2016年10月20日

売物件情報

★先日書いたとおり、福岡1号を売却いたしました。それだからなのか何なのか、幾つかの売物件情報をいただきました。築古から新築まで。。。手元にキャッシュがあるから、よさげな物を一つ買いました。。。

★んなわけないです。。ない、ない、ない。買っていません。福岡1号からさほど離れていない地域は、福岡市内でも有数の激戦区。近未来の日本の都市部で繰り広げられる光景を、早見ることの出来る先進地域です。。

★10年前、3万円を切る家賃はあまり見かけませんでした。しかし、今では、家賃1万円を切り、共益費を合わせて何とか1万円前半、というアパートもあります。家賃一万円台はもはや”当たり前”です。もちろん築古狭小でも、福岡1号みたいに、キチンと手を入れ修繕し、設備を整えてサービス品を着けることでそれなりに戦っている物件もあります。ただ、正直それでも年々客付けに苦労するようにはなっていました。今年の春満室となり、売却まで満室のまま推移したことは本当にラッキーでした。

★築古の物件はこれからどんどん増えてきます。一方で新築もバンバン建っています。収益物件の家賃には、途方もない下方圧力(=デフレ圧力)が加わり続けている、と言えるでしょう。日銀がマイナス金利にしたって、結局行き場のなくなったマネーが、収益物件に流れ込んで資産バブルを形成するだけで、賃貸市況改善にはほとんど役立っていない。資産バブルも結局いつかはじけて、歴史が繰り返される、、ただそれだけのことです。

★不労所得、アーリーリタイヤ。心地よい言葉に騙されて上手くいくほどこの世界は甘くありません。私が福岡1号でそれなりにキャッシュを残せたのは、運も良かったのだと思います。(努力もあるけど)。特にこれから10年、賃貸市況は相当苦しくなると思います。。

★福岡1号で上手くいった、と言いつつ、不動産投資を否定するのは、矛盾するような気もしますけど、やはり、強調しておきたいです。不動産投資は、これから更にとても厳しい。安易に飛び込むのは非常に危険。

★やる以上は、無借金の目処を立てることでしょうかね。。不動産賃貸業をどうしてもやるのなら、本業や別事業と組み合わせてやるのが理想だと思っています。
posted by est at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アパート経営 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442976244

この記事へのトラックバック