2013年07月20日

本業と事業

★今年も暑い夏がやってきました。子供とセミ取りに行ったのが、つい昨日のように思えるのですが、あれは昨年の事でした。年齢を重ねると共に、月日がたつのは加速するものだ、と妙に実感する今日この頃。今日、1年ぶりに子供とセミ取りに行きました。30分で6匹。福岡では、セミを捕るのはたやすいもんです。虫かごで鳴いています。かわいそうだから、と逃がしてあげました。

★今年は、住宅ローンを借り換えた後は、ひたすら本業に専念していました。40歳台、というのは、まさに実働部隊の中核、です。更に、職種上、助っ人にも行けるので、希望すればバンバン働けます。働き、学び、経験を積み、、更に家族との時間を大切にし、仲間と飲みに出かけ、更には、、てな感じです。要は、ものすごく忙しくしていた、ということで、ある意味、いろいろな方面に感謝しなくてはなりません。。どうもありがとうございます。

★さて、私の個人的な生活史など、どうでも良いと思いますが、本題は、今後のインカムゲインの構築について、どうするか、ということ。これも今まで書いてきたとおり、今年は、借金を返済し、財務を改善する、というのが方針です。ただ、手元にキャッシュが貯まってきて、税金の額も大きくなりそうな状況で、なんとかしたい、と思うのは、私の悪い癖で。。

★太陽光発電で一括償却、なんて考えたわけですが、個人の不動産賃貸業では厳しいみたいですね。一括償却を抜きにしての事業としてみても、うーん、どうなんでしょうかね。損はしないまでも、、、という感じです。あ、損する見積書を平気で出される場合もありますが、これって一体??まあ、でも、あー、こんなもんかって、やり始めて5年後あたり、考えるんだろうなあ、と実感できて、気乗りがしなくなりました。

★一昔前の私なら、今のアベノミクス下の状況なら、株式投資にかかり切りになったかも知れません。7年程前、アパート経営を始めた頃の私なら、毎日、ふれんずやら健美家を眺めて、あれこれ資料請求したのかも知れません。今の私には、投資の種銭もあるし、アパート経営的にも、随分安定してきたのに、何となくそちらの方にエネルギーが向かないんですね。

★なぜなんだろう。考えて思うのは、株式投資ではリーマンショックの洗礼をもろに浴びたこと。アパート経営では、退去が続いて、入居がなかった場合の事をシビアに何度も考えたりしたこと。。要は、辛い経験が、経験値として私にブレーキをかけているんだろうな、と思います。売りアパート見てて、あー、これ買ったら、こうなるやろうなあ、とか、わかってきますもん。。

★では、株式投資はすべきではないのか?アパート経営はすべきではないのか?と考えると、そんなことはありません。株式の優待や配当にしろ、アパート経営での家賃収入にしろ、自分が働けなくなったとき、まさに半自動的に収入を産み出す、金の卵の様なものです。やはり、私は、一定規模のこれらを所有すべきだろう、と思います。

★個人個人の置かれている状況は、収入やら資産背景やら、全く異なります。無理のない程度に、徐々に拡大していけば、それで良いんじゃないか、と思います。まあ、本業に全力投球の年があっても、いいのかな、と思いますです。

★来年は、いよいよ法人化の年です。来年は事業の方でアクティブに動くことになるでしょう。今年は、やはり、事業的には、充電に専念するとしましょう。
posted by est at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アパート経営 | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

太陽光は甘くない

★まあ、今はやりの太陽光発電をやってみようと思ったわけですが。。。築古のアパートの屋根に乗せると、新品の太陽光発電装置と、築古アパートが一蓮托生になってしまいます。アパート売るときに、太陽好設備どうなるのって話になりそうで。。二束三文で手放すのか?価格転嫁が出来るのか?地震が来たとき、築古おんぼろアパートが、頭に重いもん乗せて耐えられるのか?いろいろ難しい。

★築浅不動産は、自宅と、管財物件ですが、あんまり気乗りがしません。建物が傷みそうで。。家内も大反対。

★そもそも、不動産賃貸業で青色申告しているって言っても、個人の場合、例の一括償却ができるのか?不動産賃貸業が主たる事業の場合、個人ではちょっと難しい、という記載がありました。現在税理士に確認中。肝は事業所得と認定されるのか?雑所得なら、損益通算が出来ず、自分に取っては全く無意味です。

★じゃあ、原野の土地を安値で買って、野立ての産業用太陽光発電ををやったら?ふつうなら、これ、事業でしょう。盗難保険もつけますけどね。ここまでしても雑所得になるん?

★で、見積もりを取ってみたら、20年間の投資額より、収入額が少ない、、見積もりが来た。なんなんだ。
一括償却して手元に一気にキャッシュが来ても、その後は同税率で取り返されてしまうわけだから、最終的には20年の総収入ー総投資額、で判断するでしょ?まさしく、朝三暮四で、だまされないぞよ。。

★すみません、酔っ払っているんで、まとまりがつきません。クリーン税制、個人でもOKと明記指定あるのですが、不動産事業者だと、クリーン税制、適応できないんでしょうか??
posted by est at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アパート経営 | 更新情報をチェックする