2016年02月20日

大局観

★アベノミクス、黒田マジック共に先行きが怪しくなってきました。日本経済の真の浮上はいつなのでしょうか?日本経済の不振の根本的な所は、潜在成長率の低下にあります。人口減、社会保障費の増加、そしてのしかかる政府の巨額債務、というところでしょうか?

★アベノミクスについては、もともと輸出頼みの側面が強くありました。それが中国経済の不振に端を発して輸出効果が見込みづらくなってきました。中国に関しては、一度ドカンと大きく調整する必要があり、そのドカンが来ないと先に進めないように思います。そのため目先アベノミクスは頓挫するのでしょう。ただ、その後は、世界経済は再び成長を続けるでしょう。ドカンと大きく調整したところ、そこは買い場であるように思います。日本経済はこの調整を乗り越えることが出来れば、再び輸出で頑張っていけるのではないでしょうか?

★規制緩和と構造改革ももちろんアベノミクスの中核ですが、これは2000年以前からお題目のように唱えられてきたことで、電力自由化等、そこそこは進んではいるのでしょうが、なかなかドラスティックに、というわけにはいきません。しかしながらその数少ないドラスティックな構造改革がTPPでしょう。私も全貌がつかめていないのですが、これはものすごい規制緩和と構造改革だと思います。TPPが発効すれば、上手くいくと日本経済に劇的にプラスになると思います。一方、古い形の農業など既得権益に守られた分野は、TPPによって大きく毀損されると思います。結局の所、日本経済にどう働くのか??よく分からない面も大きいです。ただ、TPPに参加しない選択肢はないと思います。日本抜きで経済がブロック化されると、日本の輸出産業は、決定的なダメージを受けるでしょう。誤解を恐れずにいえば、江戸時代の鎖国に逆戻り、超縮小均衡型のどん詰まり経済に戻ることを余儀なくされるのではないでしょうか?

★最後に潜在成長率の低下について。人口減と社会保障費の増加が諸悪の根源であることは明らかです。消費税増税延期をしたって、それが根本的な解決にならないのは明らかです。根本的な解決策は人口増、ですが、日本国は、移民受け入れはしない方針です。確かに移民受け入れの行き着く先は、治安の悪化、社会安定性の低下、であることは今のヨーロッパが証明しています。移民を可とすべきか、不可とすべきか、は難しい問題ですが、受け入れない選択肢も理解は出来ます。では、移民を受け入れなければどうなるか?結局の所、人口のボリュームゾーンである団塊の世代後15年程度の世代が寿命を迎えるまで、そうして社会保障費の増加が止まるまで、は日本が厳しい時代となるのは避けられないように思います。巨額債務についてもなんとかプライマリーバランスをゼロに持ち込んで堪え忍んで、あとは今みたいに無理をしなくても自然にインフレが訪れれば、時間をかけて解決していくことが可能になるのではないでしょうか?そうなって初めて逆説的ですが若い世代に余裕が出て、再び人口が増え始める可能性もあるかもしれません。

★数十年後の日本がどういう姿になっているのか分かりませんが、国家の栄枯盛衰に関して、いつも良い時代が続くわけではないのは仕方がないと思います。これからもしばらくは厳しい時代なのでしょうが、未来の日本復活!を信じて、知恵を働かせてこの厳しい時代を生き抜いていくことが必要なのかな、と思います。
posted by est at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

賃貸経営繁忙期

★さて、賃貸経営も繁忙期を迎えています。福岡1号は、先日バタバタと入居が決まり、現状満室で推移しています。3月までまだ日があるのでどうなるのか分かりませんが、とりあえずホッとしています。管財物件は、昨年が入退去が特に多く苦労しました。今のところようやく満室になった、という所です。北九州は、卒業予定の学生さんが一人院に進学、とのことで、退去が一人減りました。現況空室2室で3月末に1室退去予定、ということになり、1室入居予約が入りましたので、差し引きあと2室、という所です。

★北九州物件は9年前に購入しました。もうそんなになるのか。。。で、退去のない部屋があと2室ありました。今年の1月、そのうちの1室が退去になりました。相当部屋が傷んでおりまして原状回復に相当かかりそうです。エアコンは10年で取り替えておりますが、この部屋は14年選手のエアコンだったので、交換です。また、この物件は家具家電付きとしておりまして、この部屋は一切ありませんので、取りそろえる必要があります。要は、結構な出費になりましたです。

★福岡1号、北九州物件は、今年で購入して満10年となります。15年ローンですので、あと5年踏ん張ればローンフリー物件となります。物件を売却するのが良いか、持ち続けるのが良いか、は永遠の?テーマですが、私の場合は、もはや築30年を超える築古物件であるので、最後まで持ち続けるのが良いかなと思っています。元利均等払いの場合、年々費用(損金)となる金利部分が減りますし、場合によっては減価償却も終了しますので、キャッシュフローは大きく減少し、ついにはデットクロスを呈することにもなります。個人経営での不動産賃貸業専業の場合、これは由々しき事態ですが、法人だったり他の所得がある場合は、打つ手はいろいろあります。

★今後買い場が来るのであれば、不動産も久しぶりに購入したいなと思っています。しかし、地方では、一度購入したら最後、二度と売れない不動産、永遠に固定資産税等払い続けなくてはならない底なし沼不動産、というものが今後出てくる可能性があります。怖いですね。。。まあ、地方でもそこそこの規模の都市で、場所と土地の形状や接道など間違えなければ大丈夫だとは思っておりますが。。
posted by est at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アパート経営 | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

原油生産調整とマイナス成長

★サウジアラビア、ロシア、カタール、ベネズエラの4カ国が原油の生産調整で合意。イランも話し合いへ、等々、原油価格安定の為の動きを評価してか、アメリカ、欧州は上昇しました。日経も1000円高超の日もあり、連れ高しています。先日発表のGDPは、予想されていたことではありますがマイナス成長です。

★北朝鮮が核実験、ミサイル発射を敢行した上に、韓国に対してテロを命じた、とか、中国が西沙諸島にミサイル、とかまあ物騒なことです。日本国内は相変わらず誰々が失言しただの、不倫しただの、自民党から続いてますね。。。

★見立ては何もかわりません。引き続き市場ウォッチング継続です。相変わらずボラティリティは高いので、短期の方以外は難しい相場です。
posted by est at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

アベノミクス失敗織込中

★今、為替は1ドル113円を割り込み、112円台に突入しています。115円が防衛ラインの様でしたから、割り込んでストップロスを巻き込んでいるのでしょう。アベノミクスは失敗しました。具体的にはインフレを起こすことに失敗しました。もともと黒田氏は、中国リスクをあげていました。また原油安によるインフレ率の低下も気にかけていました。双方が現実と化し、アベノミクスの原点であった株高円安が崩れてしまったのです。残念ながら日本経済はデフレに舞い戻ることでしょう。山高ければ谷深し。株価がどこまで落ちるのかは、予測は困難です。世界情勢とも関わりますが、アベノミクス開始前まで戻る可能性もないとは言えません。

★今後は政局になると思います。そもそも経済の司令塔であった甘利氏が切られたのも、アベノミクス失敗の詰め腹を切らされた、と思っています。安倍政権の足を引っ張る報道が急に増えてきました。今後いずれ安倍降ろしが始まることでしょう。黒田氏の首も安かろうはずはありません。

★リフレ政策が失敗したことにより、政府は政策転換を迫られます。世界的なデフレの時代、人口減少が続く日本は縮小均衡策をとらざるを得ません。歳出削減と増税路線に戻ることでしょう。

★世界的には、金融システムのリスク、ソブリンリスク共に高まります。ドイツ銀行が話題となっておりましたが、氷山の一角でしょう。どこかの国で金融システムの綻びが表に出れば、世界的な危機につながる可能性は高いです。ブラジル、ギリシャ、ロシア、トルコ、そして中国。中国のデフォルトはないでしょうが、ブラジル、ギリシャ、ロシアあたりはないとは言えないのでは?

★唯一の救いは、今回は、アメリカが比較的健在なことです。リーマンショックの時は、アメリカ自体が倒れるか、という恐怖がありました。今後の動向を注視していきますが、いよいよの時は、私は、株を買おうかと思っております。生き残っていきましょう。。
posted by est at 11:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

シャープと東芝

★長年日本の優良企業であり続けたシャープと東芝に落日が迫っています。ほんの数年前まで、シャープは世界最先端の液晶メーカーであることを謳歌し、アクオスブランドで液晶テレビの一時代を築き、そして新世代クリーンエネルギーの筆頭である太陽光発電事業に進出していました。まさに時流に乗った経営をしていた期待の企業が、何故このような事になったのでしょうか?

★直接の引き金は、リーマンショック時代に敢行された液晶工場への過剰投資、でしょう。液晶、太陽光パネルともすぐにキャッチアップできる装置です。円高と共に、他国の攻勢を受けると沈むのも早かった。もう少し経営を慎重にし、あるいは臨機応変に対応し、持てる先端技術の使い方を上手にしていたら。。トップに○○が、ピー。。(やっぱ、これ以上はブログには書けないや。。)
かつて電子手帳ザウルスで一世を風靡したんでしょ?安定して稼げる飯のたねを作り損なったとも言えるでしょう。シャープは宝の山を前にして、迷指揮官により自滅させられたとしか思えません。。。好きなメーカーだったのに。。。

★東芝は。。。不正経理ですよね。。社長達が妙な競争心を持ち、意地の張り合いだったとか。。。なんとお粗末なことか。。。もともと業績は厳しかった(から粉飾していた)のに、不正経理で信用失墜、顧客が逃げたこと。。。原子力子会社の減損処理もまだであって、実は結構厳しそうなこと。。。原子力で稼ごうと思ってたら、3.11でそれどころではなくなったのは、気の毒ではありますが。。。東芝は、解体ショーになるんでしょうか。確か粉飾決算で、銀行は助けられなかったのでしたっけ?すみません、よく知りませんが、サドンデスはやめて欲しいです、大混乱ですよ。それと、サザエさんはどうなるんでしょうか?それにしても、あの東芝が、、という思いです。家の家電製品東芝結構多いんです。

★いえね、諸外国との競争も厳しくなってきて、これだけの大企業も舵取りを誤るとあっという間に傾く時代です。中国経済が危ない、といいつつ、実は日本が一番危なかった、なんて洒落になりませんよね。。日本はこれから何で稼ぐのでしょうか?これがしっかり育てないといけないですよね。。インバウンドも良いけど、これだけではまだまだ力不足です。。医療の分野とか良いと思うんだけどな。大学1つ作っただけですか?アベノミクス3本めの矢、すなわち構造改革、というけど、何もかもが中途半端なんですよね。。

★個人的なことで言えば、不動産業は先日書きましたように、アベノミクスによるインフレ誘導は失敗すると思われますので、また長期値下がりの成熟産業となるでしょう。せめて資産価値の大幅な毀損はないようにして欲しい、と願うばかりです。
posted by est at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする