2015年04月17日

春はいつまで?

★平成27年も、気がつけばもう4月です。不動産賃貸業も開始して9年めです。昨今のあまりの物件の高騰ぶりに、こんな事なら無理してでももっと買っておけば良かったなあ、との思いもないわけではありません。でも、あの時点でアベノミクスの成功を確信できたわけもなく、それはそれで私にとってはさらなる大きなリスクテイクであったわけで、結果論に過ぎません。まあ、大こけしない程度にやれればいいや、という想いでやっていきたいと思います。

★今年の繁忙期は、福岡1号が3戸空き、北九州が3戸空き、管財物件が1戸空き、もう1戸空き予定。管財物件の1戸空き予定以外は、すべて入居が決まりました。ありがたいことです。福岡1号と北九州は、ローン返済があと6年少々。売却のお誘いは受けますけれども、資金繰りに困っているわけでもなく、売ってしまってもそれで高値の部件を購入したりする気にもなれず、ローン完済まで頑張って持ち続けようと思います。夏までには、法人に建物のみ移すことになるでしょう。

★さて、中国の景気は減速しています。このまま更に減速すれば、世界経済も大きな影響を受けてしまいます。中国AIIBを打ち出したのは、この対策も兼ねているのでしょう。シルクロード構想などといって、内陸部まで他国の資本金を使って、主に中国企業に?開発させ、景気の下支えをする気、なんでしょうね。。うまく行くのかどうか、ホントわかりませんが、ようやりますね。

★結局、アベノミクスがどうなるのか、世界経済がどうなるのか?それを見極めるのが難しいです。。それと、今物件を買っているのは相続対策の人も多いと思いますけど、それらが一巡したらどうなるのか?買えない、買えない、といったらいつまでも買えない、と言いますけど、今はお金持ちの人が資産防衛の為に買う時期であって、インカムゲインで回していこうとする自分のような人には手が出せない市場です。買えない、そして、売る必然性は今のところはない、となれば、模様眺めするしかないですね。。相変わらず代わり映えしませんが、不動産賃貸業は自分の人生の中の、1つのピースとしてやっていきたいと思います。
posted by est at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アパート経営 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック