2012年07月30日

地道にやるのみ

★全国的にもうだるような暑さ。少ない時間をやりくりして、福岡1号、北九州、管財物件、すべてを巡回し、改善すべき所をつぶし、モデルルーム化を進めて行きます。管理会社にもそれーとなくプレッシャーをかけつつ、近隣不動産会社に営業をかけ。。。

★これまで約6年近く、部屋が空いたら繰り返してきたことです。3物件すべてに空室があることは確か、初めてじゃないかなあ。あまりの退去の多さに卒倒しそうになりつつ頑張ってきた2012年。。明日1室退去で、ついに空室5となりますが、閑散の時期だからと言って手を抜かずに、運営していきたいと思います。。

★オリンピックがあると、寝不足になりますねん。。ファー。。
posted by est at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アパート経営 | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

北の大地

★毎年、夏は、はるばる北海道へ行くことにしています。つかの間の休戦、といった感じです。ANAのマイル溜まっているので、航空券は、今年も実質タダです。今年も行ってきました。旅行中にも、しっかり管理会社から退去確認終了、の連絡が入りましたです、はい。

★それにしても、新千歳空港の混雑ぶりは凄かったです。やっぱ、夏休み初日だからなのでしょうかね。。

★明日からまた、戦いの舞台へ。。頑張りますです。。
posted by est at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

1戸決まった

★管財物件でようやく1戸決まり早速入居されました。これで今の瞬間、空室は3戸ですが、2戸空く予定なので、結局空きは5。更に借り上げ駐車場の3戸がすべて退去で、借り上げが中に浮いてしまいます。北九州の敷地内駐車場も空いているし。。若い人は車を持たなくなっているようです。解約かなあ。。

★しかし、今年は参った。。年明け早々から、ほんとにこれでもか、これでもか、と退去の波が押し寄せてきました。わずか数ヶ月で、全入居者の半数以上が退去する、という事実。。これ、もし私が今の数倍の規模で賃貸経営をやっていたとしたら、あるいは、立地などがもう少し悪くて、入居がほとんどなかったとしたら、果たして精神的に持ちこたえられたのかどうか。。

★運が悪いとか思いません。多分、これが賃貸経営の現実なのでしょう。。しばらくへこんでおりましたが、へこんでいる暇なんかありません。また、頑張っていきたいと思いますです。

★株の方は、そういう訳で??休んでおります。結構短期的には、おもしろい局面だと思うんですがね。。
posted by est at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アパート経営 | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

17戸目の退去

★今度は福岡1号。昨年末来、17戸目の退去。これは、、、もう駄目かもわからんね。。。お手上げです。1戸数万の家賃ですが、まとまれば数十万の単位になります。これは、正直でかいです。給与所得というキャッシュフローがなかったら、どうなっていたことか。。。

★もう、記録を見る気もしないのですが、しんどいときこそ、現実を直視しなくては。。福岡1号は、3月末までに4戸空き、これは埋めたのです。しかし、7月になって新たに1戸空き、更に7月末に1戸空くことになりました。なぜ、この時期に?なぜ(昨年来)6戸も空くんだ?仕方ありません。先に空いた1戸は、早急に原状回復にかかっています。

★北九州は、3月末までに6戸空き、曲がりなりにもこれは全部埋めました。しかし、5月になって2戸空き、現状まだ埋まらず。。ワンシーズン10戸中8戸空くなんて、一体何なんだ。。

★管財物件、3月、6月、7月と五月雨式に空きました。なぜ築浅なのに、ワンシーズン50%が退去するんだ?3月空き分は埋まりました。しかし、6月、7月分がまだです。

★安全パイだったはずの戸建てで滞納があったのも今年です。その後入金はあっていますが。。。

★今年は悪夢を見ているとしか思えません。なんか、入居者引き抜き合戦でもやっているんでしょうか?結構埋めたと思ったのに、それでもいつの間にやら空室6室。。今年は赤字を覚悟します。赤字で給与所得と損益通算出来るとは言っても、恩恵にあずかるのは、来年の確定申告時。。さて、それまで私のキャッシュフローは持つのでしょうか??

posted by est at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アパート経営 | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

結局なんなんだろう??

★今朝から輿石さんがテレビに出ていましたから、小沢さんとの話は、一定の結論が出たんだと思います。しかし、こんなに日数をかけて話し合う意義はなんだったんでしょう?野田さんが消費税を撤回するわけがないし、小沢さんが消費税反対を覆すわけがない。それでも、双方が折り合う妥協点を探していたのかと思いきや、輿石さんは、ひたすら、党を割らないで欲しい、と説得していたらしい???まじめに考えるのが馬鹿馬鹿しくなってきました。

★日本が1000兆円あまりの借金を持っているのは事実。一方で、国民が1000兆円を超える資産を持っているし、海外にも数百兆の資産を持っているのも事実ですから、借金の多さばかり強調するのはいかがなものかと思いますがが、年々借金が膨らむ一方、少なくとも国内の資産は減っているのですから、いよいよ日本国が苦しくなってきたのも事実です。年に1兆円は増え続ける社会保障費をどうするか、今回の増税が、これだけの大騒ぎになったとしても、一時しのぎに過ぎず、さらに増税が必要という話も。。、。社会保障と税の一体改革、といっても、この状況じゃあ、改悪にしかならんでしょ?無駄を省くって言ったって、結局の所、首切り、って話でしょう??そりゃあ、火の粉が自分の所へ飛んできたら、皆命がけで反対しますよね??JALがリストラ出来たのは、JALが会社更生法を申請したから。日本国と地方自治体が、破産に近い状態にならないと、どの政党が政権を取っても、抜本的な改革はむずかしいんじゃないかと思いますね。維新の会は、リスキーと思います。世論に乗っかっての政党だから。。多数の世論に反することは出来ないんじゃないでしょうか?増税なんて、世論に乗っかってたら未来永劫出来やしない。最も機を見るに敏な方の様ですので、政権奪取後、君子豹変する可能もあるとは思います。変なふうに豹変して独裁者にならないことを祈ります。

★増税の次は、ドラスティックな人口減、という中で、どのように、経済成長を成し遂げるか??しっかりと考えて欲しいものです。。日本の大きな弱点の一つはエネルギーですが、エネルギーに関しては、革命的な事が起こりうると思います。原子力については、そのリスクと限界がはっきりと認識されるようになり、少なくとも中長期的には減っていく方向に行くのは歴史の必然だと思います。メタンハイドレートが商業ベースにのるかどうか、期待したいと思います。日本には広大な排他的経済水域があります。今後、メタンハイドレートに限らず、海洋資源を目指して、海への進出がすすんでいくと思います。ここに、日本が大化けする可能性があると思います。海洋に関する技術も、進展して日本の強みになるかも。。。水素、もキーワードになるでしょう。。太陽光発電だけでは限界がありますが、今後、現在はガスから水素を分離して運転している家庭用燃料電池が、性能アップをし、家庭用蓄電池の性能の改善が進めば、太陽光と水素があれば、家庭で必要とする電気すべてを家庭でまかなえるようになるかも知れません。オール電化を推し進め、一大独占巨大企業と化した電力会社、まさかの敗北か??太陽光発電装置は、コモディティ化して、液晶テレビ並みに値段が下がるかも知れませんね。発電機は燃料電池車を活用する方法もありますし。。。エネルギー革命は、そこまで来ているのかも知れませんね。
posted by est at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする