2016年01月31日

黒田バズーカを考える

★新聞などでは、黒田バズーカの評価が割れているようです。当然でしょう。

★たとえば不動産について考えてみましょう。不動産は額が大きいため、景気動向には大きな影響を与えます。アベノミクスで一部の不動産は価格が高騰し、バンバン新規物件が作られました。それで景気が良くなったって言われたんです。でも考えてみてください。すでに空き家が相当数あるのです。そして、人口はこれから減っていくのです。安部さんは移民政策は採らないと言っています。賃貸マーケットも圧倒的に借り手優位です。古い物件は敷金が取れなくなり、礼金も取れなくなり、福岡では家賃1万円台のアパートが普通に存在します。地方では売れない物件が出現していて、それがどんどん増えているのです。

★だれがどう見ても、どう考えても、どうしても、更にこれから不動産価格が上がるとは考えられません。どうして不動産価格に先高感を持てるでしょうか?持てるわけないでしょう。不動産投資家は当然のように今が売り時だ、と言っています。需要が供給にまさるから、物件が足りなくなるから、つまり先高感があるから、インフレになるんでしょ?インフレにしたい、という意図は理解出来ますが、でもこんな状況でインフレになるわけないでしょ?。(大きな災害があるなら別ですが)

★ここで更に金融緩和をしてお金をジャブジャブにしたから、更に物件がどんどん作られるのですか?不動産価格に先高感が出るのですか?せいぜい円の価値を毀損して一時的に円安になるのがせいぜいでしょう?

★もう金融緩和は限界でしょう。今回のバズーカも、多分効果はそう長続きしないでしょう。そりゃあ、国の膨大な借金をインフレで帳消しにしたい気持ちはわかりますが、それは無理だって、そろそろわかったんじゃないですか?むしろこれから世界的なデフレの時代になるんじゃないでしょうか?経済発展はしないまでもデフレと共存する方法を考えた方がいいんじゃないでしょうか?今年はやはり注意をしないと。。
posted by est at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

黒田バズーカ3発目、福岡1号満室、行書合格

★いろいろ忙しくて目が回っています。法人設立して、法人を安定軌道に乗せるための忙しさってのがあるわけです。ちょっとシニカルな表現かもしれませんが、他人のための忙しさと、自分の為の忙しさは、やっぱ違うな、と実感出来るわけです。エゴ丸出しですけど。。。自分の為、家族のため、少々忙しいのはへっちゃらです。といいつつも、体を大切にしなくては。。

★さて、まずアパートの方ですが、福岡1号にバタバタと入居が決まりまして、個人の分(福岡1号と戸建て)は満室となりました。法人の方ですが、管財物件は満室、北九州は来たるべき3月末のご卒業退去ラッシュに備えている所です。今年の入れ替わりは多い予定です。。頑張るぞ。

★行政書士試験は合格しました。今年は合格率が13%超えと、比較的受かりやすい年だったようです。でも合格は合格です。良かった。この資格は自己研鑽の為にとりましたが、今後法人業務とも絡めて労働安全衛生領域の資格を取得していく予定です。こちらも、、頑張るぞ。

★さて、黒田バズーカ第三弾は、なんとマイナス金利でした。アベノミクスがやばいところだったので、なりふり構わず来てますね。。ここまで円の価値を毀損しちゃって。。。マイナス金利なんてヨーロッパでも大して上手くいってないのでは??正直ここで緩和をやるとは思っておりませんでした。アベノミクスが躓きかけたタイミングで、甘利大臣が見せしめ的に葬られちゃったし、スマップやら石坂浩二やら見てても思うのですが、政治の世界も裏では相当ドロドロしてるんでしょうね。。。

★長期金利は急下落。銀行金利はマイナスにはしないでしょうが、ほぼゼロでしょうね。一般庶民は、タンスに寝かせる派と、株や不動産に投資する派に二極化する予感。。。銀行は日銀の当座に資金を寝かせるわけにも行かず、、、民間企業も設備投資をどんどんするわけもなく、、あふれ出た資金の矛先は株と不動産へ!!超超低金利で借金万歳状態となり、株価は上昇し、不動産への融資はユルユルになってどんどん不動産投資が活発になり、スッ高値で素人の方々が株や物件を購入し、、、行き着く先は?さて、どこでしょうか?

★といいますか、アベノミクスがスタートに戻り同じ事を繰り返すだけじゃないですか??黒田さん、、、、、日本潰す気ですか??インフレを目指すのはわかりますが、バブルを発生させちゃいけませんぜ。。。実体経済の方に回さないと、ってそれが難しいんでしょうが。。。

★世の中そんなに道理がわからない人ばかりではありません。一通りの熱狂の後はどうなるか?少し冷めた目で眺めてみたいです。


posted by est at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

甘利大臣追及を受ける

★まずはアパートの方ですが、福岡1号は、2戸空きで年を越し、1戸入居しました。あと1です。北九州は、4戸空き予定。1戸内定。ここは3月後半が勝負です!!管財物件は満室です。戸建ては引き続き入居中。先日の強風で福岡1号のアンテナが壊れたりしましたが、撤去してもらいました。細々したことはありますが、まずまず順調に運営出来ていることに感謝です。

★日経平均は398円安の16,017円でした。わずか2日で約1,000円の下落です。甘利大臣が国会で追及を受けています。彼はTPPのキーマンです。TPP反対派からの垂れ込みか?それともアベノミクス失敗とみた重鎮からの差し金か?詰め腹を切らされているのでしょうか?政権中枢が強い力を保持出来ていたなら押さえられていたはずです。真相の程はわかりませんが、嫌な感じを受けます。アベノミクスは円安、株高がキーポイントで、それで日本の景気を回復させて構造改革を行い持続的な成長につなぐ、というものでした。しかし、構造回復を行い持続的な成長につながるその前に、円安株高が失速してしまいました。高値で買いあさっていた年金資金はいったいいくら失われたのでしょうか?

★株価がここまで反発出来ないと言うことは、アベノミクスを失敗、と見ている輩が売り込んできているのでしょう。政権中枢からなんらアナウンスメントがないこと、とは何もいうことが出来ない、と言うことなのでしょうか?

★世界的な金余りが収束し、新興国や資源国が共に厳しくなっています。同時に日本もアベノミクスが頓挫するなら相当厳しくなるでしょう。昨年までとステージが変わったと認識すべきです。残されているのはさらなる金融緩和ですが、その効果が果たしてどれくらい持つのか??これから政治もきな臭くなりそうです。

★株についてはボラティリティが上がりますので、デイトレードや短期売買の方はチャンスでしょう。私は当分経過を見ます。宵越しの株は、買い売り共に持てませんです。。
posted by est at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

”がら”継続中

★本日の日経は632円安の16,416円でした。20,000円超えから、一挙によくぞ下げたものです。今日は反発の地合でしたから、ここでの大幅下落はチャート上痛いところです。とりあえずの底を抜けてしまいました。嫌な感じを持たれた方も多かったと思われます。

★政権中枢から何のアナウンスメントも出ないのはおかしいな、と思ってました。最もリーマンショックの時の与謝野大臣は、蜂の一刺しのようなもので日本経済にたいした影響はない、とのたまっていたわけですが。。。

★ここにきて甘利大臣にスキャンダルが出そうです。何でしょうね、この絶妙のタイミング。。結局の所アベノミクスは失敗に終わるのでしょうか?これから安倍政権は責任をとらされるのでしょうか?

★世界的な景気後退期に入るのはほぼ確定でしょう。どの程度のリセッションになるのか、注視が必要です。原油価格の低迷で、原油関連投資は多くが焦げ付くものと思われます。まずはロシアがやばいのでは?

★大概の場合、相場は行きすぎるものです。大底はまだまだこれからと思います。私は、現在ノーポジションですが、リーマンショック時は大きなポジションを抱えてのたうち回った口です。無理をせず、生き残りましょう。
posted by est at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

2016年初頭は、”がら”

★2016年は年明け早々、株価の大幅下落が続いています。日経は一旦17,000円を割り込んでの474円安。昨年の20,000円からはこれで概ね3,000円落ちています。これまで何度か見たことのある風景です。昨年来、何度か危ない場面はありましたし、未曾有の空売り比率から見ても、この場面は待っていた人にとっては、ようやく来たかというところでしょう。中国バブル崩壊、資源国バブル崩壊です。

★これが中国政府の言うソフトランディングで終わるのか?ハードランディングになるのか?したり顔で語るエコノミストの方々がおりますが、そんなもんあてにならないのは歴史が証明済みです。結論は、誰にもわからないのです。というか、ヘッジファンドやら政府系ファンドやら、あるいは中国政府やらが各相場参加者が全身全霊をもってガチバトルを行うのです。プロ野球の試合前に、この試合の勝者はどちらか、としたり顔で語ってもあまり役にたたないのと同じ事です。

★短期的には需給が優先します。投げるべき人が投げきったところが当面の底です。アベノミクスが始まって3年経過しました。これまでも急落は何度かありましたが、本格的な調整相場入りは初めてですので、しばらくは投げ続ける人が多いでしょう。

★さて、今回の急落ですが、私は陰謀話が嫌いではないので想像半分で書きますが、アメリカが周到に仕掛けた説に1票投じます。利上げをしたら新興国からドルが吸い上げられることはわかっていたことです。アメリカ産原油の輸出を解禁し、イランの経済制裁を解除すると原油がだぶつき、原油価格が急落することはわかっていたことです。中国が世界中で資源関連施設やらに投資していることも、ロシアが原油と天然ガス輸出に頼っていることもわかっていたことです。特に中国脅威論が増えていて、まもなくアメリカの覇権が地に落ちる、と強調されすぎていたのも気になりました。アメリカは、自国がある程度傷つくことも覚悟で、中国相手に経済戦争を挑んでいる、、ような気がします。人民元を売り崩しにかかっていますよね。中国からのキャピタルフライトを誘導しているのではないでしょうか?某中国のSさんも、脇が甘いというか、前近代的というか、権力闘争と自己の権威付けに執着するあまり、大局観とグローバルな視点を欠いていた、という気がしてなりません。人権に対する考え方や、周辺国への尊大な態度、金で覇権を得ようとすること見え見えの態度も不興をかったのでしょう。もう少し上手く立ち回れば今回の事態はもう少し防げたような気がします。。最も厚顔無恥なヨーロッパも、用が済めばサウジアラビアや中東を見捨ててしまうアメリカもどうか、と思いますが。。

★日経平均は、16,930円でダブルボトムを形成するのか、底抜けするのか、がとりあえずの見所ですが、どうでしょうか?私はいろいろ多忙を極めておりますので、とりあえず今は相場に参加しませんが、しばらくは相場の動向を追ってみたいと思っています。
posted by est at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする