2017年03月20日

新築ワンルームから、収益1棟物へ

★10年程前、不動産投資で失敗した、という方は、大多数が新築ワンルームマンション投資でした。騙された、という表現が適当かどうかはわかりませんが、これは儲からない、と気が付くまでに時間がかかります。その間は、北斗の拳の技のごとく、おまえは既に○○いる!という状態なのに、それに気が付かない期間があります。でもいつか皆気が付くんですね。。いろんな情報を発信していた方がパタッと止むのはそういう時だと思います。

★最近は、そうやって、あちゃーやっちゃった!という人に、"そうですよね、利益の出る不動産投資ってのは新築ワンルームじゃないんですよ、ようやく気が付かれましたか、実は1棟物への投資こそ、利益の出る不動産投資なんです。今から挽回しませんか?"と言って、駄目物件の巨艦1棟物を嵌め込んでしまう(何処までが嵌め込みか??難しいところはありますが)業者が存在するようです。地方の築古(一見)高利回りRC物件を嵌め込む事例が多いそうな。。。給与所得から借入出来る金額をはじき出し、限界まで買わせられるという、まさに骨の髄までしゃぶられる。。皆が皆というわけではないですが、不動産業界なんてそういうもんだ、と思ってます。

★まあ、地方でも中心に、RC物件でも明らかに利益が出にくくなった、と言うことが根底にあるんでしょう。いわば嵌め込まないと売れない物件が増えてきた、と言いますか。。売り手から見て、出口戦略は、結局こういうやり方をしないといけない、となると、何だかなあ、と思います。まあなかには、物件はともかくその土地が欲しかったり、一気呵成の減価償却ねらいで当面のもうけが出なくともOK、という買い手もいるんでしょうが。。売り手の立場からすると、この物件、こんな価格で買っても絶対儲かりませんよ、とわかってて素人の人に売却するんですから、気持ち良くありません。(なんなら売らないでおけば?と言われるとそれはそれで困るのですが)。。いくら社会的地位が高かろうと、実践的知識が豊富な百戦錬磨の営業マンの前ではかもねぎでしかありません。。

★最近身の回りで見聞きしたことから。。自分の大切な人だったら命がけで説得しますが、そう深い関係の人出なかったら、もう、結末は見えますけどほっておきます。よかれと思って説得しても恨みかうだけですもん。不動産に関する相場観と言いますか、きちんとした正しい判断基準を持つ事は絶対に必要です。努々失敗なさらぬよう。。

posted by est at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アパート経営 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448167777

この記事へのトラックバック