2018年12月16日

今やっていること

★今やっているのは、株主優待投資システムの構築です。とにかく時間が足りないので、なるべくカンタンに、つなぎ売りをして利益を得られる銘柄をサーチできるように、エクセルで作成しています。優待銘柄は頻繁に変更があるので、これまでみたいにその月の優待一覧を印刷して吟味するのは時間がもったいない。エクセルからその月の優待一覧を抽出して、サクッとつなぎ売りをするのに適しているかどうか、一般信用売りに対応している証券会社で扱っているところがどこか見ることが出来るようにする予定です。実際に優待を受け取ったか、ヤフオクで売却したか、自己使用したか、その会社の店舗が自分の住んでいる県にあるか、感想などもどんどん書き込んでいけるようにしています。

★しかし、SBIにしろ楽天にしろ、GMOにしろ。。。19時にヨーイドンで早取りシステムって、まるで椅子取りゲームじゃないですか。。あまりにアナログすぎて涙が出ます。。。まだカブドットコムの抽選システムの方が納得できますって、言いたいけど、ここの抽選システムいろいろ裏がありそうで。。。まあいずれにしろ、抽選の方が自分はいいなと思います。

★ダブルインバースETFの方は、大分調子が出てきました。これって、自分が上達してのか?と問われればそうではありません。節目で売ってもこれまではそこを破られて踏み上げられていた、それが今はきっちり節目で落ちていきます。つまり、環境の方が変わったということ、すなわちダウントレンドになったからと考えています。前回の景気後退局面では、リーマンショックの影響もあって、日経平均は7000円割れまでいきました。今回はさすがにそれはないと思いますが。。

★アメリカの金利の上昇は一服しそうです。ただ、中国封じ込めが鮮明となってきました。HUAWEIの機器を使うな、って、日本に例えれば、トヨタの自動車を買うな、ぐらいのインパクトはあります。中国が必死になるのもわかりますが。。鄧小平をないがしろにし、韜光養晦のスタンスを破ったのが早すぎたのでしょうね。。アメリカの本性を軽く見ていた、今のトップの判断ミスじゃないかと思います。正直言って今のトップの業績って自身に権力を集中させた以外、あまりないんじゃないですか?彼の続投はないと思います。。さておき、中国が傾くと日本も無傷じゃすみません。結構一蓮托生となってしまっている部分が多いのです。いずれ中国依存度をさげてTPPへ軸足を移していくと思いますが、それまでの間、やはり日本経済も激震に見舞われるのではないでしょうか?となると、やはり基本は売りスタンス。変更なしです。

★週明けは、21200円どころの攻防から。素直にドスンと落ちるか、更に一回跳ねて落ちるかわかりませんが、どちらにしろいずれ下、とりあえず今週購入したダブルインバースETFはそのまま経過を見たいところです。あ、そうそう、自分が購入しているダブルインバースは楽天が作ったものです。楽天証券で売買すると、何と売買手数料が無料になります。信用取引でもそうです。デイトレはもちろん、スウィングトレードでもかなりお得ですよ。


posted by est at 00:59| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。