2018年03月21日

優待クロス取りについて

★株主優待品を現金価値に換算して、1%を上回れば御の字でしょう。例えば10万円の株で1000円のクオカードがもらえればまあよし、という考えです。

★今回私は、結局1800万円を証券会社に分散して移し、クロス取引を行いました。この金額の1%は18万円です。ここから売買手数料と貸株料金を支払わなくてはなりません。実質の利益は、、、まあ二桁いけばよし、ですかね。。手間と時間をかけてこの利益額をどう考えるか。。人によって異なるでしょう。

★1年で一番優待の多い3月でもこうですから、他の月はもっと利益は少なくなります。。投資金額をもっと増やせば、という考えもありますが、例えば100株で1000円のクオカードがもらえたとして、1000株では、10倍の10000円のクオカードとはならず2000円のクオカード、程度の設定の事が多いです。大口投資が不利なんですね。。

★株主優待クロス取引は、利益の規模的には、納税の一部をふるさと納税にして優待品をもらう、そんな感じの取引になるような印象です。
posted by est at 00:32| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください