2009年05月08日

日経平均9,000円回復

★GW明け、ついに日経平均は、これまでの上値抵抗線であった、9,000円を明確に上抜けました。今後、今度は9,000円が頑強な下値抵抗線になると思います。2008年10月15日の9,601円、11月5日の9,521円、この9,500円~9,600円ラインがとりあえずの上値でしょうか?

★もみ合っての上っぱなれ、ですから、相場が本当に強ければ、3回窓を開けて(いわゆる3空)、10,000円ライン程度まで一旦到達した後、反落してもおかしくはない図、です。メガバンクもついに同意ついてきましたし。ただ、今すぐ選挙、と言うわけでもなさそうですし、今の日経にそこまで期待するのは難しいでしょうね。常識的な線は、これまでの8,000円台のボックス相場が、9,000円台に切り上がった、と言うところでしょうか?現在、ニューヨークダウは、80ドルほど下げていますが、日経も今後調整に入っても、多分、9,000円付近では、かなりの抵抗を示すと思います。次の買い場は、そこでしょう。。

★100年に一度と言われる、金融危機が何れ回復に向かえば、日経もニューヨークダウも、10,000円を超えていくのは明らかでしょう。それが、1ヶ月後か、1年後か、3年後か、というのがわからないのであって、時間を見方につけることができる個人投資家は、別にそれがわからなくても良いのだと思います。それを待つ信念と忍耐力、そして、決定的には時間的なゆとりがあれば、今までの、そして、今の水準で株を買い、ホールドしておくのは、理にかなっている、と思います。

★後は、誰でも儲かる、うはうは相場が来たときに、すべてを売り払うことのできる勇気。。。多分日経が1万円後半から2万円に届こうとするときに、数十年分のインカムゲインを一度に得て、その上で、すべての株を売り払えれば、今回のミッションは成功なのだ、と思っています。
posted by est at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック