2018年11月15日

2018年11月概況

★備忘録のようなものです。。。

★不動産については、この2年間で福岡1号、戸建を売却し、現在は管財物件と北九州物件の2つを所有しています。管財物件と北九州物件は、建物のみ法人所有としています。土地は個人のままですが、土地については無借金。ローンは全て建物に残っておりますが、北九州物件はローン残高が400万を切っており、いつでも一括返済可能な状況です。平成32年、固定金利期間が終わるタイミングで残額一括返済予定です。管財物件は1千万超残債があります。

★稼働状況は、管財物件は2年超満室でしたが10月で1室退去。現在募集中です。北九州物件は現況満室。今年は4月以降2戸の退去が出ましたが、いずれもすぐに埋まりました。大学生協から斡旋の留学生の方を受け入れるようにしたのが今年の特徴です。詳しくは省きますが、こちらからの入居条件として、静かに暮らすこと。守れなければ退去をお願いすることもあると大学生協に伝えてもらいました。どこまで有効かわかりませんが、当然この地域も激戦区なので、引受先はあると思われます。

★不動産賃貸業については、まだまだ次物件を購入せず様子を見ます。戦後最長と言われる(これでも)好景気はまもなく終わるでしょう。景気後退になったとき、不動産市況はこんなもんじゃないでしょう。数億円もする物件が半値以下になることなんて珍しくもなんともない、というのが地方物件です。修羅場を知らない人が多すぎます。

★さて株ですが、やはりドスン、もみもみの繰り返しでしょう。平均コスト22,000円ちょい上で日経平均インバースETFを購入(=日経売り)で放置です。空売りが多く入っていますので、時々急騰はあるでしょうが、基本下向きの認識です。株主優待つなぎ売りのコストを捻出しプラスアルファのお小遣いが得られればいいや、という感じです。

★さて、2019年はいろいろと忙しくなりそうです。
posted by est at 09:50| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください