2008年11月29日

11月は、幾分落ち着いた?

★大波乱の展開となった、2008年の9月と10月。11月は、幾分落ち着きを取り戻しました。日経平均の月足でみれば、2003年5月大底、2007年6月まで上昇して、天井を打ち、そこからわずか1年4ヶ月で、2003年5月大底の水準まで崩落したことになります。

★週足で見れば、既に底値揉み合い鍛錬に入っているように思います。しばらくこの水準で揉み合ったあと、ゆっくりと上昇波動にはいるのではないか、と思っています。それがいつか、は、わかりませんけど。。

★11月は、株式は、とうとう何も購入しませんでした。長期的に見て、買って良い水準である、との考えは、変わっておりません。が、自分の資金力を考えた場合、最悪の展開になったときに生き残れなければいけないと思うのです。アパートの方もありますので。。目先は、アメリカビッグスリーの帰趨、そして、おそらく減収減益が相次ぐ、3月決算に向けて、中長期的2番底を叩かないのか??本当は買いたくて買いたくて仕方ないのですが。。。12月は、安いところがあれば、もしかしたら1,2銘柄購入するかも知れません。

★株式関連のニュースは、次々と出てきています。100年に1度といわれる金融危機の移り変わりを、記録していきたいと思っているのですけど、なかなかどうして時間が取れない。

★目先、不動産関連最大の焦点であった、パシフィックホールディングスですが、中国資本に対しての第三者割り当て増資が決まり、救われました。良かったですね。関連REITの日本コマーシャル、日本レジデンシャルともども、ストップ高でほっと一息。安堵感が広がりました。

★一方、11月27日、ビライフ投資法人が、メインスポンサーが、モリモトから、大和ハウス工業に移ることが決定しました。モリモトは、福岡市でも、クイズモール博多を作るなど、ちょっとお洒落なイメージがあります。しかし、このニュースを聞いたとき、リプラスリートのスポンサーが、アップルリンゴに移ったときのことを思い出しました。(スキームは異なりますが)まさか、やばいんじゃ?と思った翌日、案の定、モリモトが民事再生法を申請。クイズモールって、今年の3月に出来たばっかしで、勢いのある会社だと思っていたのですが。。。

★他に気になったニュースは、サイゼリアが、為替スワップで140億円の損、だそうで、株価は暴落。総資産の約四分の一をすっ飛ばすと、そりゃやばいでしょう。私も、このブログで晒しているとおりの負け具合ですが、今年は、株もFXも、世界的に多くの人や企業が、辛い目に遭っているのでしょう。でもね、頑張りましょう。生き残っていれば、きっと良いことありますって。


posted by est at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。