2014年01月26日

弥生と格闘

★弥生と格闘、といっても、平成25年度の申告書は出来ています。いま格闘しているのは、平成26年度版。つまり、今年の12月分までの賃料や経費の予想金額をすべて入力し、税額の概算を出していたのです。資本的支出にならない、一括償却できる工事、一番いいのは外壁塗装でしょう。以前と同じ工法で、グレードアップをしなければ、一括償却できるはずです。退去予定部屋の原状回復費、その他諸々駆使すれば、なんと、今年の黒字も、たいした金額にはならないかも、です。と言うことは、、法人化は来年でもよいのかも。。。

★私は、給与所得がそこそこあるので、とにかく不動産所得分の所得税をゼロにすることを目指してきました。そして、おおむね達成してきたのです。一番効いていたのは、築古木造福岡1号の減価償却費。しかし、昨年で減価償却し終わってしまいました。このままでは、不動産所得分の所得税納税の必要が出てきそうなので、法人化を考えたわけです。さっさとやっちゃってもいいのですが、出来るだけ資本金を多く(といっても1000万以下)入れたいのです。その方が、決算書、様になるでしょ?今後規模を拡大するつもりはあるので、決算書きれいにしておきたい。なら、もう少し資金が貯まる来年でもいいかな、と、ちらっと思いました。でも早く法人化して、さらなる節税を駆使したい気もあって、どうしようかなあ。

★あれだけ、今年は法人化と言っておきながら、と言う気持ちもありますが、もう少しシュミレートしてみたいです。そこそこ規模があれば、不動産賃貸業は税金との戦いです。ものすごーくぶっちゃけて言えば、規模の大きな方が、返済比率50%以下で安心です、といってても、税金50%とられると、実はあっぷあっぷですからね。。税金が払えなくて跳んだ人、多いです。恐るべし日本の税制、です。負けないようにしなくては。。。
posted by est at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386115970

この記事へのトラックバック