2018年08月15日

トルコリラ安

★アメリカ利上げが新興国の通貨安につながりそれが株安につながると思っておりました。ようやくその方向に向かいつつあるようですが、昨日は怒濤の株高!!

★買い方も売り方も上がったり下がったり相当振り回される相場です。相場というものはそうそうカンタンに利益をあげることは出来ないな、とあらためて実感している次第です。デイトレードをやるか、そうでなければ買いにしろ売りにしろ数ヶ月単位でほったらかしにするか。。。

★私は現在売り方ですが、売り方ってなんかブログを書きづらいなと思います。やはり買い方が多数派だと思うので。。。
posted by est at 22:14| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

売り乗せ

★6月、7月と優待株がなかなかクロスできませんでした。SBIも楽天も19時にスタンバイしておかないと一般売りの在庫がありません。。スタンバイしていてもどうだか。。。

★楽天225ダブルベアの方も、少しずつ買い乗せ(=日経平均売り)。今日も買って、この辺で辞めときます。あとは様子見。。。
posted by est at 11:02| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

日経22,000円の節を割る

★今日は世界的に株価が下がったようです。ようやく、日経平均はようやく想定していた22,000円の節割れを呈して、日経インデックス売り(楽天225ダブルベア購入)もようやくプラテンしました。明日、今日のチャートを包むか孕むかしての大陽線出ない限り、テクニカル的にもしばらくダウントレンドでしょうか?

★株主優待クロス取引の手数料稼ぎとしての、小規模キャピタルゲイン狙いの投資です。数ヶ月のスウィングトレード(基本ほったらかし)を想定しています。ただ、今は毎日山のように優待関連の郵便物が届いており、うれしい反面、これってすごく手間が掛かるんじゃね?と思いつつあります。
posted by est at 23:00| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

株式:アメリカと中国の同時下落

★トランプさんの言動で、アメリカと中国の株式市場が下落しています。といいましてもそれは後付けの理論で、根本はアメリカの景気過熱→利上げ→債券高→株下落という一連の流れでしかありません。ドルに資金が向かいますので、新興国の通貨は下落します。中国の元も下落しますが、ある程度当局は容認しているようです。円はゼロ金利なので下がるはずですが、安全通貨としての資金の逃避先としての需要がありますからドルに対してそれほど下がらないです。

★中期的にみてアメリカや新興国の株は下がる、引きずられて日経も下がる、と見ているわけです。日経はアメリカや中国の株価に比べて粘っておりましたが、さてどうなりますか。。。
posted by est at 23:34| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

クロス取引 2018年6月優待

2018年6月の株主優待取得用クロス取引
SBI証券分

3085 ALサービスHD 200
3975 AOI TYO HD 500
5819 カナレ電気       100
5959 岡部          100
6785 鈴木 100
7936 アシックス       100
7962 キングジム       100
8179 ロイヤルHD       500
9449 GMO 100

楽天証券分
2418 ツカダ・グローバルHOLD 200
3154 メディアホールディングス 100
8165 千趣会 1000
9722 藤田観光 300

他に欲しいのもあったのですが、取得できません。一般信用売りが出てこないんです。。
参加者が増えて、クロス取引自体の難易度が上がってきているような印象を受けます。

posted by est at 00:37| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

2018年5月末

★今日で法人の第3期が終わります。早いものです。不動産賃貸業とコンサルティング料の収益がちょうど半々くらいになりました。特にコンサルティングの方は3年かけて規模を拡大してきましたが、労働集約型産業であり、勤務業がある以上これ以上は無理。今くらいの規模で維持していこうと思います。

★不動産は、管財物件と北九州物件を所有しています。あれほど移り変わりが激しかった管財物件はこの1年半ほど無風満室状態。一方北九州物件はこれまで満室優等生でしたが、この春は卒業後の空室を埋め切れず1戸空きが残りました。更に家賃滞納→保証会社が立ち退き訴訟を起こすとの流れで滞納者に弁護氏名で通知したところであわてて退去。家賃保証会社のおかげで実損はなかったもののこの時期に空室が出るのは痛いです。どうもこの1,2年、以前は瞬殺だった北九州物件の入居が時間を要するようになっている気がします。。さてどうするか。。

★収益物件相場は、福岡は今だ強気の売り物件もみられるものの、下落傾向ははっきりしてきたような気がします。でもまだ管財物件を購入した時のようなバーゲンセール状態からはほど遠い。。かぼちゃ、スルガショックの加わってどうなりますか。。

★株の方は、、日経ETFを計100万程売り立てたら(=ダブルインバース型の購入)、早速踏み上げられています。この1週間でようやく息を吹き返してきた感がありますが。。やっぱ下手くそっす。。でも今年は売り時という判断は変わりませんです、はい。

★3月優待株の株主総会案内が届き始めました。3月はかなりつなぎましたもんね。。4月は動かず。5月はサカタのタネ300株のみ権利を取りました。まあ、チューリップやらの球根をもらって、自宅と管財物件の花壇に植えますわ。ちなみにチューリップは満開日数があまり長くないのでアパート花壇にはあまりお勧めしません。内見者が多い1~2月に咲く花で花期のながいものがベストです。定番ですが、プリムラジュリアン、パンジービオラ、ガーデンシクラメンが無難です。福岡1号はプランターをいっぱい並べていて、ガーデン作業人みたいになっていたものですが。。。売却してしまった福岡1号は今どうなっているのかな??
posted by est at 23:23| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

くじらが泳ぐ

★楽天225ダブルベアETFを買い増しました。私にはくじらが頑張っているようにしか見えないのですが。現政権が行き詰まったらどうなるのでしょうか?
posted by est at 12:37| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

1459 楽天225ダブルベア

★日経ダブルインバース型ETFとして、1459 楽天225ダブルベアETFを購入しました。ニューヨークが400ドル超の爆上げとのことで、寄付成行買(=2倍の変動幅で指数売りと同じ事)をしました。寄付くらいは上げるだろうと思っておりましたが、あまり反応しなかったようで、そんなに安く買えませんでした。。

★これから数回に分けて購入していきます。いろいろ考えましたが、キャピタル狙いの株式投資は、数日から数ヶ月スパンで、上限を200万程度とし、基本的には株主優待クロス取引の手数料分の埋め合わせ+お小遣い、狙いとすることとします。

posted by est at 15:09| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

日経ダブルインバース型ETF

★日経ダブルインバース型ETFを数回にわけて購入することにしています。米中の貿易戦争の件で、暴落があったり踏み上げがあったり材料には事欠きません。今後ももう少し2転3転することになると思いますが、高いところは売りで臨みます。それよりも安部さん叩き、、、まあ日本国の中枢部(官邸ではない)が政権を見限ったときに出る手法です。アベノミクスが頓挫すれば、、今年前半でどこかで一度株は落ちるような気がします。

★相場観を取り戻さなくては。。。偉そうに言っていますが、私は、リーマンショック後の日経最安値(1万円を大きく割れていました)のその瞬間を、パンパンに膨らんだ買いポジで通過した人間ですから、あてにしないようにしたくださいねー。2008年10月の記事に書いてますが、これまでの人生の中で、東日本大震災での原子炉制御不能の時に次いで、2番目に心底恐怖を感じたのがこの時でした。では。
posted by est at 23:10| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

4月の株式投資

★3月の優待クロスは、結構な手間と時間を要しました。まあ初めてだったと言うこともありますが。。来年以降もしやるとすればもう少しスマートにやれると思います。SBI証券と楽天証券の19時争奪戦はなかなか大変ですが。しばらくの期間19時にはパソコンの前にいないといけないですからね。。

★さて4月ですが、優待クロスはおそらくしないか、やっても1,2銘柄に留まると思います。銘柄自体少ないですし、魅力的なものも少ないですし。

★そんなことより、2月初旬の暴落を先行指標と見て、その後の諸般の状況を鑑みますと、株は売り、と思っています。以前は、というか15年以上前になりますかね、林輝太郎先生に感銘を受け、大型株 ”鉄” (当時は新日鉄)を空売ったりしていました。随分儲けさせてもらったのですが、小泉改革で踏み上げられて利益の数割を溶かしてしまい、以降原則空売りは封印しておりました。(暴落も怖いですが踏み上げは怖いですよ。上限なしですから)

★今は空売りしなくても、日経ベアETFを購入すればいいだけですから、便利な世の中になったものです。優待クロスには1500万以上のキャッシュを準備しましたが、ベア型ETFは上限を数百万として、高いところを分散して買っていくようにしました。

★北朝鮮情勢がどうなるかわかりませんが、ポジティブな材料が出て高いところがあれば、むしろ絶好の売り場かな、と思っています。

★まだまだ一直線には下げないとは思いますが、勝負!です。(のめり込まないように自制しつつ。。)
posted by est at 11:54| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

クロス取引 松井証券と楽天証券 2018年確定版

★松井証券のクロス分です。下記2銘柄です。

5976 高周波熱錬
8591 オリックス

★楽天証券のクロス分です。

1726 ビーアールホールディングス
2376 サイネックス
2599 ジャパンフーズ
2764 ひらまつ
3079 ディーブイエックス
3132 マクニカ富士エレクトロニクス
3658 イーブックイニシアティブ
4275 カーリット
4636 T&KTOKA
4678 秀英予備校
4718 早稲田アカデミー
5273 三谷セキサン
5445 東京鐵鋼
5989 エイチワン
6238 フリュー
6294 オカダアイヨン
6820 アイコム
7212 エフテック
7277 TBK
7482 シモジマ
7510 たけびし
7775 大研医器
7864 フジシールインターナショナル
7868 廣済堂
8159 立花エレテック
8897 タカラレーベン
9380 東海運
9619 イチネンホールディングス
9995 ルネサスイーストン

以上です。

posted by est at 11:15| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

クロス取引 SBI証券 2018年最終確定

★3月優待取得の為のクロス取引を進めています。
証券会社は、SBI、松井、カブドットコム、と書きました。これに付け加えて楽天と、4口座体制です。

★SBIと楽天は開設済みでした。松井は新規開設。カブドットコムも開設したのですが、どうやら13年前に口座を開いていたらしくて、そのお知らせメールを読み飛ばしてしまい、なかなか口座が開かないなあ、と待ちぼうけを喰ってしまいました。

★今日カブドットコム証券に連絡を取って初めてその事実を知りました。まずは住所変更をしてください、と言われ、それからIDの通知となるようで、、3月のクロス取引には間に合わないかな。。

★まず1株のみ取得。現物買いのみ。SBI証券
6504 富士電機
8173 上新電気

★さてクロス取引ですが、すべて一般信用売りを使い、制度信用は使用しておりません。

★SBI証券
1976 明星工業
2664 カワチ薬品 (3/15)
2676 高千穂交
2730 エディオン
3099 三越伊勢丹
3205 ダイドーリミテッド
3254 プレサンス
3258 ユニゾHD
3738 ティーガイア (優待変更?失敗?)
4611 大日塗料
5185 フコク
6750 エレコム
7164 全国保証
7239 タチエス
7256 河西工
7416 はるやまHD
7438 コンドーテック
7456 松田産
7550 ゼンショーHD 500株
7937 ツツミ
7942 JSP
8081 カナデン
8160 木曽路 1000株
8214 AOKIホールディングス
8291 日産東HD
8425 興銀リース
8566 リコーリース
8848 レオパレス21
9887 松屋フーズ
9142 JR九州 1000株
9319 中央倉庫
9324 安田倉庫
9368 キムラユニティー

取得を狙ったが駄目だったもの(次回重点)(SBI取扱い外含む)
1420 サンヨーホームズ
1780 ヤマウラ
2378 ルネサンス
3166 OCHIホールディングス
3178 チムニー
3640 電算
4801 セントラルスポーツ
5456 朝日工業
6059 ウチヤマホールでイングス
7215 ファルテック
7506 ハウスオブローゼ
7524 マルシェ
8742 小林洋行
9850 グルメ杵屋

SBI証券分だけでこれだけ購入しました。と言っても一般信用売りでつないでいるので、実質的には、取引手数料と貸株料を支払ってはいますが、お金を右から左へ動かしただけなのですが。。
欲しかったのに買えなかった株は、19時のSBI証券、楽天証券の争奪戦に敗れてしまったものです。来年はこれを参考に優先的に取得しようと思います。。。














posted by est at 01:12| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

優待クロス取りについて

★株主優待品を現金価値に換算して、1%を上回れば御の字でしょう。例えば10万円の株で1000円のクオカードがもらえればまあよし、という考えです。

★今回私は、結局1800万円を証券会社に分散して移し、クロス取引を行いました。この金額の1%は18万円です。ここから売買手数料と貸株料金を支払わなくてはなりません。実質の利益は、、、まあ二桁いけばよし、ですかね。。手間と時間をかけてこの利益額をどう考えるか。。人によって異なるでしょう。

★1年で一番優待の多い3月でもこうですから、他の月はもっと利益は少なくなります。。投資金額をもっと増やせば、という考えもありますが、例えば100株で1000円のクオカードがもらえたとして、1000株では、10倍の10000円のクオカードとはならず2000円のクオカード、程度の設定の事が多いです。大口投資が不利なんですね。。

★株主優待クロス取引は、利益の規模的には、納税の一部をふるさと納税にして優待品をもらう、そんな感じの取引になるような印象です。
posted by est at 00:32| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

仕組み作り

★株式投資といいますか、優待クロス取りに向けて環境整備を行いました。

★資金はアパート(福岡1号)の売却益(といいますか売却後に口座に残った金額)のうち、1,500万。

★証券会社は、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券。SBI証券は以前バリバリに使用していた証券会社ですので口座がありますが、他の2つは口座を持っておりません。開設手続き中です。

★銀行はSBI銀行とじぶん銀行。月数回の送金手数料無料になるようにし、上記3つの証券会社の資金が手数料無料で移動できるようにします。

★原則一般信用売りを用いて両建てクロス取引。一部、逆日歩に注意しながら制度信用売りを行うことを認めます。一般信用売りは初めてです。SBI証券では、初めて一般信用売りを行う人に信用手数料無料キャンペーンを行っておりますので、今回はこれを利用するっきゃない、です。

★売買手数料、貸株料、もしかして逆日歩、等で若干資金が減ることが予想されます。せめてこのマイナス分程度は、株式売買によるキャピタルゲインにて補填を行いたいです。ここが、リスクが高いところであり、キャピタルゲイン投資への誘惑が心配なところですが、現に慎みルールを守っていきたいと思います。

★原則毎月優待取りを行っていきます。キャピタルゲインに比べたら何と微々たることか、とは思いますが、インカムでいこう、というブログタイトルに一番近いやり方ではないか、とも思います。手間と時間をあまりかけずに、やっていきたいです。尚3月のクロス取引、既に1,000万超、行っています。SBI証券の短期売りは15日前から出来ますので。。おいおい公開していきたいと思います。
posted by est at 13:50| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

株式投資復活

★先日、ちょっと書きかけたのですが、一旦消しておりました。不適切な内容があったと思いましたので。。。

★さて表題の通り、数年ぶりに株式投資を復活いたしました。相場の判断ですが、日経、NYダウ共にようやく下降トレンド入りしたと思っております。基本は戻しては売りのタイミングだと思っております。今回戻り売りをしようか、とかなり悩みましたが、私はあくまで勤務業、コンサルティング業、不動産賃貸業をやっていくことを基本として、株式投資にはあまり深入りすべきではないとの考えに変わりはありません。

★ということで、今回は株式優待クロス取り、を行うことと致しました。以前は優待株は愚直に購入していたのですが、今回はクロス売買に徹します。クロス売買の利益は微々たるものですから、ある程度まとまった資金を使ってやっていきたいと思います。おいおいブログに記載していきたいと思います。
posted by est at 00:25| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

備忘録

★2018年2月5日、ニューヨークダウ平均が1,000ドルを超す下げに見舞われ、翌2月6日の日経平均も1,000円を超す下げ、その後も再度ニューヨークダウが1,000ドルを超す下げを演じる等、不安定な相場環境が続いている。。

★忘れそうなので書いておきます。株の所有リスクは暴落。不動産の所有リスクは建物が古くなっていくこと。。これがあるから結局どちらにしても長く持てないなあ、と思う今日この頃でした。。閑話休題。

★株の動きは今後どうなるのか?チャートはまだ生きていますから、上にも下にもどっちにも行ける状態ではあります。上に行くとしても調整が必要な頃合いでしたし、この程度の調整は必要です。一方で天井を打ったのか?と言われれば、アメリカの長期金利の具合からして、とりあえず天井を打ったと言うこともできます。今回の暴落は、現時点ではまだ、値幅こそ大きいものの想定の範囲内ということは可能だと思うんですね。阿鼻叫喚の状況とはほど遠いです。。

★上に行くと見せかけて売り浴びせることもあれば、落ちると見せかけて踏み上げることもあるのが相場。もうけのタネを探す超短期売買派の方々やコンピューター売買にかき回されてしまいがちです。こんなボラティリティが高いところで、ザラ場を見れない状態では、安心してホールドなんか出来やしないです。見れたところで右往左往するだけだったりして。。。

★ちょっと冷めた気分で眺めておくだけに致します。
posted by est at 15:17| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

戸建の決済間近

★2007年に購入した戸建が決済間近となりました。あれからもう、10年になるのか。。。子どもの成長と共に歩んだ10年でした。。正直不動産投資としては失敗でしたけど、いろいろ経験することが多かったです。唯一の自己管理物件で、入居者さんとのやりとりも多かったです。家賃の督促もしましたが、家賃保証会社リ○ラスは破綻してしまっておりましたのでひやひやものでした。物件の売却は福岡1号についで2件目で売却の経験値も上がりました。

★株式投資から、不動産事業へ、そして、今私が力を入れているのは、法人でのコンサルティング業務です。勤務業と関連するもので、不動産とは全く無関係です。不動産事業は、人生の一つのピースと割り切るようになり、私にとって、その優先度、重要度は低下しています。不動産事業は、管財物件と北九州物件のみとなり、いずれも法人へ移しての運営です。法人組織を維持するためには、不動産事業はまだまだとても大切ではあります。

★法人でのコンサルティング業務は、ネタは大変多いのですが、このブログで書くわけにはいけません。このブログでは、引き続き、不動産事業、そして将来株式へ回帰した場合は、株式投資について書いていきたいと思います。

★さて、このブログのタイトルは、インカムでいこう、です。不動産事業の収益はインカムゲインであり、不動産事業とはインカムゲインを目的とした事業であると思っておりました。それはある意味正しいのですが、不動産事業は、決してインカムゲインのみを考えていては駄目なのです。

★不動産は高額です。超高額といってもいいでしょう。でも一方で、時間軸はゆっくりですが、超高額の価格に似つかわず、その価格は大きく変動します。元の価格の数倍にあるいは数分の一になることもあります。信じられないくらいです。株を高値で買って暴落したらどうしますか?損きり出来なければ、塩漬けするしかありません。現物株ならそれでもよい。でも信用取引だったら?追い証がきて、払えなければ強制決済され、もし不足があれば借金だけが残ります。不動産もこれと基本的に大きく変わりません。まあ、株の様に紙切れにはなりませんが。。

★不動産事業では、多くの場合、高額のローンを組んでいます。フルローンもありえます。それで時間軸こそゆっくりですが、物件価格の乱高下に見舞われるのです。インカムゲインばかりを考えていて、売り時を逃がす、あるいは逃げ時を逃がすと、とんでもない事態に陥ることも多いのです。特に収益性に劣る物件をお持ちの場合、今は、まさに、逃げるははじだが役に立つ、時期であると思います。

★とんでもない事態とは?物件価格高騰期、すわなち今ですが、某東海地方の地方銀行が、無茶高い金利で、築古RCに融資を出しています。今物件をすっ高値でフルローンあるいは頭金少額で購入したとします。ここで、金融庁が音頭を取って融資の扉が閉まってしまうと。。買い手というか融資を引ける人が少なくなるので、物件価格は落ちていきます。でも、高金利で、フルローンに近い借入をしている方は、その金利の高さ故、ほとんど元金が減っていないのです。いわゆる債務超過状態に陥ります。この状態で、空室が増える、とか、滞納者が増える、とか、巨額の修繕費がかかる、事態に見舞われると。。物件の運営は困難だ、キャッシュフローが、、ない、、よし物件売ろう、でも売るに売れない、だって、その安値じゃ残債に足りないもん、という状態に陥ります。給与所得で穴埋めをするか、どこからか残債に対する不足分を調達するか、、七転八倒の結果、ジエンド、任意売却へ。。と、いずれこうなる予感。。

★物件価格は大きく変動すること、物件は売りたいときに売れない可能性があること、を肝に銘じる必要がある。利確できるときは利確することも大切。損きり出来るときに損きりしておくことも大切。要は、不動産事業は、キャピタルゲイン、キャピタルロスについても気を配り、追い込まれないように早めに動くことも時には必要なのです。

★ってことはブログタイトル、再考の余地有り、ですかね?


posted by est at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

戸建の決済間近

★2007年に購入した戸建が決済間近となりました。あれからもう、10年になるのか。。。子どもの成長と共に歩んだ10年でした。。正直不動産投資としては失敗でしたけど、いろいろ経験することが多かったです。唯一の自己管理物件で、入居者さんとのやりとりも多かったです。家賃の督促もしましたが、家賃保証会社リ○ラスは破綻してしまっておりましたのでひやひやものでした。物件の売却は福岡1号についで2件目で売却の経験値も上がりました。

★株式投資から、不動産事業へ、そして、今私が力を入れているのは、法人でのコンサルティング業務です。勤務業と関連するもので、不動産とは全く無関係です。不動産事業は、人生の一つのピースと割り切るようになり、私にとって、その優先度、重要度は低下しています。不動産事業は、管財物件と北九州物件のみとなり、いずれも法人へ移しての運営です。法人組織を維持するためには、不動産事業はまだまだとても大切ではあります。

★法人でのコンサルティング業務は、ネタは大変多いのですが、このブログで書くわけにはいけません。このブログでは、引き続き、不動産事業、そして将来株式へ回帰した場合は、株式投資について書いていきたいと思います。

★さて、このブログのタイトルは、インカムでいこう、です。不動産事業の収益はインカムゲインであり、不動産事業とはインカムゲインを目的とした事業であると思っておりました。それはある意味正しいのですが、不動産事業は、決してインカムゲインのみを考えていては駄目なのです。

★不動産は高額です。超高額といってもいいでしょう。でも一方で、時間軸はゆっくりですが、超高額の価格に似つかわず、その価格は大きく変動します。元の価格の数倍にあるいは数分の一になることもあります。信じられないくらいです。株を高値で買って暴落したらどうしますか?損きり出来なければ、塩漬けするしかありません。現物株ならそれでもよい。でも信用取引だったら?追い証がきて、払えなければ強制決済され、もし不足があれば借金だけが残ります。不動産もこれと基本的に大きく変わりません。まあ、株の様に紙切れにはなりませんが。。

★不動産事業では、多くの場合、高額のローンを組んでいます。フルローンもありえます。それで時間軸こそゆっくりですが、物件価格の乱高下に見舞われるのです。インカムゲインばかりを考えていて、売り時を逃がす、あるいは逃げ時を逃がすと、とんでもない事態に陥ることも多いのです。特に収益性に劣る物件をお持ちの場合、今は、まさに、逃げるははじだが役に立つ、時期であると思います。

★とんでもない事態とは?物件価格高騰期、すわなち今ですが、某東海地方の地方銀行が、無茶高い金利で、築古RCに融資を出しています。今物件をすっ高値でフルローンあるいは頭金少額で購入したとします。ここで、金融庁が音頭を取って融資の扉が閉まってしまうと。。買い手というか融資を引ける人が少なくなるので、物件価格は落ちていきます。でも、高金利で、フルローンに近い借入をしている方は、その金利の高さ故、ほとんど元金が減っていないのです。いわゆる債務超過状態に陥ります。この状態で、空室が増える、とか、滞納者が増える、とか、巨額の修繕費がかかる、事態に見舞われると。。物件の運営は困難だ、キャッシュフローが、、ない、、よし物件売ろう、でも売るに売れない、だって、その安値じゃ残債に足りないもん、という状態に陥ります。給与所得で穴埋めをするか、どこからか残債に対する不足分を調達するか、、七転八倒の結果、ジエンド、任意売却へ。。と、いずれこうなる予感。。

★物件価格は大きく変動すること、物件は売りたいときに売れない可能性があること、を肝に銘じる必要がある。利確できるときは利確することも大切。損きり出来るときに損きりしておくことも大切。要は、不動産事業は、キャピタルゲイン、キャピタルロスについても気を配り、追い込まれないように早めに動くことも時には必要なのです。

★ってことは、ブログタイトル再考の余地有り、ですか?




posted by est at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

円安、株高、そして金利高

★トランプ大統領が誕生すれば、90円を割り込むほどの円高になる!と書いていた評論家さん、、どこにいったの??怒濤の円安、というかドル高が進行中です。トランプ大統領は、減税と1兆ドルに及ぶ公共投資の大盤振る舞いを行うようです。自分の支持者層は、公共事業で仕事が増えて大喜び。法人税も劇的に下がって、世界各国に移転していた企業も戻ってくるし万々歳。。。でも、金がありませんぜ?財源はどうする?当然借金するわけですが、そういうわけだからかなんなのか、世界中からドルが還流し、長期金利が上がっています。結果ドル高円安!

★リーマンショック後の中国のように、巨額の公共投資は、アメリカ景気を沸き立たせ、バブリーになるでしょう。アメリカ国民はトランプ万歳!まあ、その後の中国がどうなったのかを見ればその後の事の推移は明らかですが、トランプさんはさっさと1期で止めちゃうような気がします。後始末とか面倒くさそうな事苦手そうですもん。。。

★アメリカから見て、ドル高は輸出に関しては不利です。TPPは破棄されますので、対中国はもちろん、対日本でも、二国間交渉で関税をドッとかけてくる予感。。日本に何処まで配慮してくれるかがポイントですが、さて。。アベノミクス遂に終了か?(既に死んでいるという話もありますが)。

★それはさておき、一番不気味なのは、実はアメリカにつられてぴくついている日本の金利ではないでしょうか?ここで長期金利が急騰してしまったら。。一挙に不動産業界は凍り付きます。そして何より。。1000兆円を超える国の借金の利払いがどうなることか。。。1%で10兆円でっせ。。まあ、日銀がいろんな技を繰り出してきそうですが、既にバランスシートが痛んでいる日銀が何処まで対応できるのか。。。

★返せる借金は返しておくようにしよう、新たな借金はやめておこう、と思う今日この頃です。あ、固定金利は関係ないか。。
posted by est at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

大英帝国:終わりの始まり

★いろいろ多忙を極めているのですが、イギリスがEU離脱を決めた歴史的な1日なので記載しておきます。

★私は問うてみたい。。そもそもキャメロン首相はなぜこんなアホな国民投票をやったのか?2年前のスコットランド独立の時もそうですが、現状維持か?それとも変革か?という問いには、それだけで変革を選択する方にバイアスがかかるはずです。現状に満足している人なんて、そうそういるわけではない。そういう人にとって、なんかよくわかんないけど、今のままじゃ嫌だよね、となると、変革の方へと誘われるはずです。そもそも現状維持には国民投票は不利なんです。移民は押し寄せてきて自分らの職は奪われる、という現実を目の当たりにすると、成長率が落ちるだの、と言われても、そんな先の話はわからんよ、とにかく現状を変えたい、となるのは、まあ、当たり前ではありませんか?

★オバマ大統領の選挙戦のキーワードは、チェンジ!でした。国民は熱狂し、チェンジ!を選択しました。その結果、何か大きく変わったのでしょうか?何も変わらない失望感は、トランプ大統領を迎えつつありますね。。わが国でもありましたよね。子ども手当26,000円。高速道路無料。最低でも県外。。国民に熱狂的に迎えられた民主党政権って、どうなりましたっけ。。。国民に選ばせる、と言ったって、国民だって詳しい事はわかんないことが多いし、国民だって間違える。感情が絡んでくるとなおさらです。国民を正しい方向に導くのもリーダーの仕事でしょ?

★選挙は義務だし、最悪政権選択はやり直すことが出来る。しかし、国民投票は義務ではないし、EU離脱は一度やってしまうと、もう後戻り出来ない(ですよね)。

★場合によっては国を瓦解させ、滅ぼしてしまうような選択を、専門家ではない国民にさせてしまうこと。。感情的になってしまって、理性的な判断ができにくい選択を国民にさせてしまうこと。一度踏み出すともはや後戻り出来ない選択を国民にさせてしまうこと。この時点でキャメロン首相はアウトだと思うんです。こんなリスキーなことは、決してやってはいけない。絶対に阻止せねばならない。坊ちゃん育ちなんでしょうか?太平洋戦争開戦もそうですが、国を滅ぼすという意味ではそれに匹敵する愚挙ですね。。そういう意味でキャメロン首相は歴史に名を残すでしょう。。

★さりとて、キャメロン首相と同じ、オックスフォードで学んだボリスジョンソン元ロンドン市長。EU離脱派を率いた人で、キャメロン首相の有力な後継候補となっているようですが。。。この人、EU離脱が引き起こすインパクトを正確に理解出来ていたはずなんですが、なんで離脱派なんですか?まさかとは思いますが、国を売って首相の座に就こうなどとは、、、思いたくないですね。。

★今後、イギリスは混乱と混沌に包まれ、分裂してしまうでしょう。EUはイギリスの後に続く国が出るのを恐れるでしょうから、イギリスは厳しい条件を突きつけられ、”EUを離脱したらこうなるんだぞ”、と見せしめにされるような気がします。我々は大英帝国が衰退していくのを目の当たりにすることになるのでしょうか?

★悪材料出尽くしではなく、これは終わりの始まりです。これであく抜け、とは考えないことです。。引き続き市場を見ていきます。


posted by est at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする