2009年08月17日

8979 スターツプロシード投資法人 投資証券

基本データ
2008年7月9日、90,800円で1株購入
2008年8月25日、87,000円で1株購入
平均取得単価 88,900円で2株所有
2009年7月8日、91,350円で2株売却
2009年7月21日、97,000円で2株購入
2009年8月7日、96,200円で2株売却
BPS
187,464円 (2007.10)
178,772円 (2008.4)
178,225円 (2008.10)
決算
4月、10月
分配金
5,494円 (2008.4)
4,943円 (2008.10)
4,250円 (2009.4予想)
株主優待
なし
利回り
10.34%
インカムゲイン
17,135円
キャピタルゲイン
3,300円
総合収支
20,435円


コメント
★インカムゲイン狙いのREITからは、撤退しました。ここは、辛うじて黒字を維持することが出来ました。(2009.8.16, 97,500円)

★今期の分配金、7,942円をいただきました。信用買いなので、信用配当調整金です。(2009.7.21, 97,500円)

★今期の分配金、9,193円をいただきました。信用買いなので配当落ち調整金となります。(2009.2.4, 55,500円)

★今期の分配金は、4,943円でした。他のリートの半分の規模なのでまずまず健闘していると言えるでしょう。頑張って欲しいものです。(2008.12.16, 68,100円)

★他のREIT銘柄と比べて、株価も分配金も半分の水準なので、もう1株買い増しました。(2008.9.11, 84,800円)

★REITって、賃料が収益の柱なので、配当金はあまり変動しないと思っていましたが、結構変動しているようです。従って、11.95%という、信じられない利回りですが、次の配当の金額が減ると、当然利回りが落ちることになります。それでも、このご時世、ここまでの利回りを出せる商品って、なかなかないですよね。大丈夫なのかなあ?

★このREITは、ファミリータイプの賃貸マンションを全国に所有しています。名前の由来、スターツコーポレーションは、賃貸の仲介、管理をするピタットハウスを全国展開しています。ファミリータイプは単身者向けより利回りが落ちますが、入退去の頻度が少なく、安定した利回りが得られやすい、のですが、果たしてどうでしょうか?(2008.7.17, 92,000円)
posted by est at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 既売却株REIT | 更新情報をチェックする

8966 クレッシェンド投資法人 投資証券 (嫁)

基本データ
2008年9月12日、198,900円で1株購入 (嫁)
2009年7月7日、157,100円で1株売却
2009年7月21日、172,500円で1株購入
2009年8月7日、130,000円で1株売却
BPS
530,062円 (2008.5)
529,539円 (2008.11)
528,038円 (2009.5)
決算
5月、11月
分配金
13,847円 (2007.11)
10,865円 (2008.5)
10,342円 (2008.11)
8,841円 (2009.5)
2,883円 (2009.11予想)
株主優待
なし
利回り
3.34%
インカムゲイン
10,342円
キャピタルゲイン
-84,300円
総合収支
-73,958円


コメント
★買い直して、更にビンタされてしまいました。どれもこれも、自己責任、仕方ありません。REITについては、一旦撤退し、再参入の場合も、キャピタル狙いになると思います。(2009.8.16, 141,100円)

★7月24日、継続企業の前提に関する注記、が発表されました。2009年10月31日、200億円の投資法人債の償還があります。物件の売却により120億円を調達したそうですが、あと80億円の借り換えが決定していたいことが理由だそうです。結果、大分値下がりしています。買い直すの、早すぎましたね。。しかし、次回配当金2,883円とは。。。

★分配金10,342円を受け取りました。来期は8,810円の予想、だそうです。(2009.2.26, 97,300円)

★唯一の嫁銘柄REIT。とはいえ、私が購入を勧めた責任があり、現在は、嫁は株式投資から撤退し、私が全株式を引き取って運用中。ここは平和不動産がスポンサーのカナル投信が設立母体。平和不動産とは、東京、大阪、名古屋、福岡の証券取引所の大家さんです。このREITは、東京のオフィス、レジデンシャルが中心。10月17日に76,000円を叩いたものの、その後底堅く推移。頑張って欲しいです。(2008.12.16, 128,300円)
posted by est at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 既売却株REIT | 更新情報をチェックする

8980 エルシーピー投資法人 投資証券

基本データ
2008年7月9日、200,000円で1株購入
2009年7月8日、87,200円で1株売却
BPS
454,888円 (2008.2)
450,201円 (2008.8)
442,698円 (2009.2)
決算
2月、8月
分配金
10,951円 (2008.8月期)
3,448円 (2009.2月期)
3,500円 (2009.8月期予想)
株主優待
なし
利回り
3.3%
インカムゲイン
13,632円
キャピタルゲイン
-112,800円
総合収支
-99,168円


コメント
★巨額の損失を計上してしまいました。すっぱり、あきらめます。自らの至らなさの所以です。(1009.8.16, 94,000円)

★分配金3,448円をいただきました。ずいぶんと減りました。仕方ないです。(2009.5.22, 80,500円)

★決算が発表されていたので、数値を修正しました。所有するREITの中で、配当金の少なさは1番です。株価も、10万に届かず、低迷しています。なんとか頑張って生き残って欲しいです。安値が37,600円まで行ったことを考えると、これでも頑張っている方だとは思いますけど。。(2009.5.7, 72,400円)

★東京のレジデンスを1棟売却、約2億2千万の売却損、大幅減配です。2009年2月の分配金で計算すると、年利は3.3%となります。資金繰り、厳しいんでしょうねえ。父さんよりはマシなので、頑張って財務体質を強化して下さいまし。ホント、REITには胃が痛みます。よく知らないものに手を出すといかんです。(2008.12.29, 60,000円)

★権利取得時点では、信用買いだったので、配当調整金として、10,184円証券会社の口座に振り込まれました。あくまで調整金としてなので、会社公表の配当額と微妙に金額が違います。REIT未来は、どうなるんでしょうか?(2008.11.25, 46,250円)

★今期分配金は、11月19日より開始予定。権利を取ったときは信用買いであったので、配当調整金として受け取ることになります。次期分配金は、5,900円の予定だそうです。これも酷い話しですが、それでも利回りはまずまずありますので、我慢します。父さんだけは勘弁して欲しい。。株価は、もはや語ることはありませんです。(2008.11.15, 43,300円)

★現引きしました。ここもストップ安が続いています。REITへの投資は失敗であった、と認めざるを得ません。インカムゲイン狙いであるのなら、外せないと思っていたのですが。。近々検証したいと思います。なお、本日、2008年8月期の分配額が発表になり、10,951円となりました。予想より、149円の減額です。(2008.10.15, 85,000円)

★ポートフォリオ構成を「住居・シニア施設を中心とした総合型」から「オフィスビル・住居を中心とした総合型」へ変更するそうです。現状、住居系銘柄を中心に投資口価格が低迷していることを認識し、シニア施設は今後市場成長が期待できるとしながらも、運用トラックレコードの不足から投資家やレンダーの理解を十分に得ていない。これに伴いポートフォリオの中心に、相対的に市場規模が大きく流動性の高いオフィスビルを加え、一方、シニア施設をポートフォリオの補完的要素とするとのことです。投資主総会にて承認されれば8月8日より適用されます。(2008.8.8)

★住居、高齢者向け施設、オフィスビル、商業施設、ホテルと、なんでもありのリートです。GEリアルエステートと提携し、第三者割り当て増資で374億円を調達し、物件を取得したそうです。リートを見ていて気になるのは、物件売却益を計上し、その売却益も分配金に含まれていること。また、最近借入金の借り換えを行い、利息負担増で分配金が減る、ということ。投資家から調達した資金以上に借金をして物件を購入している、ということですよね。今後金利が上がると、分配金が減る、ということになります。また、物件を転売して利益を得ていた、ということは、昨今の不動産ミニバブルの崩壊で、逆に損失を被る可能性もあるということ。リートとは、インカムゲインのみを狙っていると思っていたのですが、実は、キャピタルも狙っていたのでしょうか?それが暗転して、キャピタルロスの可能性が出てきたのでしょうか?そういうことで、リートの価格が爆下げしていたのでしょうか。。うーん。投資家から集めた資金の範囲内で運用して欲しい、と思うのですけどね。。(2008.7.23)
posted by est at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 既売却株REIT | 更新情報をチェックする

8974 ラサール ジャパン投資法人 投資証券

基本データ
2008年7月9日、188,000円で1株購入
2009年7月7日、131,000円で1株売却
2009年7月23日、129,000円で1株購入
2009年8月7日、127,300円で1株売却
BPS
493,823円 (2007.10)
455,768円 (2008.4)
451,905円 (2008.10)
449,956円 (2009.4)
決算
4月、10月
分配金
10,098円 (2008.10)
8,238円 (2009.4)
6,700円 (2009.10予想)
6,060円 (2010.4予想)
株主優待
なし
利回り
9.89%
インカムゲイン
18,336円
キャピタルゲイン
-58,700円
総合収支
-40,364円


コメント
★一旦REITからは撤退します。再参入があるとすれば、キャピタル狙いとなります。(2009.8.16, 138,900円)

★分配金8,238円を受け取りました。7月ショックでは、一旦売却し、信用買いで再購入致しました。予想分配金は、着実に切り下がっていますね。。このREITは、まだまだ買値には遠いですけど、保有を継続します。(2009.8.4, 129,000円)

★今期分配金10,098円を受け取りました。資産運用報告書は、綺麗な上質紙でしかもカラー。所有物件がすべて写真入りで紹介されていました。今期612億円の短期借入金の借り換えがうまくいったことが強調されていました。ちなみに、短期借入金は、来期は、9月30日に517億円、再来期は、9月21日に、85億円、再々来期は、9月30日に、100億円の返済があります。来期の517億円のリファイナンスが出来るかどうかが、一つの山でしょうか?(2009.1.18, 68,100円)

★今期分配金は10,098円。来年4月は8,100円に低下です。頑張って欲しいです。株価は12月9日、52,000円を打って上昇基調に入りました。(2008.12.16, 81,000円)

★現引きしました。株価は非常に軟調です。米系であるのが仇になっているような。。。先行きは辛そうです。(2008.10.14, 85,000円)


★ホームページに資産運用報告書がアップされたので見てみました。分配金は、今期(10月)は、10,500円ですが、来期(21年4月)は、8,500円じゃないですか!!配当金、利回りを修正致しました。本日は株価も急落、REITの買い増しの前に、いろいろ研究する必要がありそうです。(2008.7.18, 17,8000円)

★優待なしでも高利回り、というのは、いわゆるREITです。初めて購入致しました。あとで書きますが、他にも2銘柄購入しました。しかし、何故ここまで急落したのですか?何故、ここまで高利回りなのに放置されているのですか?REITって、倒産ってあるのですか?配当が著しく減配されるって、あるのですか?今時この利回りって、なかなかないと思うのですが。。??初体験なのでわかりません。このREITは、オフィスビル、商業施設、住宅、と混合なんですね。不動産賃貸業の将来は暗い、とは思っていますが、東京や主要都市のど真ん中の物件はまだまだいけるって、思っています。ここからは下げてもたかが知れています。それとREITは信用で持ってもいいかな、と思います。利回りが11%、無期限信用の利回りが3.08%。何のことはない、普通にアパート買うのと同じ思考法です。変な場所のアパート買うより良いのではなかろうか?経費もかからないし。。レバレッジも2倍までにしとけば安心なのでは?普通にアパート買うなら、レバ10倍なんて良くあるし。それでも、何か落とし穴があるのではないか、と検証中です。本当に美味しい投資。。。本当かな?本当かな?うーん。(2008.7.10, 188,000円)
posted by est at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 既売却株REIT | 更新情報をチェックする

8983 ジャパンオフィス投資法人 投資証券 (旧クリードオフィス)

基本データ
2008年7月24日、185,100円で1株購入
2009年7月7日、96,000円で1株売却
2009年7月21日、103,800円で1株購入
2009年8月7日、100,100円で1株売却
BPS
498,607円 (2007.10)
464,889円 (2008.4)
462,554円 (2008.10)
382,549円 (2009.4)
決算
4月、10月
配当金
12,588円 (2008.4)
10,253円 (2008.10)
3,611円 (2009.4)
3,100円 (2009.10予想)
株主優待
なし
利回り
6.47%
インカムゲイン
13,146円
キャピタルゲイン
-92,800円
総合収支
-79,654円


コメント
★一旦REITから撤退します。今後参入するとすれば、キャピタル狙いになるでしょう。(2009.8.16, 100,300円)

★分配金3,611円を受け取りました。インカムゲインを修正しました。7月ショックは高値での買い戻しですが、保険料と割り切ります。稼働率が9割切っているのが気になります。私でも築古アパートで現状満室、年間トータルでも9割は超えているのに、それでもプロですか、しっかりしなさい、と言いたくなりますね。第三者割り当て増資をしたので、BPSは低下していますが、それでも38万あるんです。頑張って欲しいです。(2009.8.4, 102,700円)

★第三者割り当て増資です。合同会社ユビテルといちごアセットが割当先です。業績は下方修正、分配金は4,200円とのことです。財務改善でしょうが、第三者割り当てだと、希薄化が。。。(2009.3.19, 65,000円)

★ジャパンオフィス投資法人に名前が変わりました。保有物件5棟を売却、物件売却損7.7億円が発生するが、有利子負債比率を低減させ、財務強化を優先する。これに伴い、第6期(平成21年4月期)業績予想を修正。物件売却損計上により従来予想比50%減益、1口当たり分配金は5,200円となる見通し、だそうです。ここもですか。。しかし、財務体質の改善を優先する、ということ自体は賛成です。父さんしてしまえば、もともこもないですから。。利回りは6%台まで低下しますが、これを維持していただければ、異存はありません。(2009.3.13, 63,500円)

★クリード社は父さんしましたが、こちらはいちごアセットが運営中。信用買いなので、信用配当金9,535円の入金がありました。(2009.2.4, 62,400円)

★1月9日、元スポンサーのクリード社が会社更生法を申請。現在のいちごアセットは、しかし、クリード社の筆頭株主でもありましたので、影響は全くないとは言えないかも知れません。今年3月に、社名が、ジャパンオフィス投資法人、に変更される予定だそうです。(2009.1.10, 72,900円)

★先日、スポンサーがクリード社から、いちごアセットへ変更となりました。プラス要因だと思います。本日決算が発表となり、今期の分配金は、10,253円とまずまずでした。来期4月もまずまずですが、来期10月は7,000円に落ち込む予定です。こつこつと回収しなきゃ!11月21日、50,100円で底を打った株価はようやく戻しつつあります。(2008.12.16, 91,200円)

★1物件を売却し、売却益がでたそうで、2008年10月期の配当が9,700円に増額されました。従って、利回りが上昇しました。指標を更新しました。REITにおいても、物件売却、すなわちキャピタルゲインって、美味しいのですね。しかし、今までは売却益でしたが、今後は売却損、の可能性もあるわけで、そういう諸々で株価が下がっているのでしょう。。不動産市況が回復すれば、またまた売却益、となる可能性もあるわけで、結局は市況次第というわけですね。。私としては、REIT保有は純粋なインカムゲイン狙いのつもりが、実は資産運用会社はキャピタルゲインも考えて運用している。。。その結果、大きな株価変動にさらされている。。そういうことか。。。(2008.8.29, 184,000円)


★オフィスビル特化型。スポンサーは私募ファンド運営の大手。オフィス系銘柄の中では、小規模物件を多く保有し、地方都市の投資比率が高い。分配金水準は、金利負担増加に加え物件売却益がなくなり7,000円まで低下、だそうです。住居系のREITだけではなく、オフィス特化型も持ってみたかったので購入しました。分配金が減少し、利回りも低下していますが、それでも8.6%はありますので。。(2008.8.5, 176,300円)
posted by est at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 既売却株REIT | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

3229 日本コマーシャル投資法人 投資証券

基本データ
2009年3月13日、51,500円で1株購入
2009年7月8日、167,400円で1株売却
市場
東証1部
BPS
468,613円 (2008.8)
461,860円 (2009.2)
EPS
15,883円 (2008.8)
9,096円 (2009.2)
決算
2月、8月
配当金
9,097円 (2009.2)
7,100円 (2009.8予想)
7,500円 (2009.8予想)
株主優待
なし
利回り
31.4%
インカムゲイン
0円
キャピタルゲイン
115,900円
総合収支
115,900円

コメント
★唯一、大幅な黒字をだしたREITです。購入時期が、今年の3月13日、とまさに、底、の時だったからこそでしょう。とりあえず、今の水準がREITの一つのめどとなる水準ではないか、と思っています。(2009.8.16, 175,500円)

★決算数値を修正致しました。配当金は今期9,097円、次期7,100円と、以前よりは減額となりますが、それでもべらぼうに良い数字です。配当利回りはまだ30%を越えています。さすがに割安すぎるせいか、株価は暴騰、126,000円までのびてきています。ここに限らず、低位REITは、暴騰を続けています。常識的な利回りになるまで、水準訂正は続くでしょう。私も粘った甲斐がありました。。。REITは、地銀が多くを保有しています。昨年のニューシティ破綻後、パニックになった運用担当者が売り払っていない限り、REITの戻りと、金融株の戻りは、今後リンクしていくでしょう。(2009.5.13, 126,000円)

★ついに、9つめのREITを購入してしまいました。あのパシフィックがスポンサーだったREITのうちの一つです。ここは、保有物件自体は悪くないのですが、あのパシフィックがスポンサーということで売り込まれていました。つぶれないようですし、ストップ高に張り付いていたところを、比例配分狙いで買いを入れたら、買えました!ついている、のかな??利回りはめちゃくちゃな値がついていますが、何れ落ち着くべき所に落ち着くでしょう。(2009.3.17, 61,500円)
posted by est at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 既売却株REIT | 更新情報をチェックする

3227 MIDリート投資法人 投資証券

基本データ
2008年8月25日、221,000円で1株購入
2009年7月8日、203,400円で1株売却
2009年7月21日、215,000円で1株購入
2009年8月7日、21,2000円で1株売却
BPS
505,201円
決算
6月、12月
配当金
12,113円 (2008.12)
10,870円 (2009.6予想)
9,715円 (2009.12予想)
株主優待
なし
利回り
10.02%
インカムゲイン
11,265円
キャピタルゲイン
-20,600円
総合収支
-9,335円

コメント
★ここも、結局は赤字でした。おそらく今の株価水準が居心地が良いレベルなのでしょう。今後、どちらに動くかは??(2009.8.16, 218,000円)

★2008年12月の分配金を記載しておりませんでした。信用買いなので、配当落ち調整金が11,265円振り込まれました。このREITは健闘しており、買値まであと一歩です。(2009.5.7, 192,800円)

★2008年12月の分配金は、12,113円でした。今後、緩やかに分配金は低下する予定です。(2009.2.26, 162,800円)

★大阪西区のオフィスビルを10月に取得するそうです。物件は、地下鉄本町駅より徒歩1分、四つ橋筋と中央大通の交差点に位置する、平成元年竣工9階建てオフィスビル。契約時現在のテナントは12社、稼働率は100%。売り主は野村不動産。不動産が値崩れしている今、果敢に攻めて欲しいものです。(2008.9.11, 261,000円)

★投資方針は総合型だが現状はオフィスを中心とし商業施設を加えた複合型。関西への投資比率70%以上を目標とする。保有物件の中心は大阪市内中心部からやや離れた京橋地区に所在。スポンサーは外資系エートスグループ。借入金水準低く、物件取得による分配金増加余地がある、と言うことです。

★REITの決算、配当は、年2回、3,9月に偏ることなく、ばらけています。幾つかのREITを組み合わせると、毎月配当金を受け取ることが可能です。3,9月は通常の株式の配当が多いので、それ以外の決算月のREITをうまく組み合わせて買おうかな、などと考えております。

★それはさておき、東京偏重のREITばかりだと、地震リスクが高くなるかな、と思い、京阪神主体のこのREITを購入しました。元は松下電器系の松下興産がスポンサーでしたが、米国系のエートスグループが買収し、MID都市開発が現在のスポンサーです。松下系の入居が多いようです。オフィスビル主体のREITです。借入金比率が低い、ということも購入の決め手となりました。しかしながら、配当比率が10%を越えてくるとは、全くもって驚きです。今後の推移を見守りたいです。

★ちなみに、現在のREITの一番のリスクは、リファイナンス(借入金の借り換え)が出来なくなることのようです。これは、スポンサーの信用力によります。REITのスポンサーには、巷でうわさの危ない会社もちらほらとあります。これらがどういう転帰を辿るのか、見ていきたいです。(2008.8.29, 219,000円)
posted by est at 13:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 既売却株REIT | 更新情報をチェックする

8973 ジョイントリート投資法人 投資証券

基本データ
2008年9月10日、222,500円で1株購入
2009年7月8日、193,100円で1株売却
2009年7月21日、220,000円で1株購入
2009年8月7日、222,300円で1株売却
BPS
479,713円 (2008.3)
476,458円 (2008.9)
470,795円 (2009.3)
決算
3月、9月
分配金
14,402円 (2008.3)
11,147円 (2008.9)
5,485円 (2009.3)
10,120円 (2009.9予想)
株主優待
なし
利回り
7.37%
インカムゲイン
15,467円
キャピタルゲイン
-27,100円
総合収支
-11,633円

コメント
★昨年来、激しい値動きでしたが、よくぞここまで戻した、という印象です。ジョイント社は、父さんしましたしね。。今後、再編の思惑で動きがあれば、キャピタル狙いで参入する、かもしれません。REITをインカムゲイン狙いで購入するのは、適切でない、と個人的には思いました。なお、株価は、煮詰まってきています。どちらかに動き出せば、大きく動くかも知れません。(2009.8.16, 226,500円)

★分配金をいただきました。信用買いですので、5,101円でした。先日のジョイント父さんでどうなるかと思いましたが、一時値を崩したあと、戻しています。分配金は時期より10,000円越えになりますので、一安心です。今後は、スポンサーがどこに決まるのか、RETIの合併はあるのか、に注目です。(2009.6.25, 214,400円)

ジェイフラッツ五条高倉(取得予定額15.7億円)とジェイフラッツ初台(同12.5億円)の取得を中止したそうです。昨今の市況悪化の影響及び今後の市況予測が困難であることが理由だそうです。。これに伴い違約金5.6億円(取得額の20%相当)が発生するため、第7期(平成21年3月期)業績予想を大幅修正。違約金計上と賃貸収入の減少により従来予想比52%減益、1口当たり分配金は5,250円となる見通し。ふう。でもニューシティは、この違約金が払えずに民事再生法に追い込まれたわけで、そうならずに、分配金は減少しても出るってことですから、良しとすべきかも知れません。(2009.3.13, 117,700円)

★信用買いなので、配当落ち調整金として、10,366円振り込まれました。頑張って下さいねー。ここは、10月28日、安値65,000円を叩いて、盛り返してきています。(2008.12.29, 128,100円)

★現在のREITは、詰まるところ資金繰りが回るかどうか、にその帰趨が集約されています。スポンサーが信頼の置ける会社であれば、金融機関の信任も厚く、資金調達が容易ですが、信用の不安があれば、金融機関の姿勢が厳しく、資金調達が困難となり、最悪の場合、資金ショート、デフォルト、となってしまいます。ジョイント社は、オリックス子会社からの出資を受けました。が、9月の決算は、惨いものでした。膿を出した、という見方も出来るとは思いますが、油断はできません。REIT自体としては、頑張っている方だと思うのですが、スポンサーの信用力の問題で株価が低迷しているのだと思います。。次期分配金は今期と同水準の予定。ここは、一般信用買いのままです。(2008.11.15, 77,500円)

★その名の通り、スポンサーがジョイントコーポレーションであるREITです。ジョイントは第三者割当増資をオリックスの子会社に対して行い、実質オリックスが40%程度を保有する筆頭株主に躍り出ました。このREITは、築年数がとにかく低く、全REIT中でもっとも築年数が浅い物件で構成されています。これは良いことです。一方、借入金比率は高めです。もともと欲しかった銘柄ですが、ジョイントに万一のことがあったらどうなるか、そうでなくても、短期借入金が多いのに、リファイナンスがうまくいくのか、懸念があって手を出せませんでした。今回の増資で、オリックスの信用が加わりましたので、おそらくこのあたりは大丈夫ではないか、とふみました。今時のREITにならい、利回りは、10%に迫ります。凄いですね。。(2008.9.11, 232,300円)


上場企業子会社EMCOM証券がお届けする「みんなのFX」は、『取引手数料無料』『スプレッド1銭~』『レバレッジ最大300倍』と、好条件がそろった業界屈指の取引環境をもっています!ダイレクト入金も利用でき、最短翌々日から取引可能です。非常に魅力的な内容のため、これからFXを始めるという方から上級者の方まで、幅広くおすすめです。
posted by est at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 既売却株REIT | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

8986 リプラスレジデンシャル投資法人 投資証券

基本データ
2008年7月23日、185,000円で1株購入
2008年8月28日、195,800円で1株売却
BPS
499,365円
決算
3月、9月
配当金
11,532円(3月、9月折半)
株主優待
なし
利回り
6.23%
インカムゲイン
0円
キャピタルゲイン
10,800円
総合収支
10,800円

コメント
★REITは、資産運用会社に運用を委託することになっています。このREIT場合、リプラスリートマネージメント社が運用会社です。そして、その会社の90%の株式をリプラスが保有していました。しかし、リプラスの株価は下落を続け、信用度が低くなっているようです。REITは30%-60%の借入金を抱えています。短期の借入金の借り換えが、うまくいかなくなっていることが、今回の増資の原因の一つ、ではないでしょうか?現在TOBがかかって、値持ちが良くなっていますので、利がのっている今のうちに売却することにしました。先行きが今ひとつ見えませんので。。。(2008.8.28)

★アメリカを本拠地とする投資会社のオークツリー・キャピタル・マネジメントが運用するファンド(以下オークツリー)に対し第三者割当増資を行ないます。70,000口の新投資口を発行(うちオークツリーのファンドに対し63,000口)により、発行後の投資口数は72%増加、167,477口になります。発行価額は175,000円。調達資金は主に借入金の返済に充当するが、投資口の大幅増加に伴い第5期(平成20年9月期)の予想分配金は5,766円と大幅な下方修正となります。 またRRIは、オークツリーが公表した投資口の公開買付に関しJPモルガン証券をファイナンシャルアドバイザーに選任し、賛同することを公表。公開買付価格は260,000円、買付予定の上限投資口数は18,063口。公開買付条件は変更される可能性もあるが、オークツリーは総発行投資口の48.4%を1口当たり194,000円弱で取得できることになるそうです。なお、オークツリー側のプレスリリースによれば、当該公開買付は上場維持を前提としたものとしています。 第三者割当増資及び公開買付に伴い、オークツリーはRRIの資産運用会社の株式35%をリプラスから取得し、取締役を派遣する予定としています。スゲー利回りの低下です。しかし、まあ、財務的にはかなり改善される、ということでしょう。ということで、各種指標更新しました。(2008.8.15)

★家賃保証で、私もお世話になっている、リプラスのリートです。住居特化型で、投資方針はファミリータイプから、ワンルーム主体へと変更しているようです。業務提携先から学生専用マンションを取得する点に特色があり、住居系銘柄の中では東京23区以外の投資比率が60%程度と高いそうです。いろいろ迷ったのですが、金融庁がリートはつぶさないようにする方針、だそうで(某週刊誌の受け売り、私は一切責任持ちませんので。)、リートを買い増しすることにしました。しかし、裏を返せば、リートのリスクは0ではないのでしょうか?リートは信用買いです。E-tradeの無期限信用の利息が3.08%、このリートの利息が11.16%。この利回りなら、普通にレバレッジかけて、アパート買う感覚で良いんじゃあ、ないでしょうか?
posted by est at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 既売却株REIT | 更新情報をチェックする