2011年10月24日

多忙でダウン。危機は去ったか?

★勤務業が超多忙で、ダウン。相場をユックリ見れる暇なぞなかったけれども、世界の株価は、なんか復活の兆し。欧州首脳が集まって、とりあえず、目先の解決策が発表されそう、とのことで、買われていると思いますが、いざ、詳報が発表されてどうなるでしょうか?正直、ここから高いところは売りたい気分ですが、、キャッシュに余裕のない身、見えるだけー、で行きます。

★アパートは、福岡1号は5年固定が終了し、次期は3年固定、としました。北九州物件の更新もまもなくですが、同様の固定にするつもり。福岡1号は若干金利は上昇してしまいました。へたくそですね。3年にこだわったのは、3年後建物の部分の減価償却が終了するから。償却が取れない築古木造に、もうひとがんばり働いてもらうには、法人化しかないでしょう。。新規法人を設立し、そちらに買い取ってもらいます。帳簿の建物価格は、もんのすごく安くなっちゃうのですが。。鑑定士の人に鑑定してもらって、適正値を出してもらって売却しようかと思っています。もう一回減価償却をしゃぶれるかも。。。微々たる帳簿価格と、建物部分の売却価格との差は、私の利益になっちゃうんですよね。。うーん。5年超だから、税率20%か。。まあ、いろいろ難しい面もありますが、会社を一つ持っておくと、いろんな技が使えそうだから、ま、いいか。はやく資本金を貯めなくては。。一番のポイントは、新法人のファイナンス、でしょうからね。。

★福岡1号の空室が決まりません。他は動きなし、です。プランターや花壇の花を冬向けに植え替えました。ああ、また、冬が来るのか、という何とも言えない感慨を感じます。
posted by est at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

3日新甫。ユーロ100円台突入。

★魔の10月相場は3日新甫。3年前、リーマンブラザーズが破綻したのは9月15日でしたが、株価があれよあれよと7000円台に落ちていったのは、10月になってからでした。8月頃から、相場がきな臭くなっておりましたが、じゃあ、もし相場に参加していたとして、売りで取れたか、と言えば、確信できません。戻りは売り、と口では言えても、ニューヨークダウも平気で200ドル以上、値上がりした日も結構ありましたらから、なかなか実行するのは難しいものです。小泉さんが登場した初期の頃は、もっと安心して売れたものでしたが、日経がほぼ連動するニューヨークダウの反発は結構しつこいものがあるので、なかなか売り続けるのは、勇気がいるでしょう。。

★さて、リーマンショックの時は、買い持ちパンパンでしたが、今回は持ち株は優待狙いのGMO 100株だけ。。といっても、アパート経営の繰り上げ返済に使っておりますので、キャッシュの余裕はそうありませんが、心の余裕を持って、相場を見ることはできます。

★まずは、欧州発の金融危機が起こるか、軟着陸させられるか、が1点。それと、グローバルリセッションはほぼ間違いないと思いますので、それがどの程度か、が1点。これらを読み切れるかどうかでしょう。細かく銘柄を選択しても、ドスンとくるときは一斉に売られますので、この局面では、大きな流れをよんで、当分は戻りを売り続けるか、あるいは、底かなあ、というところまで十分に待った上で、底練り期間を少しずつ買い集めるか、いずれかでしょうね。。

★リーマンショックの時の、あの信じられない売られ方。。もし金融危機がきな臭くなったら、再現するかも知れません。ほぼノーポジの自分としては、チャンスなのかも知れませんが、今後の世界経済の展望を考えると、起こって欲しくないです。あのときと比べて、もう各国政府に対応余力が残っていないように思います。生活に直接影響してくるかも知れませんし、株価の低迷も相当長引くでしょう。。

★各国政府の叡智に期待したいところです。。
posted by est at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする