ドル)、を持つべきではないか?海外の株を買うべきではないか?海外の不動産はどうなのか?

★英語能力をブラッシュアップすべきでしょう。。ハワイ、シンガポール、オーストラリア。。。拠点を持つべきなのでしょうか?

★真剣に検討する必要があるのかなあ、と思います。一時期はやった海外口座を持つこと。。実は、ユニオンバンクオブカリフォルニアに、口座は持っていました。ハワイ銀行は、口座持ってないけど、日本人の口座開設ウェルカム、だそうです。アメリトレード、という、アメリカの証券口座も持ってました。何年も開いてないけど。。一時期、香港上海銀行にも口座を開きたい、と思っていました。いまどうなっているのでしょうか??

★もっとも、日本の証券口座で、結構、海外投資できますよね。。

★日本のアパート経営にのめり込んでいる場合ではない、ような気がしてます。国内はデフレ、借金はさっさと減らして、幾ばくかの円を売り始める時期に来ているように思います。
posted by est at 00:49| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

アパート経営事件簿

★とある昼下がり。。懐かしい不動産会社からの着信履歴有り。管財物件を購入した会社からでした。。電話を折り返すと、懐かしい声。昨年の9月から、管財物件を購入するときに何度も聞いた声です。。用件はなんだろう、といぶかると、それを察したかのように、管財物件の元入居者の方が、とある事件を起こし、容疑者として警察から問い合わせが来ている、彼の情報を教えて欲しい、とのこと。。賃貸契約書など、私が受け取っているので、私に電話をして聞こうと思った、とのことでした。

★こういう場合、守秘義務がありますか、と問うと、基本的には、警察には協力してますよ、とのことでした。管財物件購入交渉中の昨年12月、退去された方ですので、あまり神経質にならなくても良いのでは、と思いました、管財物件を担当された弁護士さんがまだ資料を持っているかも知れないので、そちらにまずは聞いてみましょうか、と言うので、そうして下さい、と答えました。結局、弁護士さんが資料をお持ちだったようで、この件は、これで終了しました。

★そして、今日。管理会社から電話有り。大雨の日の電話なので、てっきり雨漏りか何か、少なくとも良い情報ではないな、と直感しました。内容は、、入居者の方が亡くなられた、とのこと。部屋番号を聞いて、そして、どこで亡くなられたのか、聞きました。大変不謹慎ですが、部屋の中か外か、中であって欲しくない、と考えてしまいました。福岡1号物件で、唯一、私が作成した物件紹介ホームページから入居なさった方でした。。とある有名企業の子会社で、メールでのやりとりも非常にしっかりなさっていたことを覚えています。それにまだ、30歳そこそこです。

★本日荷物を引き取りに来たお父様が涙ぐみながら、事情を話されたそうです。死んだ場所は実家(他県)のすぐ近く。。帰るに帰れない事情があったのだそうで。。仕事の悩みも大きかったそうです。。この不景気、なんとかならないでしょうか??

★福岡1号は、比較的入居期間が長いアパートです。入れ替わりが少ない。ただ、この部屋だけが、短期入れ替わりが続いています。彼は4人目の入居者でした。今回、なにかしら清めの儀式をやろうか、と思います。

★閑話休題。。四十を超えて、人生について、よく考えます。子曰く、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、でしたっけ。。しかし、私は、惑ってばかりです。仕事に打ち込み、家族を大切にし、事業を営む。。その中にやりがいや価値、ステイタスや、収入のアップを見いだす、これは、今の時代にあって、とても幸せなことなのでしょう。。

★しかし、打ち込む仕事の限界も見えます。辛いとき、きついときも多い。今の時代、仕事があるだけ、給料もらえるだけハッピー、という人もいます。でも、そうはいっても、勤務業はやるならやったで、きついときはきついのです。。家族もいつもハッピーな時ばかりでもない、気を遣ったり、喧嘩をしたり。。不動産事業?始めたときは、新しい世界に飛び込むワクワク感があった、所有する不動産の規模を拡張していくことに希望を持った。しかし、現実は甘くない。急激な規模の拡大のリスクがはっきりと見えるようになった。これからどうひいき目に見ても右肩下がりの業界に、これ以上大きな夢や希望を託せるのか?株式投資?じっくり研究し、銘柄を集めていく楽しみがあった。値上がりしたときはワクワクした。しかし、今の政治環境でで、今の金融システム危機を内在した環境下で、多くを託せるのか??

★不安と疑問の中で、私の様な、弱い人間は享楽的なものに流されやすい。美味しい物を食べる、美味しい酒を飲む、接待を受ける、かわいいお姉ちゃんとデートをする?それなりの地位を得、それなりの収入を得たら得たで、ストレス発散を名目に、易きに流れる自分がいます。深くかんがえないで良いさ、その時、その瞬間が楽しければ、それで良いじゃないか。。。そうして、また日常に戻るのさ。。。そういうときに、清貧な生活をおくる人格者に出会う、真剣に病に向き合い、死んでいくであろう、知人がいる。人生ってなんだろう?

★いろいろ考えている中で、いま思うこと。自らの本能、直感に従い、バランスを重視して無理せず進み続けること。そして、最終的に大切なことは、後悔のない決断、後悔のない人生をおくること。。一度しかない人生、きれい事ばかりじゃつまらない。つまるところは、悔いのない人生、か!
posted by est at 01:01| Comment(0) | アパート経営 | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

参議院選挙が終わって

★参議院選挙が終わりました。選挙の結果について、様々な場所で、述べられていますので、不肖私ごときが追加することなどないのですが、やっぱり一言書きたいなあ、と。。。

★菅さんが出てきて、消費税を持ち出したとき、うまくやれば本格政権になるのかなあ、と思いました。しかし、その後の菅さんの発言を聞いていて、もう、口をあんぐり。。。税率を10%と示したのは良いのですが、何にどう使うか言っていない。。もしかして、子供手当と高速道路利用料に流れてしまうの?と思いました。

★その後、年収200-400万の人に還付する?と聞いて、ああ、この人分かってないんだ、と思いました。消費税の意味ないじゃないですか?多くの人から、薄く広く、徴収しますが、医療、福祉の財源としてきちんと還付しますよ、というのが目的だったはず。。所得の多い人は一杯消費して、少ない人は少なく消費すること、そして、最低限生きていくのに必要な物、例えば食料品とかには、軽減税率を導入して、累進制を薄めれば良いだけの話。。

★年収400万以下の人に還付するんだったら、何も消費税で混乱させなくても、400万以上の人の所得税を大幅アップして、徴収すれば良いだけの話。。そんなやり方、実務ではできませんよ。。所得税の最高税率を上げるだの、小手先だけの悪あがきに終始し、またまた、首相の発言の軽さがクローズアップされました。要は、あ、この人も駄目なんだ、口先だけで、実行能力がないんだ、と思われちゃったのでしょう。。

★ねじれ国会になって、ほとんどの法案が通らなくなりました。部分連合なんて言っていますが、ほいほい乗るほど、政治家の皆さんも甘くない。。早晩、管政権は行き詰まるでしょう。ただ、菅さんは、98年の金融危機の時、金融危機対策法案を、”政局にしない”といって、時の小渕政権に丸呑みさせ、成立させた経験があります。もしかして、自民党やみんなの党の主張を丸呑みするんじゃないでしょうね??子供手当、廃止します、とか、高速道路無料化辞めます、とか。。公務員の首切ります、とか、、あ、これは、労組が反対するか。。。

★しかし、そうなるともはや民主党の存在意義がなくなってします。党内が持たないでしょう。。民主党は、小沢派と反小沢派に分裂する可能性があります。自民党は、いわゆる上げ潮が、みんなの党とくっつく可能性があるし、リベラルな古賀派なんかは、小沢派とくっつく可能性があるし、、若手なんかは、民主党反小沢派と一緒になるかも??いわゆる政界再編へと突入する可能性もありますね。。

★何はともあれ、政局が混乱すると株価の本格上昇は先送りでしょう。。ところで、世界の株価も、金融危機、財政危機を意識するだのしないだの、で、急騰したり急落したり。。結局ヘッジファンドに良いようにもてあそばれている気がします。なかなか参入のタイミングがわかりませんですね。。。
posted by est at 01:00| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

楽天とユニクロ

★楽天が社内の標準言語を英語にすると決めたそうです。世界を目指すためには、様々な国の人を雇う必要があるから、のようです。そういえば、以前、日産がルノーの傘下に入ったときも同じような事が言われてましたっけ。。。

★また、先日ユニクロを特集しているテレビ番組を見ました。柳井さんの考え方も、やはり、世界を目指す、と。。主要な会議は英語でやるそうです。。

★共通する考え方は、縮小する日本市場を相手にしていても、企業の業績アップはもはや望めない、ということです。今後企業が生き残っていくためには、大きくなる必要があるし、そのためには世界に出て行く必要がある、と。。。伸びる企業のトップは、国内だけを見ていない。。

★いわゆる日本のサラリーマン、という稼業が、今後ますます厳しくなるのかなあ、と思いました。同僚というか、競争相手、というか、採用される社員が、ワールドワイドに広がるわけですから。。。

★では、どうするか。自分しかない、という強みを身につける、自分も世界にうってでれるようにする、英語を使いこなす。。サラリーマンとしてどうするか、もありますが。。

★投資家としては、世界に投資する、ということを本気で考えないといけないかなあ、と思いました。日本株投資で良いのか、国内の不動産投資家でいいのか?

★じゃ、中国株を買う?海外の不動産を買う?いずれにしろ、インカムゲインを海外への投資でもって得る方策を考えないといけないかなあ、と思います。しかし、事はそう単純ではない。例えば、これまで長期間にわたってユーロに投資し、スワップ金利を得てきたとしたら、現在は厳しい状況のはずです。中国株しかり。。原油先物だって、ピーク時の半分程度ですからね。。。リーマンショック後も順調に伸びているのは、金、位ですかね??

★不動産も、欧米ではバブルが弾けた後、ですから、しばらく相場は来ないでしょうし。。あ、海外の不動産投資こそ、REIT活用かな、と思っています。で、いろいろ考えると、ビジネスの世界はともかく、投資の世界は、なかなか、難しいです。。今後、いずれ株式投資を再開すると思いますが、どのような形で始めるか、まだまだ模索する必要がありそうです。。
posted by est at 00:07| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

緊縮財政へ舵を切る先進国

★リーマンショック後、怒濤の財政出動で世界経済は景気回復を果たしたわけですが、ギリシャ危機、PIIGS危機?を経て、風景は一変しました。財政の悪化を放置するとどうなるか、ギリシャ危機でまざまざと見せつけられたのです。。

★バブル崩壊後の日本は、それでも財政出動を繰り返しました。財政再建は痛みを伴います。もちろん、国民受けは悪い。一方、財政出動をすれば、確実に景気は好転します。一種の麻薬の様に自民党政権はこれを繰り返し、ここまで財政を悪化させたのです。今更ながら、責任ある政党、等と主張しているのは片腹痛し。。

★えっと、日本はバブルを経て、国民が金を持っていたから、このような事が出来たわけです。欧米諸国は、他の国から借金をしないといけない。国債を買って貰わないといけないわけです。これが難しいわけです。ギリシャ危機は、特にヨーロッパ諸国に取って、キモが冷えたことでしょう。。

★従って、少々景気が悪くなっても良いから、財政再建するもんね、という結論になったのが、先のG20でした。景気が悪くなるなら、株が上がるはずがない。。頼みの中国も、輸出立国。。輸出先の景気が悪くなると、当然景気も悪くなるでしょう。。。

★ということで、ここまで株が売られてきました。目先、昨年11月の9,076円が意識される所です。空売りしてれば、とりあえず一旦手じまいしたい節まで来ましたが。。。ユーロ安は、しかし、ヨーロッパの輸出産業に取ってはプラスですよね。。韓国ウォンも安い。円は高い。長期金利は下抜けちゃった。。

★日本は、財政的に厳しく、消費税を上げないといけない、けど、あげると景気は悪くなる。。。んー。。厳しい時代ですね。。。
posted by est at 00:16| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする