2011年01月06日

菅首相の目指すところ

★私は、民主党政権には失望しています。菅首相は、燐とした自分の国家感というものがない、と思っています。しかし、菅首相は、市民運動化出身ではありますが、ロマンティストというよりは、結構リアリストではないか、とも思っています。財務省を経験し、官僚から本当の日本国の状況を聞くに及んで、”これはやばい”と思ったと思います。かれも、びびって、ぶれましたが、消費税増税、TPP参加、社会保障と税の抜本改革をようやくやる気になったようです。実際にやれるかどうかは別問題ですが、でも、ほんと、これはやらないといけない。

★小沢さんは、自民党の中枢にいた人で、国民の意見を良く聞く人。地方の苦難をわかっている人。それらの人に配慮する気持ちはわかりますしマニフェストに今でもこだわっているのもわかります。が、でも、今更、子供手当満額、高速道路無料化、出来るわけないでしょ?彼に任せたら、多分、むちゃやって、これらを実現するかも知れませんが、きっと大混乱になると思います。今回起訴されそうですが、無罪の可能性が高いといわれています。彼の排除は、日本の中で表に出ない、大きな力が関わっているのではないか、と思います。

★私は管首相のこと、人間的にあまり好きではないですが、方向性としては、管首相が正しいのだと思います。彼は、小沢氏を意地でも切る、でしょう。そして、自民党の一部や公明党と連立を目指していると思います。管首相は、まずい、と思ったら、結構自説を曲げるところがあります。自民党は、消費税あげ賛成です。TPP対応は割れています。私は、管首相は、消費税増税、TPP参加、税、社会保障抜本改正を掲げて、自民党の一部勢力に、大きく譲歩するのではないか、と思います。マニフェストもきちんと出来ること出来ないこと仕分けして、あらためて国民に提示すべきです。実際、そうするのではないか、と思います。そして、与野党協議となるでしょうが、戦闘モードの自民党が、少々の民主党の譲歩を受けるとも思えない。まとまらなければ、私は、菅さんが解散カードを切る、と、と思っています。

★落選するのは、小沢系若手民主党議員でしょう。もちろん、民主党は大きく議席を減らすでしょうが、自民党が単独過半数を取る、とも思えません。ここで、管、前原、岡田、野田、さんらのグループと、公明党、自民党でも若手のグループなどが、連立を組む可能性があり得るのではないか、と思っています。鳩山さんは、以外と節操なさそうですから、いつの間にかこちらにつくのではないか、と思います。

★報道されていることがすべてではないと思います。多分内々では、いろんな話が進行中の事でしょう。

★そうして、消費税は10%にあげられることでしょう。ここで、一旦日本株は暴落するか?私は、以外と上がるのではないか、と思います。

★まあ、どうなるかわかりませんが、今年前半のガタゴタの帰趨には注目です。
posted by est at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

九州新幹線

★インカムでいこう、というタイトルのブログですが、とりあえず今年始め、管財物件を取得してから、3年は新規不動産に手を出さない、借金返済とキャッシュ蓄積に専念する、という方針を決めました。株も、手元キャッシュの不安定化につながるので、ほぼ、手を出さない、と決めました。しばらく新規投資活動は封印します。

★あと2年間は、勤務業に専念し、勤務業のスキルを高めることが中心となりそうです。これはこれで良い機会と思って専念したいです。。2年後、あらためて、市況をみて、賃貸市場を見て、更には借金の返済具合と手元キャッシュの貯まり具合を見て、行動を決めようと思います。株式も、買う、売る、だけではなく、待つ、ことこそ大事。これは、(評価は別れるかも知れませんが)私が株の先生、と思っている、林燐太郎氏の言葉です。今は、私にとっては、投資は待ち、の時期。そう思います。

★さて、平成23年3月12日、九州新幹線が、博多まで延伸します。現在は、博多から新八代まで、在来線、新八代から、鹿児島中央まで、新幹線が開通しています。変則的なんですよね。今回、博多から新八代まで、開通し、晴れて、新青森から、鹿児島中央まで、新幹線で結ばれることになります。個人的に、この開通は非常に大きいです。

★勤務業の一環で、時々鹿児島にも行きますが、博多ー鹿児島中央は、現在は2時間10分程度。これが、1時間20分程度まで短縮されます。久留米まで10分弱。熊本まで35分。圧倒的な早さです。勤務業の効率がアップします!!現在新八代ー鹿児島を走る新幹線にも、もう何度も乗りましたが、木で出来た背もたれ、和をイメージした室内が斬新で、乗り心地も良く、静かです。九州山口を駆け回ることが多い、私としては、ほんと、便利になります。車の利用がへるかも。。新八代から宮崎まで新たにバス路線が出来るそうです。博多から新八代まで新幹線、新八代から宮崎まで高速バス。新八代駅から、九州自動車道の八代インターチェンジはすぐですから、これも便利。博多ー宮崎が3時間ほどで結ばれることになりそうです。JRの日豊線周りの利用は減るでしょうね。

★12月にも発表されるであろう、九州新幹線の新ダイヤを楽しみにしています。仕事に直結しますので。。来年春は、福岡都市高速5号線も全通の予定、それと数ヶ月ずれ込みそうですが、福岡外環状道路も全通の予定です。何れも、私の生活に関わります。開通が待ち遠しいです。

★ハイビジョン全駅収録【九州新幹線&リレーつばめ】DVD新品★

九州新幹線800系つばめ マウスパッド
posted by est at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

11月も半ばになるか

★早いもので、11月も半ばになりつつあります。アメリカの過剰流動性相場が、どうやら日本にも波及しそうで、急速に株の先高感が感じられるようになりました。数ヶ月は安泰かも??

★さて、私はといえば、地道に借金返済に取り組んでいます。勤務業、アパート経営、株式投資、FX、を収益の柱とすれば、現在注力しているのは実は、勤務業です。新しいスキルを身につけるべく、日々努力をしている次第。これは今相当力を入れて頑張っています。

★アパート経営は、休業状態。福岡1号が3室空き、残りは満室ですが、年が明けるといよいよ繁忙期。手を入れざるを得なくなるでしょう。今のうちに勤務業にある程度目処をつけなくては。

★株式投資は、休業状態。ですが、今から、買っても良いのかな、とも思います。幾つか購入するかも知れません。

★FXは、やっていません。システムトレードに興味を持ったのですが、何せ、時間と余裕資金がない。投資はこれから半年は、おもしろいかも知れません。

★グルメ、お遊びは休業状態。なんか10月頃を柱に、生活パターンががらりと変わりました。新たなしっかりとしたスキルの取得と、キャッシュの余裕を持つこと。遊びは控えめに。これが今、です。

★日本は円高に守られて、実感できませんが、金や商品の高騰は、インフレの予兆かも、との記載がありました。株は良いかもしれませんね。不動産も、商品も、インフレなら、現物が強い。もうデフレは飽き飽きしましたしね。。

★民主党の高額給与所得者に対する課税強化には、頭に来ます。スッキリ消費税を上げれば良いものを、国民の反発を恐れ、取りやすそうな所から取る、いかにも役人が考えそうな姑息な議論は、いただけません。行き過ぎた平等主義を強化する、民主党政権には、反対です。努力に見合った収入が得られる社会、時に大成功者が出現する社会にしていくことこそ夢や希望がはぐぐまれるし、大切でしょう。ホリエモンやら、村上ファンドやらを潰し、旧態依然たる既得権益を守り続ける日本社会に活力は生まれません。日本人というか役人は、嫉妬深い一面があるのでしょうかね??この点は、アメリカのように、成功者を素直に称える社会になって欲しいと願いますが。。
posted by est at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

民主党原理主義者

★昨日前原外務大臣が、某テレビ番組に出ていました。尖閣問題について、日本固有の領土であり、領土問題は存在しない、毅然と対応する、などと述べていました。

★彼の主張は、日本人から見れば、全く正しい。私も同感です。私も今回の中国の対応には怒っています。ただ。。。

★気の利いた小学生でも、同じ内容の発言は出来るのではないでしょうか?あまりに正論を真正面から言うと、相手も引けなくなる。こちらがこちらの立場で強く主張すれば、相手も相手の立場で強く主張せざるを得なくなる。。別に譲歩せよ、という意味ではありません。当然、譲れない線は譲らずに、でも、相手のメンツを立てたり、敢えて相手の琴線に触れる部分はぼかしたり、など、もっと、懐の深い対応が出来ないものでしょうか?今回、中国が怒ったのは、尖閣の帰属云々よりも、国民に対して弱腰と見られたくないのに、弱腰と見なされるかのような立場に追い込もうとした、民主党の融通の利かない態度に対してではないか、と思います。また、前原氏、アメリカとの会談の前に、もう、解決しますから、などと軽口を叩いていたそうで。。。彼が代表をしていたときの偽メール事件の時も、たしか大丈夫、と笑っていて、全然大丈夫でなかったことを思い出しました。彼には、515,226事件で決起した青年将校のような危うさを感じます。

★どさくさに紛れて、中国は一挙に勢力拡大を図ってきました。さすがにただでは起きないしたたかさを感じます。今回、日本に対して経済制裁などもはかってきましたが、そういえば最近後継者が決まった某国も、日本から同じような制裁を受けながら、したたかに生き残っています。。我々は、謙虚に、外交の手腕、というものについて、中国や某国から学ぶべき点があるように思います。もっとしたたかに、交渉上手になって欲しい。。。今回の件で、民主党議員の政治家としての未熟さが大変よくわかりました。でも、縮小した自民党も似たり寄ったりかも知れません。日本の政治家には、もっと政治家としての基本的な能力を高めてもらいたい、と切に思いますね。
posted by est at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

牙をむいた中国

★今回の尖閣列島問題、いつか日本をギャフンと言わせてやろう、と思っていた中国共産党の尻尾を踏んだ結果のように思います。靖国問題、餃子問題、日本を苦々しく思っていたでしょうから。。それと、非常に敏感な領土問題に、民主党政権はあまりにも無防備に首を突っ込みすぎたのではないでしょうか?もしかして、飛んで火にいる夏の虫、だったのでしょうか?かつて靖国神社参拝問題の時、荒れ狂う中国民衆のデモは、一歩間違えれば、中国共産党に向かいかねませんでした。その恐ろしさがわかっているから、今回も、中国共産党は、デモを封じ込めた。靖国神社参拝の時はそれで収まりましたが、今回は、国民感情を押さえ切れたかどうか。。下手をすれば、軍部が収まらない。中国共産党が、日本に対し、常軌を逸したような対応にでるのも、ある意味必然であるように思います。胡錦涛さんは、来年引退とのこと。ここで弱腰を見せれば、権力闘争にも発展しかねない。だから、当分相当強気に出ることを続けるのではないでしょうか?

★全くもって、中国政府の対応はひどいと思いますが、民主党政権や外務省は、こういう展開の予測は出来なかったのでしょうか?毅然と対応する、などといっていましたが、中国はかつて、第二次大戦後も、インド、ソビエト、ベトナムなどと、領土を巡って軍事行動を交えています。正直、突発的な軍事衝突もあり得た、と思います。お子ちゃま政権が、そこまでの覚悟をもって、”毅然とした対応”と言っていたかどうか。。。

★初期段階で外向的決着を図るべきであった、と思います。処分保留で追放、ですね。毅然としてやるのなら、局地的戦争を覚悟、でやるべきだったと思います。正直、そこまで中国が強気にでると思わなかったのでしょう。。

★戦争を仕掛けるときは、自国民の保護、などと一応の理屈をつけるものです。尖閣諸島も、沖縄も、いつ、もっともらしい理屈をつけて、かすめ取られるか、わかってものではありません。平和ぼけした日本人に、今回は、自国防衛について考える良い機会となったのではないか、と思います。

★なお、中国について、いずれ中国も不況となる時代が来るでしょう。国民の不満が高まると、大人しい日本人と違って、政府をも吹っ飛ばしかねないお国柄です。不満の矛先を日本に向けられないよう、よくよく考えていた方が良いかも知れません。もしかしたら、今回、中国の政府当局にそのような意図もあったのではないか、と思っています。世界経済は、決して好調ではない、そして、中国は一種バブルだ、と私は思っています。混沌の時代、我々も気を引き締めなくてはなりません。
posted by est at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

のほほん、のたりと過ごすかな

★早いもので今年も9月になりました。私の投資活動は、株式投資とアパート経営が二本柱ですが、最近は全く動いていません。現状は、のほほんとしています。人生、楽しまないと。。。

★アパート経営は、福岡1号が2室空きのままで、他は満室。やる必要のあることはやっているので、後は待つしかないかなあ、と思っています。早いもので福岡1号を取得して、今月でちょうど丸4年、となります。2ヶ月後は、北九州物件を購入して丸4年。共に15年ローンなので、後11年ローンがあります。この4年で、賃貸市場は劇的に悪化しました。幸いにして、経営は今のところうまくいっていると思いますが、先行きは明るくありません。家賃値下げ競争は、築古木造家賃月15,000円程度を底に、概ね落ち着いたと見ています。今後は、空室率の上昇との戦いとなるでしょう。ワンルームマンション経営をしている知人は、家賃30,000円程度で、管理費と修繕積立金合わせて8,000円程度取られる、と嘆いていました。入退去の原状回復費用、広告費を考えると、もはや福岡市でワンルームマンション経営は成り立たないようです。管理費の値下げも考えないといけないのではないでしょうか?

★今年を含めて3年間は新規物件を購入しないことは、何が何でも守ろうと思っています。残念なことですが、福岡の収益物件の価格の下落はこれからが本番だと思っています。現在の厳しい賃貸市況が、物件価格に十分に反映されたとき、次の買い場が来ると思います。その時を、見極めたいと思っています。来年は、共に5年の固定金利期間が終わります。ローンの借り換えを含めていろいろ動かなくてはならないでしょう。

★株、ですが、二番底を狙うかに思われたニューヨークが突如の怒濤の切り返し。何かあるな、と思ったら、財政出動でした。かつて日本で見た風景、まさにそのものじゃないですか。。今後アメリカも失われた○○年、を繰り返すのでしょうか?日本が歩んできた道は、結局、欧米諸国も通らざるを得ない道、なのでしょうか?共和党が政権を取ると、また違った選択肢がありそうですが。。

★今後の株価は、財政出動の効果次第になるでしょう。ただ、これは 一時しのぎ。その間に、成長産業を育成できるかどうか、にかかっています。日本の失敗は、いわゆる箱物主義、土建業を中心とした業界を保護するため、旧態依然たる業界にお金を流し、その延命を助けただけに終わってしまったことによります。これは、自民党政権も認識し、それで、小泉氏が出てきたわけです。

★小泉改革が欧米の投資家に指示されたのは、既得権益に守られた業界を思いっきりスクラップし、一方新たな産業を育て上げる期待があったからだと思います。公共事業は削減され、土建業は確かにかなり廃れました。社会医療費も削りまくり、プライマリーバランスを均衡させる地点も見えてきました。が、それに変わる国内産業が育たなかった。小泉氏の最大の失敗は、スクラップはすれど、それに変わる成長分野を十分に育てることが出来なかったことにあると思います。医療の分野、介護の分野、遺伝子創薬の分野、科学技術も国家的規模で、更に育成することも出来たでしょうに。。

★アメリカは、情報産業と金融で覇権を握ってきました。財政出動して、景気を下支えしている間に、新たな成長分野を見いだせるのでしょうか?

★日本株は、まずは民主党総裁選の結果待ち。小沢さんのいうこと、もっともだけど、経済政策は、従来のバラマキ(補助金)自民党政権とどう違うの?
posted by est at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

Japanization

★Japanizationなる言葉があるそうです。日本化。。デフレが長期化し、停滞する経済。。バブルと不動産は切っても切り離せません。もともと土地はただ、ですよね。それが、日本のバブル期、日本の土地総額は、アメリカ全土を買える、と言われるまでに高騰しました。そうして、バブル崩壊、数百兆円が泡となって消えました。

★翻って、アメリカ。住宅を購入し、住宅を担保に借金をして、住宅の値上がり益で返済する、もりあがったアメリカの内需は、不動産価格の高騰に支えられてきました。それが崩壊。。

★日本のバブル崩壊後、緊急総合経済政策が打たれたことでしょう。数ヶ月から数年のスパンでもって、その効果は雲散霧消し、再び株価が下落する。何度も繰り返しましたよね。。抜け出せない、デフレの苦難は今もまだ続いています。欧米のバブル崩壊も、うまく回っていた仕組みが崩壊してしまっています。そう簡単に回復するものではない、と思います。

★同じような事が欧米でも起こるかも、ということで、これをjapanizationと言うそうです。リーマンショック後、恐ろしいほど巨額の財政出動がなされ、景気は回復する、かに見えました。ここで、その失速。かつての日本そのもののような、、気がします。金融緩和も限界に近づき、ここで再度財政出動がなされるかどうか、で、目先の株価の方向も決まるでしょう。しかし、繰り返す財政出動、巨額の財政赤字。。これこそ、まさに日本化に他なりません。。。日本化を避けるためには、安易な財政出動は慎むべき。。欧米諸国は、自国通貨を安くし、輸出主導で経済回復を図ろうとしています。しかし、これもまた、かつての日本と同じ構図です。日本は、何度、為替の協調介入をし、円安に誘導した事でしょう。自国通貨安が仕組まれたものかも知れませんが、これは諸刃の剣、自国への海外からの投資が減り、自国の魅力が薄れることも意味します。これもまたJapanizationと思えます。決して、欧米諸国に良い結果をもたらさない様な気がするのですが。。。

★円安誘導の結果、かどうか分かりませんが、日本の内需産業は廃れてしまい、国内の消費は全く盛り上がりません。これから、欧米の輸出攻勢が始まると、正直、輸出も厳しいです。日本経済は正念場を迎えています。

★これから世界的に2番底に入っていく気がします。株価、為替の節目割れはその第一歩です。ただし、ここから半年から1年のうちに、株や為替の買い場が来る様にも思います。ここからは、ウォッチングをしていきたいと思います。
posted by est at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

どざえもん

★うちの子供は、プールが大好きです。水を全く怖がらない。ザブーン、と飛び込んで、潜って、プカーァと浮かんでくるのがお気に入りです。

★ところが、ある日、○○ちゃんね、プールに入りたくないの、という。どうしたの?だって、先生が潜ったら駄目って。。どうして?

★どうやら、先生の目の前で、ザブーンと飛び込んで、プカーッと浮かんだらしい、のです。大体5秒くらいそのまま浮かんでいるのです。ご丁寧に手首を90度前に垂らしたりするもんだから。。。”ぎゃー、○○ちゃん!!”先生は、てっきり溺れたと思って、半狂乱になって、助け起こしたそうですが、うちの子供は、”てへへ”と笑っていたそうで。。。まあ、先生もさぞかしキモがひえたことでせう。ほんとに同情致します。それにしても、腕白娘!!めっ!!

★さて、日経は、9,000円に近づくと、公的?資金が買い上げている印象。前引けなどで、ぴょこんと上昇したりしています。9,000円、という、ボックス下限を守りきるか否か?為替は節目の85円、一度は死守しましたが、果たして、守りきるのでしょうか?今週、来週は正念場ですねん。。
posted by est at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

待ちの姿勢

★持ち株をすべて”えい”と、売り払ったのは、昨年の8月28日のこと。。あれから1年。株式相場からは、全く離れていました。すべてを処分した日、10,000円を超えていた日経平均ですが、本日の終値は、9,292円。1年前より1,000円以上安い水準です。

★株式相場は、夏枯れを呈し、基本は持ち合い相場。いずれどちらかに動くでしょう。。じりじり進む円高、というより、ドル安、ユーロ安。欧米の輸出企業は万歳、でしょうし、なにやら円が責任を一手に押しつけられてしまったかの様な構図ですが、ドル、ユーロ安に、いい気はしません。。なんか、嫌ーな予感を感じます。

★現在は、”待ち”の姿勢で良いのかな、と思っています。株式相場が下落モードに入る、欧米に何かあって、円が急騰する、このような構図は、もしかして来るかも。。。その時に、少しばかり動いてみるのもいいかも知れません。。。一応住信SBIネット銀行で、FX口座(クリック365)を開設致しました。。。

★賃貸業の方も、残り2戸。。やるべき事をやった後は、待ち、です。。某獅子宮殿さんの、入居率低下が気になります。会社広報では、入居率が80%を切って推移しており、全国に空き室が12万戸ある、とのこと。不景気で派遣請負業、法人の需要が減っている、という側面も確かにありますが、賃貸市場のデフレ化に、全く追随出来ていないことが、入居率の低下の本質ではないか、と思います。全く競争力のない家賃設定ですもん。。家賃保証をしているので仕方ないのでしょうが。。。

★さて、お盆です。先祖を敬い、また、お盆明けから、激動の時代を生き抜いていかなくてはなりません。。。
posted by est at 16:55| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

今後の方針その2ー為替

★為替、、、これは難しいです。数年前、円のキャリートレード華やかなりし頃、為替で数億円稼いだ人が続出しました。これはこれで、素晴らしい才能でしょうね。。すごいなあ。何しろ、レバレッジ100倍あり、の世界ですし。。また、スワップ金利で、手堅く?稼ぐ手法も流行りました。オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの通貨が流行りましたっけ。

★その後、日本のプレゼンスが下がり、株価は下がりました。しかし、円は、急騰しているんです。株価はわかり易いけど、通貨は、いろんな思惑が絡んで、不自然に上下するし、時には、国家の為替介入まであったりして、中期的に予想するのが、非常に困難、だと思います。

★数年前、長期的に資産分散、とユーロやドルに資産を分散していると、今は大損していることになります。。なにもせず、円のまま資産を持ち続けた人が、結果的に一番良かった、と。。円=日本強し??日本のプレゼンスは明らかに低下しているのに。。。なんなんでしょうね??

★問題は、特にヨーロッパの信用収縮。。バブル後の日本が、忘れると思い出したように不良債権が蒸し返された事を考えると、ヨーロッパで同じようなことが蒸し返される可能性があります。。そのたび、ユーロが安くなる??ユーロ買っても、やっちょられん、ですね。。

★ただ、資産のグローバル分散、を考えると、結局為替が一番手っ取り早く、シンプルですので、この方向で考えたい、とは思います。レバレッジは、ほとんどかけない、と思います。

★もう少し、勉強して、参入のタイミングをはかる、方針です。
posted by est at 17:13| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

グローバル化

★日本のプレゼンスは下がり続けています。今回の円高、そして、電気自動車の普及は、日本の輸出産業にとどめの一撃を与えるのではないでしょうか。。日本の強みであった、物作り。。しかし、手先の器用な人の多い、アジアを中心とした新興国が、安い労働力を背景に物作りを学び、追い上げてきた。。もはや、”日本でなくてはならない”産業は、なくなりつつあります。前にも書きましたが、日本の輸出産業の力ががた落ちしたとき、、そこが急速な円安への地獄のスタートライン、かも知れません。。さらば、かつて先進国と呼ばれた、日本、となるのか?

★おそらく1990年前後のバブルの時期が、日本の頂点だったのでしょう。ある意味、我々の世代、およびそれより少し上の世代は、良い思いをしたのかも知れませんね。。ところが、バブルの崩壊で、不動産価格は暴落、多くの資産家が没落しました。金持ちがいないと、金を使う人がいなくなる。。。日本経済は負のスパイラルを描き続けました。内需は縮小し続け、地方はシャッター通りばかりとなり、百貨店が成り立たなくなり、若者で高給を取る人はいなくなり。。

★国は借金をし続けて、景気と雇用を維持し、社会保障を維持してきましたが、もはや借金は限界に達しつつある。増税が必要なのは明白です。しかし、増税すれば、確実に景気は悪くなります。。更に日本は沈むのです。沈みゆく船、日本丸。。。

★国としてはそうでも、個人としての自分は、それで良いのか?沈み行く船に身を任せるのか?個人として、グローバル化を目指すべきではないか。。そう思うようになってきました。では、どうするか??

★海外の株、海外の不動産、そして、海外の通貨。。それらを絡めた海外の事業。。こうなるのではないか?日本が沈むのなら、ドルやユーロや元(無理なら香港ドル)、を持つべきではないか?海外の株を買うべきではないか?海外の不動産はどうなのか?

★英語能力をブラッシュアップすべきでしょう。。ハワイ、シンガポール、オーストラリア。。。拠点を持つべきなのでしょうか?

★真剣に検討する必要があるのかなあ、と思います。一時期はやった海外口座を持つこと。。実は、ユニオンバンクオブカリフォルニアに、口座は持っていました。ハワイ銀行は、口座持ってないけど、日本人の口座開設ウェルカム、だそうです。アメリトレード、という、アメリカの証券口座も持ってました。何年も開いてないけど。。一時期、香港上海銀行にも口座を開きたい、と思っていました。いまどうなっているのでしょうか??

★もっとも、日本の証券口座で、結構、海外投資できますよね。。

★日本のアパート経営にのめり込んでいる場合ではない、ような気がしてます。国内はデフレ、借金はさっさと減らして、幾ばくかの円を売り始める時期に来ているように思います。
posted by est at 00:49| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

参議院選挙が終わって

★参議院選挙が終わりました。選挙の結果について、様々な場所で、述べられていますので、不肖私ごときが追加することなどないのですが、やっぱり一言書きたいなあ、と。。。

★菅さんが出てきて、消費税を持ち出したとき、うまくやれば本格政権になるのかなあ、と思いました。しかし、その後の菅さんの発言を聞いていて、もう、口をあんぐり。。。税率を10%と示したのは良いのですが、何にどう使うか言っていない。。もしかして、子供手当と高速道路利用料に流れてしまうの?と思いました。

★その後、年収200-400万の人に還付する?と聞いて、ああ、この人分かってないんだ、と思いました。消費税の意味ないじゃないですか?多くの人から、薄く広く、徴収しますが、医療、福祉の財源としてきちんと還付しますよ、というのが目的だったはず。。所得の多い人は一杯消費して、少ない人は少なく消費すること、そして、最低限生きていくのに必要な物、例えば食料品とかには、軽減税率を導入して、累進制を薄めれば良いだけの話。。

★年収400万以下の人に還付するんだったら、何も消費税で混乱させなくても、400万以上の人の所得税を大幅アップして、徴収すれば良いだけの話。。そんなやり方、実務ではできませんよ。。所得税の最高税率を上げるだの、小手先だけの悪あがきに終始し、またまた、首相の発言の軽さがクローズアップされました。要は、あ、この人も駄目なんだ、口先だけで、実行能力がないんだ、と思われちゃったのでしょう。。

★ねじれ国会になって、ほとんどの法案が通らなくなりました。部分連合なんて言っていますが、ほいほい乗るほど、政治家の皆さんも甘くない。。早晩、管政権は行き詰まるでしょう。ただ、菅さんは、98年の金融危機の時、金融危機対策法案を、”政局にしない”といって、時の小渕政権に丸呑みさせ、成立させた経験があります。もしかして、自民党やみんなの党の主張を丸呑みするんじゃないでしょうね??子供手当、廃止します、とか、高速道路無料化辞めます、とか。。公務員の首切ります、とか、、あ、これは、労組が反対するか。。。

★しかし、そうなるともはや民主党の存在意義がなくなってします。党内が持たないでしょう。。民主党は、小沢派と反小沢派に分裂する可能性があります。自民党は、いわゆる上げ潮が、みんなの党とくっつく可能性があるし、リベラルな古賀派なんかは、小沢派とくっつく可能性があるし、、若手なんかは、民主党反小沢派と一緒になるかも??いわゆる政界再編へと突入する可能性もありますね。。

★何はともあれ、政局が混乱すると株価の本格上昇は先送りでしょう。。ところで、世界の株価も、金融危機、財政危機を意識するだのしないだの、で、急騰したり急落したり。。結局ヘッジファンドに良いようにもてあそばれている気がします。なかなか参入のタイミングがわかりませんですね。。。
posted by est at 01:00| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

楽天とユニクロ

★楽天が社内の標準言語を英語にすると決めたそうです。世界を目指すためには、様々な国の人を雇う必要があるから、のようです。そういえば、以前、日産がルノーの傘下に入ったときも同じような事が言われてましたっけ。。。

★また、先日ユニクロを特集しているテレビ番組を見ました。柳井さんの考え方も、やはり、世界を目指す、と。。主要な会議は英語でやるそうです。。

★共通する考え方は、縮小する日本市場を相手にしていても、企業の業績アップはもはや望めない、ということです。今後企業が生き残っていくためには、大きくなる必要があるし、そのためには世界に出て行く必要がある、と。。。伸びる企業のトップは、国内だけを見ていない。。

★いわゆる日本のサラリーマン、という稼業が、今後ますます厳しくなるのかなあ、と思いました。同僚というか、競争相手、というか、採用される社員が、ワールドワイドに広がるわけですから。。。

★では、どうするか。自分しかない、という強みを身につける、自分も世界にうってでれるようにする、英語を使いこなす。。サラリーマンとしてどうするか、もありますが。。

★投資家としては、世界に投資する、ということを本気で考えないといけないかなあ、と思いました。日本株投資で良いのか、国内の不動産投資家でいいのか?

★じゃ、中国株を買う?海外の不動産を買う?いずれにしろ、インカムゲインを海外への投資でもって得る方策を考えないといけないかなあ、と思います。しかし、事はそう単純ではない。例えば、これまで長期間にわたってユーロに投資し、スワップ金利を得てきたとしたら、現在は厳しい状況のはずです。中国株しかり。。原油先物だって、ピーク時の半分程度ですからね。。。リーマンショック後も順調に伸びているのは、金、位ですかね??

★不動産も、欧米ではバブルが弾けた後、ですから、しばらく相場は来ないでしょうし。。あ、海外の不動産投資こそ、REIT活用かな、と思っています。で、いろいろ考えると、ビジネスの世界はともかく、投資の世界は、なかなか、難しいです。。今後、いずれ株式投資を再開すると思いますが、どのような形で始めるか、まだまだ模索する必要がありそうです。。
posted by est at 00:07| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

緊縮財政へ舵を切る先進国

★リーマンショック後、怒濤の財政出動で世界経済は景気回復を果たしたわけですが、ギリシャ危機、PIIGS危機?を経て、風景は一変しました。財政の悪化を放置するとどうなるか、ギリシャ危機でまざまざと見せつけられたのです。。

★バブル崩壊後の日本は、それでも財政出動を繰り返しました。財政再建は痛みを伴います。もちろん、国民受けは悪い。一方、財政出動をすれば、確実に景気は好転します。一種の麻薬の様に自民党政権はこれを繰り返し、ここまで財政を悪化させたのです。今更ながら、責任ある政党、等と主張しているのは片腹痛し。。

★えっと、日本はバブルを経て、国民が金を持っていたから、このような事が出来たわけです。欧米諸国は、他の国から借金をしないといけない。国債を買って貰わないといけないわけです。これが難しいわけです。ギリシャ危機は、特にヨーロッパ諸国に取って、キモが冷えたことでしょう。。

★従って、少々景気が悪くなっても良いから、財政再建するもんね、という結論になったのが、先のG20でした。景気が悪くなるなら、株が上がるはずがない。。頼みの中国も、輸出立国。。輸出先の景気が悪くなると、当然景気も悪くなるでしょう。。。

★ということで、ここまで株が売られてきました。目先、昨年11月の9,076円が意識される所です。空売りしてれば、とりあえず一旦手じまいしたい節まで来ましたが。。。ユーロ安は、しかし、ヨーロッパの輸出産業に取ってはプラスですよね。。韓国ウォンも安い。円は高い。長期金利は下抜けちゃった。。

★日本は、財政的に厳しく、消費税を上げないといけない、けど、あげると景気は悪くなる。。。んー。。厳しい時代ですね。。。
posted by est at 00:16| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

消費税と景気

★今回の欧州の危機は、もろ財政危機です。共通通貨ユーロに縛られて、その国独自の金融政策が取れませんから、財政政策をするしかない。。国家の支出を減らし=年金、福祉のカット、収入を増やす=増税をするわけです。イギリスなんか、早速付加価値税=消費税を上げてきました。イギリスはユーロではありませんから、独自の金融政策も取れるわけですが。。

★日本は、金融政策、頑張っていると思いますが、ゼロ金利政策の限界も見えましたし、打つ手があまりありません。後は、、財政再建しか、ないんですよね。。

★日本国債がバカスカ売れているそうです。この期に及んで、不思議ですね。長期金利も壁を抜けて更に低下。。うふふ、来年のアパートローンの固定金利終了後の更新、うまくやれそう、というのは置いておいて。。。

★日本にはまだ消費税の増税余地がある、という認識があると思うんですよね。諸外国は10-20%が普通です。もっとも日本は年金や健康保険など別に取っているので、単純に比較できませんが。。。

★さて、究極の財政再建策、消費税ですが、あげるとやっぱり景気は一旦すごく悪くなると思いますよ。引き上げ前の特需のあとは、当分しんどくなるでしょう。。菅さんは、増税しても成長戦略、と言っていますが、難しいんじゃないですか。。。

★しかし、医療、介護、福祉の分野に目処が立つと、いずれ消費は戻ってくる可能性があります。株価の先見性から言って、増税による景気の停滞を一旦織り込むのか?財政再建をポジティブに捉えるのか?分かりませんが、政治力学も絡めて、慎重に考えないといけないでしょうね。。

★ヨーロッパが財政再建に舵を切り始めましたので、ヨーロッパの景気が一旦減速する可能性があります。今後のユーロ圏の国の株価の動向は、いずれ日本が消費税を上げるときの先行指標になる可能性があります。それではお休みなさい。
posted by est at 00:38| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

すっかり更新が遠のきましたが。。

★久しぶりの更新です。ここしばらく、株でもアパートでもない、いわゆる投資ではないことにはまっておりました。。株もアパートも、富を蓄える行為、そうではなく、富を消費する行為、ですが。。。四十路を遂に越えた私として、まあ、いろいろ人生に対する考えもあるのですが、ここは、人生論を語る場ではないので、控えます。しかし、一言、人生、遊びもまた大切なり!?ん?

★さて、とりあえず現況を。管総理が誕生しました。ここで、民主党に必要な事を私なりに書いたのですが、菅さんは、究極のリアリストですね、その通りに進んでいます。すなわち、消費税増税、法人税減税です。考え方はOK,問題はこれを国民に納得させることが出来るか否か。。

★日本破綻論がかしましいですが、日本は破綻しません。。世界に対する影響が大きすぎますから。。何が起きるかというと、IMFの名を借りた、欧米諸国、もしかしたら中国も?、による、日本国の財政のコントロールです。ギリシャで何が起きたか?消費税が23%に上がりました。公務員の17%が削減されるそうです。年金や福祉がカットされました。日本でも同様の事が行われるでしょう。。

★え、年金がもらえないと暮らせない?適切な医療が受けられない?生活保護が減額されて暮らしていけない?公務員、首になって再就職がない?、我慢しなさい、ということです。他国は、この国が震源地になっての大波をかぶりたくないから、意地でも譲らないでしょう。。

★このような事に比べたら、消費税の増税はまだましでしょ?一応、成長戦略も示しているでしょ?大蔵官僚の考えでしょうが、まあ、妥当な所だと思いますよ。先日、勝○女史が、日本は借金もあるけど、資産もあるから、全部売り払えば大丈夫、などと行っていました。保有しているアメリカ国債もうっぱらえ、と。。あのう、以前橋本総理が売りたい欲望に駆られる、と発言しただけで、アメリカ国債が暴落し、めちゃめちゃ非難受けたのご存じないのでしょうか?数十兆円も今の価格で売れるわけないでしょうが。誰が買うんですか?この人、以前ヘリコプターで札をばらまくくらいすれば、デフレを脱却できるといっていた方です。流動性の罠(ここ)のなんたるかをご存じないのでしょう。。

★さて、株の方、戻していますね。。欧州の危機には、臭い物にふた、ですか。。景気回復局面ですから、基本は戻るのでしょうが。。結局、ここが目先の買い場だったわけですね。。今後、参議院選挙後をにらんでの要素も出てきそうです。私としては、様子見、です。今、あんまり株にエネルギーを使いたくない気分です。。

★アパートですが、福岡1号が2室空き。今回は、綺麗にモデルルームを造り、近隣大手チェーン店を毎週1件は回っています。エ○ブ○さんは、反応鈍いですね。ここは、自社で完結するネットワークを持っているようですが、これ以外への紹介へ積極的でなくなった印象です。前は紹介していただいたこともあるのですが。。ア○マ○さんは、真剣に話を聞いてくれました。早速、自社サイトへ写真入りで登録していただきました。at homeにも載せていただき感謝。地元のガンガン客付けする中小のM社、L社は、好感触、suumo等へ載せていただきました。今回、近隣にM○M○社の店舗が近くに新装オープンしたので、訪問したところ、早速モデルルームを訪れて下さり、写真を一杯撮って、suumoなどに載せて下さいました。一方、店舗を閉鎖して、自社ホームページの更新も滞っている地元A社みたいなところもあって、以前はワンツーで2戸決めてもらったこともあったのですが、期待薄かなあ、と見送りました。高級賃貸に強い会社、安い物件に強い会社などあり、地元の多くの客付け業者を見分けて、自分の物件に適した会社に営業をかけて、より多くの媒体に乗せていただくのがよろしいかと思っています。

★北九州と管財物件は満室。福岡1号の、空室発生時のノウハウは概ね完成しましたが、管財物件が空いたときの、近隣不動産訪問は今後の課題です。北九州物件は、自分作成のホームページからの集客で十分かも。。プラス、大学に強い管理会社の客付けで、十分でしょう。。
posted by est at 00:06| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

鳩山首相退陣

★ヨーロッパの危機は、とりあえず封印されたかのようになりました。現状リバウンド真っ最中です。ここまで崩れたチャートは、今後底練りになるのが一般的です。アメリカの各種指数が強く、ヨーロッパの金融危機との綱引きになりそうですね。。

★さて、鳩山さんが退陣しました。政権運営があまりに稚拙で、マニフェストと齟齬も目立ちましたから、当然だと思います。本日、日経は310円上げていますが、おそらく管直人総理を織り込んだのだと思います。小沢さんよりは、財政規律を重視し、成長戦略を考えている、と考えられたのだと思います。財務大臣となって、財務省からレクチャーを受けたと思いますので、日本の本当の姿を、よく理解できたのではないか、と思っています。

★それと、私は、参議院選挙の民主党のマニフェスト、よくよく考えた方が良い、と思います。出来ないことは出来ない、とはっきり謳うべきです。耳に心地よい、リップサービスは、国民の失望を招くだけです。普天間基地国外移設、出来ましたか?事業仕分けで、いくら節約できましたか?子供手当満額出すと5兆円強必要ですが、財源は手当てできましたか?ガソリン税の暫定税率、廃止できますか?

★キーポイントは、消費税増税と、法人税減税、これに尽きます。法人税を下げ、あらゆる企業を日本に招き、企業活動を活発化させること、環境や医療介護などの分野に集中投資をすること、そして、国内雇用を増やすこと、これが成長戦略。消費税を増税し、年金や医療の財源を安定させ、国民の不安を取り除くこと、小細工を弄しようとする輩がいますが、消費税増税は不可避です。

★株価の動向は、国外、国内要因が複雑に絡み合っていますので、なんとも言えなくなりました。ヨーロッパも解決したわけでは全くないですが、みんなで目をつぶれば怖くない、ということもありますし。。

★結局、私は、買わないまま傍観、です。。。
posted by est at 21:32| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

ようやくリバウンド

★昨日は冷やっとしましたが、ニューヨークが下ひげを出して下げ止まり、ようやくリバウンドモードになりそうです。鋭角の戻りではなく、おっかなびっくり、という形になりそうですが。。。

★但し、あらゆる国の通貨に対して、円高が進んでいますから、輸出立国日本の株価の戻りは鈍そうです。隣国の戦争ムードも、よろしくありませんね。。

★欧州の危機がこれで収まる、と見る場合は、ここが買い場でしょうけど。。。
posted by est at 23:19| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

世界中の株が売られている

★日経9,700-9,800円あたりは、昨年11月頃にもみ合った水準であり、それなりの節であるはずなのに、あっさりと下にブレイクしました。あり?おかしいな?今日は中国も大幅安。

★なんだろう?金融危機を織り込みつつあるのでしょうか?欧州の大きな金融機関に何かあるのか??巨額損失??破綻?何度も書いていますが、サブプライムショックの一番の被災地は欧州なのです。欧州の小国、アイスランドから始まり、バルト三国、ハンガリーやチェコなどの東欧諸国、そしてPIIGS、すなわち、ポルトガル、アイルランド、イタリア、ギリシャ、スペイン。。(こういう頭文字の隠語、多いですね。かつて日本でも、新興不動産会社危機の時も、USAやらJAPANやら、飛び交いましたね。。半分以上お父さんしましたが、、、今となっては懐かしいです。ここここ)

★アメリカでは、巨額の公的資金を投入し、地方銀行は潰しまくり、不良債権を処理していきました。しかし、欧州で、どこまで不良債権処理が進んでいるのか??分かりません。最近は、日本の後を追って、失われた○十年になるのでは、と言われているようです。。

★やっかいなことに、ユーロが鎖の役目をして、各国をつないでいますので、本来大丈夫なはずのドイツ、フランスまで、大きな影響を受けつつあります。欧州から投資資金が逃げ出しつつあります。気をつけたい場面です。
posted by est at 18:19| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする

売り飽き気分

★本日の日経平均は続落ですが、上昇する銘柄もぼちぼちあり、皆、目先の反発場面を想定しているかのような動きでした。実際、危機が起きない限りは、目先反発のように思います。

★ただ、ユーロが以前の様な130円台に戻るとも思えず、円高が日本の景気、日経に及ぼす影響は、大きい、と言わざるを得ません。加えて、朝鮮半島の危機は、心理的な重しとなりそうです。

★悪材料に事欠きませんが、こういうときに売り込みすぎると、突然踏み上げ狙いの怒濤の買いをヘッジファンドなんかに仕掛けられたりするので、ほどほどに、という所でしょう。

★それにつけても、鳩山民主党政権には、少しは期待していただけに、心底がっかりしました。前にも書きましたが、マニフェストに対する、民主党の対応は、ひどすぎませんか?ガソリンの暫定税率の廃止は反故にし、子供手当も二転三転、閣僚毎に言うことが違う。あれだけ騒いでいた年金問題、その抜本的改革はどうなった?普天間基地問題、国外移転、最低でも県外、と言っておきながら、この結末はいったい何?高速道路を無料化すると言いながら、近距離の通勤割引、夜間割引廃止で大幅値上げ、と言ったあげく、閣僚と幹事長が喧嘩してたなざらし。事業仕分けなどで、7兆1千億節約できる、と言っておきながら、節約できたのは微々たる額。。

★これほど、言ったことに責任のない内閣も珍しい。このごに及んで、鳩山さんは、誠意を見せて謝ればすむ、と考えている節があるので、始末が悪い。参院選後に、気がつくこともおありでしょう。

★グチはここまでにして。。今後の投資方針ですが、キャピタル狙いの買いと共に、一部優待や配当狙いの買いも組み合わせよう、と思います。やはり、優待や配当もあった方が、自分の性格に合う気がするので。。経済的合理性を逸脱することなく、組み合わせていきたいと思います。

★買い場はいつか??兎にも角にも、回復基調の世界景気が、腰折れするか否か、にかかっています。腰折れしないのなら、今はもしかしたら買い場かも知れませんが、、さすがにその判断は、私には出来かねます。。
posted by est at 00:00| Comment(0) | 相場雑感 | 更新情報をチェックする