2014年03月02日

繁忙期 in 2014 その2

★繁忙期も山場を超えました。一昨年は怒濤の退去ラッシュ、昨年は、全くの無風、今年は、福岡1号が昨年からの繰り越しも含め2件の空室、北九州が1件の空室、計3件の退去でした。入居状況は、3件とも申し込みが入っており、現状満室の予定と相成りました。ありがたいことです。2月中旬以降、いろいろ積極的に動いたのがよかったのでしょう。築古狭小でも戦えるノウハウが、自分なりにだいぶ蓄積できたように思います。昨年は、4月になってから、ポチポチと退去が有りましたが、さて、今年はどうでしょうか?

★平成26年3月、それは、福岡1号を平成18年9月に購入して、7年半たった時期です。私、アパートは15年ローンなので、まさしく、折り返し地点、なんですね。私、RCに手を出したことはないですが、RCは、売り逃げることが最重要と思っております。木造については、耐用年数の短さから、価値の減損が急激すぎて、売り時が難しいなあ、と思いますが、新築で買って築10年あたりか、あるいは17,8年あたりが、総合的にみて、まあ売り時なのか、と思います。私、築18年で利益確定物件を購入してしまった口です。あの頃は若かった??

★木造の場合は、土地値で価値の減損が止まりますし、手入れ次第で建物の状況はずいぶんと変わるものですから、築古でも手入れがいいと、ものすごく高収益も狙えます。とことんつきあうのもよいのかな、と思っております。ただ、RCでは、、かかるお金が半端ない気が。。。

★さて福岡1号、北九州の今後ですが、法人に移して、まだまだとことんつきあっていこうと思っております。完済まであと7年半。いよいよ後半戦です。
posted by est at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック